現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[FIX が URI は、WCF の WSDL ドキュメントで参照するのには、ロード バランサー機器にアクセスできない内部インスタンスの代わりに、.NET Framework 3. 0 では、Windows Server 2003、Windows XP、Windows Vista および Windows Server 2008 で期待どおりに

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:971842
現象
負荷分散のシナリオで Windows Server 2003、Windows XP、Windows Vista および Windows Server 2008 で、Microsoft .NET Framework 3. 0 では、Windows 通信 Foundation (WCF) サービスを使用すると、次の問題の 1 つ以上発生します。

問題 1

以下のシナリオを考えます。:
  • Windows Azure SDK とは、Windows をインストールした Microsoft Visual Studio の Azure ツール。
  • クラウド サービスの Web プロジェクトを作成し、Windows 通信 Foundation (WCF) サービスをプロジェクトに追加します。
  • プロジェクト開発ファブリックでは、デバッグします。
  • WCF の Web サービス定義言語 (WSDL) ドキュメントを参照サービス。
このシナリオでは、確認と WSDL ドキュメントの URI 参照にアクセスできないこと (http://127.0.0.1:5001/Service.svc?wsdl) の内部 Web サイトをインスタンス化します。 ただし、URI、ロード バランサー機器を参照するには、WSDL ドキュメントで予想 (http://127.0.0.1:81/Service.svc?wsdl)。 サービスへの参照を追加しようとすると、さらに、エラー通知の受信、サービス参照の追加ダイアログ ボックスです。

問題 2

以下のシナリオを考えます。:
  • WCF サービスは、ロード バランサーの背後にあるインスタンスをホストします。
  • 「サービス参照の追加」コマンドを使用または、svcutil.exeサービスからメタデータをダウンロードするのにはコマンドライン ツールです。
プロキシからメタデータを生成しようとするとこのシナリオでは、その参照の内部 Web サイトのインスタンスのメタデータの URI が含まれているため、プロセスは失敗します。
原因
ロード バランサーが外部からアクセスされるため、「現象」で説明している問題が発生します。 ただし、ロード バランサーの背後にある、内部 Web サイトのインスタンスにアクセスできません。
解決方法

修正プログラムについて

マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。。 ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。 この修正プログラムは、この問題が発生しているシステムにのみ適用されます。 この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。。 この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことを推奨します。。

この修正プログラムを MSDN コード ギャラリーからダウンロードするのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。MSDN コード ギャラリーは、修正プログラムが使用可能な言語が表示されます。 お使いの言語が一覧に表示されない場合は、コード ギャラリー リソース] ページで、その言語にできないためにです。

注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストを作成することが必要になる場合があります。。 特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。。 マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号一覧を参照する、または別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。:

前提条件

o この修正プログラムを適用すると、.NET Framework 3. 5 Service Pack 1 (SP1) または、.NET Framework 3. 0 Service Pack は、次のオペレーティング システムのいずれかをインストール 2 (SP2) が必要があります。
  • Windows XP この修正プログラム (Windows XP 英語版) の属性は次のとおりです。
  • Windows Server 2003
  • Windows Vista の SP2
  • Windows Server 2008 SP2

注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。Windows 7 または Window Server 2008 R2 のバージョンこの修正プログラムについては、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の資料番号をクリックします。
981002A hotfix rollup is available for Windows Communication Foundation in the .NET Framework 3.5 SP1 for Windows 7 and Windows Server 2008 R2

再起動の要件

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、他の修正プログラムに置き換えられない。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版のファイル属性は次の表のとおりです。。 日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻で表示されます (UTC)。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。。 UTC とローカル時刻との時差を確認するには、使用して、タイム ゾーンタブで、Date and Timeアイテム コントロールのパネル。
x86-based version for Windows Vista SP2 and Windows Server 2008 SP2
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付:時間プラットフォーム
Servicemonikersupport.dll3.0.4506.414317,24008-Jul-200912:26x86
System.runtime.serialization.dll3.0.4506.4143970,75208-Jul-200912:26x86
System.servicemodel.dll3.0.4506.41435,939,20008-Jul-200912:26x86

x64-based version of Windows Vista SP2 and Windows Server 2008 SP2
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付:時間プラットフォーム
Servicemonikersupport.dll3.0.4506.414319,28808-Jul-200912:26x64
System.runtime.serialization.dll3.0.4506.4143847,87208-Jul-200912:26x64
System.servicemodel.dll3.0.4506.41435,275,64808-Jul-200912:26x64

Itanium-based version of Windows Server 2008 SP2
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付:時間プラットフォーム
Servicemonikersupport.dll3.0.4506.414333,64008-Jul-200912:27エ ~ 64
System.runtime.serialization.dll3.0.4506.4143847,87208-Jul-200912:26エ ~ 64
System.servicemodel.dll3.0.4506.41435,275,64808-Jul-200912:26エ ~ 64

状況
マイクロソフトでは、「以下の製品について」の項目に記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認しています。。
詳細
To enable the hotfix after you installed it, you have to configure the WCF service to use the following service behavior:
<serviceBehaviors>   <behavior name="<name>">     <useRequestHeadersForMetadataAddress>       <defaultPorts>          <add scheme="http" port="81" />          <add scheme="https" port="444" />        </defaultPorts>      </useRequestHeadersForMetadataAddress>   </behavior></serviceBehaviors>

注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。<name></name>is a placeholder that you should replace with the behavior name in your WCF service.

The hotfix causes WCF to generate the correct URI by using the "Host" HTTP header of the incoming metadata request. In this case, the "Host" header contains the load balancer address instead of the internal node address.

If a URI inside the WSDL document has a different scheme than the scheme of the "Host" header URI, for example, if a request for metadata comes over HTTPS but the metadata contains HTTP URIs, the hotfix will need the port number for that different scheme. The port number can be specified per scheme in the <defaultports> section.</defaultports>

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:971842 - 最終更新日: 12/01/2010 04:16:00 - リビジョン: 3.0

  • kbqfe kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbmt kbsurveynew KB971842 KbMtja
フィードバック