現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Microsoft Outlook、2007 年の Microsoft Exchange Server、および Microsoft Exchange Server 2010年の予定表に関する問題をトラブルシューティングする方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

971878
ソース:Microsoft サポート
概要
Microsoft Outlook と Microsoft Exchange でのほとんどの予定表に関する問題のトラブルシューティングが必要な場合は、収集し、大量のデータを Microsoft が専門的なサポートを提供することがあります。これは、主に Microsoft Office Outlook と Microsoft Exchange Server で設定する予定表機能の複雑さのため、多様なシナリオと、予定表データに影響を与える製品のためのです。トラブルシューティングに必要なデータには、Exchange ストアのログ ユーザーにはが含まれます。この資料では、Outlook の予定表に関連する問題のトラブルシューティングには、Exchange 2007 と Exchange 2010 ストアのトレースを有効にする方法について説明します。

Outlook の予定表で、Exchange 環境のトラブルシューティングを行うには、マイクロソフト サポートに協力する方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。 重要この資料では、予定表のサポート チームとマイクロソフトで作業しているときに使用するプロセスのログ. します。ストアのログ出力を実行する完全な情報を提供するために 1 人ではありません。ログ記録が有効でない場合は、Exchange サーバーのパフォーマンスに関する問題のリスクです。このプロセス中に、サポート チームに作業する必要がありますです。
詳細について
Microsoft Exchange Server 2007年と 2010 の Microsoft Exchange Server ストア内で発生する予定表の活動をトレースできます。このトレースは、Exchange トラブルシューティング アシスタントを (追加) されます。トレースは、サーバーごとまたはユーザーごとに実行できます。

次の手順では、予定表に関する問題は、サポート ・ リクエストには、マイクロソフトのサポート エンジニアを使用する場合、このトレース機能を有効にする方法を示します。

予定表に関する問題を Exchange トレースを有効にします。

  1. メールボックスはこのプロセスによってトレースがユーザーを識別します。

    最適なパフォーマンスは常に、問題が発生している 1 人のユーザーを識別し、各ユーザーのトレースを使用して、そのユーザーのメールボックスのみをトレースする必要があります。
  2. ユーザーのメールボックスが存在する Exchange サーバーでは、余分なを起動します。これを行うをクリックします。ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない、次のコマンドを入力、 と入力して [ ]:

    Extra.exe
  3. 「ようこそには Exchange トラブルシューティング アシスタント」のページでは、タスクの選択]をクリックします。
  4. [トラブルシューティング タスク選択画面] ページでは、コントロールのトレースをクリックします。
  5. 次の警告が表示されたら [ OKを] をクリックします。

    このサーバーには、トレースを解釈するために必要なモジュールはありません。
    この修飾された Exchange サポート エンジニアの直接の監督下で行われているかどうかを続けるだけ。
  6. [トレース ファイルの構成」ページでは、次のオプションを構成します。
    トレース ファイルの場所 (デフォルトの場所です。 Settings\<username></username>)

    トレース ファイル名 (既定の名前はExchangeDebugTraces.etlです)

    トレースの最大ファイル サイズ (推奨サイズは100 MBです)

    順次ログです。 (有効)
    Exchange Server で 2010年をこのオプションに変更されています。 最大ファイル サイズに達したときに新しいファイルを作成します。
    トレースを実行します。0 秒
    トレースを手動で停止するまで実行をトレースする場合は、既定の構成の設定を受け入れます。それ以外の場合は、チェック ボックスをオンし、トレースを実行する秒数を設定します。
  7. 手動トレース タグの設定] をクリックします。
  8. 手動「トレース タグで設定」] ページで、次の手順を実行します。
    1. 次の設定を構成します。
      1. トレースの種類: PFD の致命的なエラー、警告、情報、パフォーマンス、関数をデバッグします。
      2. コンポーネントをトレースします。 ストア
      3. タグをトレースします。

        tagCalendarChange
        tagCalendarDelete
        tagMtgMessageChange
        tagMtgMessageDelete

        使用できる他の多くのタグです。ここで引用されているが、タグは、ほとんどの予定表に関する問題の診断に便利です。
    2. メールボックスのトレース フィルター オプションを表示] をクリックし、次の手順を実行します。
      1. メールボックスボックスに、トレースするメールボックスの名前を入力します。
      2. UserDN ] チェック ボックスをオンにします。
      3. メールボックスの解決] をクリックします。
    3. ページの一番下に、トレースの開始をクリックします。
この時点では、準備完了し、予定表の問題が発生するを待っています。ユーザーこの問題が発生した場合、次のセクションの手順に進みます。

Exchange トレースを停止します。

ストアのトレースを有効にしたときに、予定表の問題が発生すると、ストアのトレースを無効にするのには、次の手順を実行することができます。
  1. Exchange トラブルシューティング アシスタント「トレースの管理」のページでトレース停止をクリックします。
  2. 「トレース制御」ページで指定された、.etl ファイル場所に注意してください。

    ファイルの場所は、前のセクションの手順 6 で指定したファイルの場所です。
  3. 終了をクリックします。

    場合は、クリックしてしないでください。 終了、内容のトレース .etl ファイルに書き込まれません、、このプロセスを繰り返す必要があります。
  4. [結果の表示] ページが表示されたら、Microsoft Exchange トラブルシューティング アシスタントのウィンドウを閉じます。
  5. .Etl ファイルを Microsoft サポート担当者は、予定表の問題のトラブルシューティングを支援していますを提供します。
.Etl ファイルは Microsoft サポート プロフェッショナルに使用可能なツールを使用して変換できるバイナリ ファイルです。
プロパティ

文書番号:971878 - 最終更新日: 05/24/2012 13:30:00 - リビジョン: 2.0

  • kbnomt kbrapidpub kbmt KB971878 KbMtja
フィードバック
> + "//c.microsoft.com/ms.js'" + "'><\/script>");