現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows Update のコンポーネントをリセットする方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:971058
Windows の更新プログラムのエラーが発生した場合します。 Windows の更新プログラムの一般的なエラーのためのソリューション.
Windows Update のコンポーネントを自動的にリセットする
Windows Update のコンポーネントを自動的にリセットするには、適切な Windows Update 診断を実行し、画面上の指示に従います。
Windows 8.1、Windows 8、および Windows 7
Microsoft fix it banner
Windows Update トラブルシューティングの一般的な問題に関する自動的な診断および修正では、この資料に記載されている問題を自動的に修正することがあります。

このトラブルシューティングは、多くの問題を修正します。
詳細情報
今すぐ実行
Windows Vista および Windows XP
Microsoft fix it banner
自動的に診断し、Windows の更新プログラムに関する一般的な問題を修正します。 トラブルシューティング ツールは、この資料に記載された問題を自動的に解決可能性があります。

このトラブルシューティングは、多くの問題を修正します。
詳細情報
今すぐ実行

Windows Update コンポーネントを手動でリセットする
重要 このセクションの手順の実行には注意が必要です。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。変更する前に 復元レジストリのバックアップを作成します。

Windows Update のコンポーネントをリセットするには、次の手順を実行します。
  1. コマンド プロンプトを開きます。これを行うには、使用している Windows のバージョンに応じて、以下のいずれかの操作を実行します。
    • Windows 10:タスク バーにある Windows ロゴのボタンをを押しながら (または右クリックして)、[コマンド プロンプト (管理者)] を選択します。[ユーザー アカウント制御] ボックスが表示されたら、[はい] をクリックします。
    • Windows8.1 および Windows 8:、チャームを表示するのには右側からの読み取りの開始画面から検索] を選択し、「cmd」を検索します。(または、キーボードやマウスを使用する場合、[スタート] 画面でcmdと入力)。検索結果、プレス アンド ホールドを右クリックしてコマンド プロンプトや] をクリックし管理者として実行します。
    • Windows 7 および以前のバージョン:Windows ロゴ キー + R、入力キーを押します。 cmd実行] ボックスで、Enter キーを押します。[cmd] を右クリックし、[管理者として実行] を選択します。
  2. BITS サービス、Windows 更新プログラム サービス、および暗号化サービスを停止します。これを行うには、コマンド プロンプトで以下のコマンドを入力します。各コマンドの入力後に Enter キーを押しているかどうかを確認します。
    • net stop bits
    • net stop wuauserv
    • net stop appidsvc
    • net stop cryptsvc
  3. Qmgr*.dat ファイルを削除します。コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    Del "%ALLUSERSPROFILE%\Application Data\Microsoft\Network\Downloader\qmgr*.dat"
  4. これが、この資料の手順を使用して Windows Update の問題を解決する最初の試みである場合、手順 4. の手順を実行せずに、手順 5. に進みます。手順 4 を除くすべての手順を実行しても、Windows Update の問題を解決できない場合にのみ、手順 4. の手順はトラブルシューティングのこの時点でのみ実行する必要があります(手順 4 を実行してこの修正プログラムの「積極的」モードで、前に説明したソリューションです)。
    1. ソフトウェア配布フォルダーのバックアップ コピーの名前を変更します。これを行うには、コマンド プロンプトで以下のコマンドを入力します。各コマンドの入力後に Enter キーを押しているかどうかを確認します。
      • Ren %systemroot%\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.bak
      • Ren %systemroot%\system32\catroot2 catroot2.bak
    2. BITS サービスと Windows Update サービスを、既定のセキュリティ記述子にリセットします。これを行うには、コマンド プロンプトで以下のコマンドを入力します。各コマンドの入力後に Enter キーを押しているかどうかを確認します。
      • sc.exe sdset bits D:(A;;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;;SY)(A;;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;;BA)(A;;CCLCSWLOCRRC;;;AU)(A;;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;;PU)
      • sc.exe sdset wuauserv D:(A;;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;;SY)(A;;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;;BA)(A;;CCLCSWLOCRRC;;;AU)(A;;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;;PU)
  5. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    cd /d %windir%\system32
  6. ITS のファイルと Windows Update のファイルを再登録します。これを行うには、コマンド プロンプトで以下のコマンドを入力します。各コマンドの入力後に Enter キーを押しているかどうかを確認します。
    • regsvr32.exe atl.dll
    • regsvr32.exe urlmon.dll
    • regsvr32.exe mshtml.dll
    • regsvr32.exe shdocvw.dll
    • regsvr32.exe browseui.dll
    • regsvr32.exe jscript.dll
    • regsvr32.exe vbscript.dll
    • regsvr32.exe scrrun.dll
    • regsvr32.exe msxml.dll
    • regsvr32.exe msxml3.dll
    • regsvr32.exe msxml6.dll
    • regsvr32.exe actxprxy.dll
    • regsvr32.exe softpub.dll
    • regsvr32.exe wintrust.dll
    • regsvr32.exe dssenh.dll
    • regsvr32.exe rsaenh.dll
    • regsvr32.exe gpkcsp.dll
    • regsvr32.exe sccbase.dll
    • regsvr32.exe slbcsp.dll
    • regsvr32.exe cryptdlg.dll
    • regsvr32.exe oleaut32.dll
    • regsvr32.exe ole32.dll
    • regsvr32.exe shell32.dll
    • regsvr32.exe initpki.dll
    • regsvr32.exe wuapi.dll
    • regsvr32.exe wuaueng.dll
    • regsvr32.exe wuaueng1.dll
    • regsvr32.exe wucltui.dll
    • regsvr32.exe wups.dll
    • regsvr32.exe wups2.dll
    • regsvr32.exe wuweb.dll
    • regsvr32.exe qmgr.dll
    • regsvr32.exe qmgrprxy.dll
    • regsvr32.exe wucltux.dll
    • regsvr32.exe muweb.dll
    • regsvr32.exe wuwebv.dll
  7. Winsock をリセットします。コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    netsh winsock reset
  8. Windows XP を実行している場合は、プロキシの設定を構成する必要があります。コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    proxycfg.exe -d
    他のバージョンの Windows を実行している場合は、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    netsh winhttp reset proxy
  9. BITS サービス、Windows 更新プログラム サービス、および暗号化サービスを再起動します。これを行うには、コマンド プロンプトで以下のコマンドを入力します。各コマンドの入力後に Enter キーを押しているかどうかを確認します。
    • net start bits
    • net start wuauserv
    • net start appidsvc
    • net start cryptsvc
  10. Windows Vista のみ:BITS キューをオフにします。コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    bitsadmin.exe /reset /allusers
  11. インストールします 最新の Windows Update エージェント.
  12. コンピューターを再起動します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:971058 - 最終更新日: 08/06/2016 22:35:00 - リビジョン: 61.0

Microsoft Windows Update, Microsoft Update

  • kbexpertiseinter kbsurveynew kbfixme kbcip kbmatsfixme kbconsumer kb32bitonly kbprodselector kbquadranttechsupp kbmt KB971058 KbMtja
フィードバック