インターネット インフォメーション サービス 7. 0 で作成されたサーバー証明書の書き換え要求が無効です。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:971832
現象
インターネット インフォメーション サービス 7. 0 でサーバー証明書を書き換えるときに、期待どおりに証明書の要求が作成され、依頼を証明書プロバイダーに送信します。 ただし、通知証明書プロバイダー証明書の書き換え要求が表示されたらが無効です。
回避策
この問題を回避するには新しいサーバー証明書要求を送信します。 これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 開始 ] をクリックして [ 管理ツール ] をクリックして [ インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー ] をクリックします。
  2. IIS マネージャーで、サーバー名前を選択します。
  3. 機能のウィンドウ領域で [ セキュリティ ] の [ サーバー証明書 をダブルクリックします。
  4. アクション ペインで 証明書要求の作成 をクリックします。 証明書の要求ウィザードが開始します。
  5. 識別名のプロパティ ウィンドウで、サイトに関する情報を入力して、[ 次へ] </a0> をクリックします。

    メモ 共通名 ] ボックスには、サイトの完全修飾ドメイン名と一致する必要があります。
  6. 暗号化サービス プロバイダーのプロパティ ウィンドウで、暗号化サービス プロバイダー情報を入力およびビット長、して、[ 次へ] </a0> をクリックします。
  7. [ファイル名] ファイル名、証明書要求を指定し、 終了日]
  8. 証明書プロバイダーに手順 7 で保存したファイルを送信します。
IIS7 IIS70 IIS7.0 verisign

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:971832 - 最終更新日: 06/19/2009 21:23:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Internet Information Services 7.0

  • kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB971832 KbMtja
フィードバック