FIX SQL Server 2005 では Web 同期を使用して、マージ パブリケーションを同期するマージ エージェントを実行すると、同期操作が失敗しました。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

971607
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
Microsoft Microsoft SQL Server 2005年修正プログラム 1 つのダウンロード ファイルとして配布しています。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
現象
次のシナリオを検討してください。Microsoft SQL Server 2005 では、Web 同期を使用して、マージ パブリケーションを構成します。ビュー、ストアド プロシージャ、または関数など、スキーマ アーティクルをマージ パブリケーションに追加するなど。マージ エージェントは、スナップショットの共有フォルダーにアクセスする権限を持たないアカウントを使用します。データを同期するマージ エージェントを実行すると、操作は失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。

日付 時間 OLE DB サブスクライバー 'サブスクライバー': sp_MSacquiresnapshotdeliverysessionlock
日付 時間 OLE DB サブスクライバー 'サブスクライバー': sp_MStrypurgingoldsnapshotdeliveryprogress
日付 時間 OLE DB サブスクライバー 'サブスクライバー': sp_MSissnapshotitemapplied @ snapshot_session_token = N'パス'、snapshot_progress_token @ = N'ファイル名'
日付 時間 OLE DB サブスクライバー 'サブスクライバー': sp_MSreleasesnapshotdeliverysessionlock
日付 時間 スキーマ スクリプト 'ファイル名' をサブスクライバーに反映できませんでした。
日付 時間 達成率: 0
日付 時間 スキーマ スクリプト 'ファイル名' をサブスクライバーに反映できませんでした。
日付 時間 達成率: 0
日付 時間 カテゴリ: NULL
ソース: マージ レプリケーション プロバイダー
番号:-2147201001
メッセージ: スキーマ スクリプト 'ファイル名' をサブスクライバーに反映できませんでした。
日付 時間 達成率: 0
日付 時間 カテゴリ: エージェント
ソース: サーバー名
値: 0
メッセージ: プロセスは、ファイルを読み取れませんでした 'ファイル名' OS エラー 53 のために。
日付 時間 達成率: 0
日付 時間 カテゴリ: OS
ソース:
数: 53
メッセージ: ネットワーク パスが見つかりませんでした。
解決方法
この問題に対する修正は SQL Server 2005 Service Pack 3 用の累積的な更新 4 でまずリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
970279 SQL Server 2005 Service Pack 3 用の累積的な更新プログラム パッケージ 4
メモ ビルドは累積的であるため、新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。マイクロソフトはこの修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
960598 SQL Server 2005 Service Pack 3 のリリース後にリリースされた、SQL Server 2005 のビルドします。
Microsoft SQL Server 2005年の特定の SQL Server のサービス パック修正プログラムが作成されます。SQL Server 2005 Service Pack 3 のインストールに SQL Server 2005 Service Pack 3 修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server サービス パックで提供されている修正プログラム SQL Server の次の service pack に含まれてです。
回避策
この問題を回避するには、スキーマ アーティクルを追加するとダミー テーブルを文書に追加します。
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
SQL Server 2005 Service Pack 3 後利用可能なビルドの一覧の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
960598 SQL Server 2005 Service Pack 3 のリリース後にリリースされた、SQL Server 2005 のビルドします。
SQL Server の増分サービス モデルの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
935897 報告された問題に対する修正プログラムを提供するのには、SQL Server チームの増分サービス モデルを利用します。
SQL Server 2005 Service Pack 3 の入手方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
913089 SQL Server 2005 の最新の service pack を入手する方法
新しい機能や新しい機能強化では、SQL Server 2005 Service Pack 3 の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 SQL Server 更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
822499 Microsoft SQL Server のソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい命名方式は
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明
SQL 2005 年レプリケーション、スナップショット、トランザクション、マージ、スキーマ スクリプトをサブスクライバーに反映できませんでした。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:971607 - 最終更新日: 12/10/2015 20:08:32 - リビジョン: 4.0

  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition for Itanium Based Systems
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition for Itanium Based Systems
  • Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbsurveynew kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbmt KB971607 KbMtja
フィードバック