SQL Server 2008年レポート サービスでの不適切なパラメーター値、ドリルスルー アクション テーブル グループ内 FIX を渡します

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

971985
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
Microsoft Microsoft SQL Server 2008年の修正プログラム 1 つのダウンロード ファイルとして配布しています。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
現象
次のシナリオを検討してください。
  • Microsoft SQL Server 2008 Reporting Services では、テーブルとテーブル グループの少なくとも 2 つのレベルが含まれるレポートがあります。テーブルに複数のレコードがあります。
  • 場合、ドリルスルー アクション テーブル グループ内に定義します。このドリルスルー アクションへのリンクを使用して、別のレポートには、リダイレクトして、このドリル スルーを他のレポートにパラメーター値を渡します。
  • 最初の行を非表示にするのはトグルまたは視程式を使用します。たとえば、切り替えや視程式を使用しない場合は行 X テーブル内の最初の可視行あります。トグルまたは視程式を使用すると、行 X、トグルまたは視程式によって非表示になります。したがって、行 Y テーブル内の最初の可視行になります。
このような状況では、Y の行で、ドリルスルー アクションに正しくない値があります。

メモ ドリルスルー アクション、後続の行に表示されている最初の行の後実行すると、ドリルスルー アクションに正しい値があります。
原因
この問題は、ドリルスルー アクションが発生したときに、不適切なパラメーター値が渡されるために発生します。したがって、メンバー変数の状態を適切に更新されません。テーブル内の最初の行の値に表示されている最初の行で、ドリルスルー アクションが発生します。ただし、それ以降の行で、ドリルスルー アクションを実行すると、状態が適切に更新されます。
解決方法

累積的な更新プログラムの情報

この問題に対する修正は SQL Server 2008 Service Pack 1 の累積的な更新プログラム 3 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
971491 SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新パッケージ 3
メモ ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。マイクロソフトはこの修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
970365 SQL Server の 2008 SQL Server 2008 Service Pack 1 のリリース後にリリースされたビルドします。
Microsoft SQL Server 2008 SQL Server サービス ・ パックの特定の修正プログラムが作成されます。SQL Server 2008 Service Pack 1 をインストールする SQL Server 2008 Service Pack 1 の修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server サービス パックで提供されている修正プログラム SQL Server の次の service pack に含まれてです。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストを受け取ることがあります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

この修正プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムが提供されている言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

前提条件

SQL Server 2008年サービス パックこの修正プログラムを適用する前にインストールされている 1 が必要です。

情報を再起動します。

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動するはありません。

レジストリ情報

レジストリを変更するはありません。

修正プログラムのファイル情報

この修正プログラムにはこの資料に記載されている問題を修正するために必要なファイルのみが含まれています。この修正プログラムは、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルがありません。

この修正プログラムの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール パネルの項目。
SQL Server 2008 は、x86 ベースのバージョン x
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Keyfile.dll2007.100.2721.013,6722009 の 6 月 23 日13: 01x 86
Microsoft.analysisservices.controls.dll10.0.2721.03,233,6402009 の 6 月 23 日13: 15x 86
Microsoft.reportingservices.dataextensions.xmlaclient.dll10.0.2721.0563,0482009 の 6 月 23 日13: 17x 86
Microsoft.reportingservices.designer.controls.dll10.0.2721.012,433,2562009 の 6 月 23 日13: 17x 86
Microsoft.reportingservices.hpbprocessing.dll10.0.2721.0284,5202009 の 6 月 23 日13: 17x 86
Microsoft.reportingservices.processingcore.dll10.0.2721.04,339,5602009 の 6 月 23 日13: 18x 86
Microsoft.reportingservices.reportpreview.dll10.0.2721.0567,1442009 の 6 月 23 日13: 18x 86
Microsoft.reportingservices.spbprocessing.dll10.0.2721.0247,6562009 の 6 月 23 日13: 18x 86
Msmgdsrv.dll10.0.2721.08,558,9362009 の 6 月 23 日13: 26x 86
Msreportbuilder_exe_manifest.32該当なし849,3852009 の 6 月 24 日00: 43該当なし
Reportbuilder_2_0_0_0_application.32該当なし15,7842009 の 6 月 24 日00: 46該当なし
SQL Server 2008 は、x64 ベースのバージョン x
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Keyfile.dll2007.100.2721.014,1682009 の 6 月 23 日16: 37x64
Microsoft.analysisservices.controls.dll10.0.2721.03,233,6402009 の 6 月 23 日13: 15x 86
Microsoft.reportingservices.dataextensions.xmlaclient.dll10.0.2721.0563,0482009 の 6 月 23 日13: 17x 86
Microsoft.reportingservices.dataextensions.xmlaclient.dll10.0.2721.0563,0322009 の 6 月 23 日16: 44x 86
Microsoft.reportingservices.designer.controls.dll10.0.2721.012,433,2562009 の 6 月 23 日13: 17x 86
Microsoft.reportingservices.hpbprocessing.dll10.0.2721.0284,5202009 の 6 月 23 日13: 17x 86
Microsoft.reportingservices.hpbprocessing.dll10.0.2721.0284,5042009 の 6 月 23 日16: 45x 86
Microsoft.reportingservices.processingcore.dll10.0.2721.04,339,5602009 の 6 月 23 日13: 18x 86
Microsoft.reportingservices.processingcore.dll10.0.2721.04,339,5442009 の 6 月 23 日16: 45x 86
Microsoft.reportingservices.reportpreview.dll10.0.2721.0567,1442009 の 6 月 23 日13: 18x 86
Microsoft.reportingservices.spbprocessing.dll10.0.2721.0247,6562009 の 6 月 23 日13: 18x 86
Microsoft.reportingservices.spbprocessing.dll10.0.2721.0247,6402009 の 6 月 23 日16: 45x 86
Msmgdsrv.dll10.0.2721.012,332,9042009 の 6 月 23 日16: 51x64
Msreportbuilder_exe_manifest.64該当なし849,3852009 の 6 月 24 日00: 43該当なし
Reportbuilder_2_0_0_0_application.64該当なし15,7842009 の 6 月 24 日00: 46該当なし
SQL Server 2008 は、IA x64 ベース バージョン
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Keyfile.dll2007.100.2721.019,3042009 の 6 月 23 日18: 15IA-64
Microsoft.analysisservices.controls.dll10.0.2721.03,233,6402009 の 6 月 23 日13: 15x 86
Microsoft.reportingservices.dataextensions.xmlaclient.dll10.0.2721.0563,0482009 の 6 月 23 日13: 17x 86
Microsoft.reportingservices.dataextensions.xmlaclient.dll10.0.2721.0563,0482009 の 6 月 23 日18: 22x 86
Microsoft.reportingservices.designer.controls.dll10.0.2721.012,433,2562009 の 6 月 23 日13: 17x 86
Microsoft.reportingservices.hpbprocessing.dll10.0.2721.0284,5202009 の 6 月 23 日13: 17x 86
Microsoft.reportingservices.hpbprocessing.dll10.0.2721.0284,5042009 の 6 月 23 日18: 23x 86
Microsoft.reportingservices.processingcore.dll10.0.2721.04,339,5602009 の 6 月 23 日13: 18x 86
Microsoft.reportingservices.processingcore.dll10.0.2721.04,339,5602009 の 6 月 23 日18: 23x 86
Microsoft.reportingservices.reportpreview.dll10.0.2721.0567,1442009 の 6 月 23 日13: 18x 86
Microsoft.reportingservices.spbprocessing.dll10.0.2721.0247,6562009 の 6 月 23 日13: 18x 86
Microsoft.reportingservices.spbprocessing.dll10.0.2721.0247,6562009 の 6 月 23 日18: 23x 86
Msmgdsrv.dll10.0.2721.015,486,3122009 の 6 月 23 日18: 29IA-64
Msreportbuilder_exe_manifest.64該当なし849,3852009 の 6 月 24 日00: 43該当なし
Reportbuilder_2_0_0_0_application.64該当なし15,7842009 の 6 月 24 日00: 46該当なし
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
SQL Server の増分サービス モデルの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
935897報告された問題に対する修正プログラムを提供するのには、SQL Server チームの増分サービス モデルを利用します。


SQL Server 更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
822499Microsoft SQL Server のソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい命名方式は


ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:971985 - 最終更新日: 01/15/2015 09:59:00 - リビジョン: 6.0

  • Microsoft SQL Server 2008 Reporting Services
  • kbnosurvey kbarchive kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbqfe kbfix kbmt KB971985 KbMtja
フィードバック