ファイルが壊れていないにもかかわらず、FSE の SharePoint"CorruptedCompressed"として、大規模な圧縮ファイルが検出します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:972072
現象
SharePoint の Microsoft Forefront Security はサイズの大きい圧縮ファイルを CorruptedCompressedFile として検出します。 ブロック/削除壊れた圧縮ファイル 一般的なオプションが選択すると、ファイルを SharePoint の削除します。 しかし、ファイルを開く場合とわかりますが破損していないこと。

この問題は、次の条件のいずれかに該当する場合に発生します:
  • ファイル圧縮ファイルの最大サイズを超えています。
  • ファイルは圧縮されていないファイルの最大サイズ超えています。
原因
この問題は、ファイルが大きすぎるためスキャンできないために発生します。
解決方法
Service Pack 3 (SP3) で SharePoint の Forefront Security を新しい機能によりことができます大きな圧縮場合はスキャンできません の を通じてファイルします。 既定では、SP3 に SharePoint はまだ大きなファイル サイズ制限を超えるを削除します。 "SkipLargeCompressedFileDeletion"DWORD を追加するこの機能を有効にするためのレジストリ キーのエントリです。 SharePoint SP3 用の Forefront Security に関するについては、資料の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリック。
967995Service Pack 3 で SharePoint の現在までの説明

機能は、有効にする手順

  1. SharePoint の Service Pack 3 用 Forefront Security をインストールします。
  2. SkipLargeCompressedFileDeletion DWORD を追加するレジストリ エントリのキーし、値を 1 に設定します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 開始 実行 regedit 実行 ボックスに入力 [Enter キーを押します。
    2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします:
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Forefront サーバー Security\Sharepoint
    3. [ 編集 ] メニューの [ 新規作成 ] をポイントし、[ DWORD 値 ] をクリックします。
    4. SkipLargeCompressedFileDeletion を入力して Enter を押します。
    5. SkipLargeCompressedFileDeletion の DWORD 値] の名前を右クリックし、 変更 を実行します。
    6. 値のデータ ] 1 と入力して [OK] をクリックします。
    7. レジストリ エディターを終了します。
  3. 新しい設定を有効にします。 変更するには、次のうちどれか 1 つを行ってください:
    • 、Forefront Server セキュリティ管理クライアントで 設定 ] をクリックを [全般オプション をクリックします。 変更し、一般的なオプションの設定を保存します。 元の設定に設定を戻します。
      メモ レジストリ設定は一般的なオプションのいずれかが変更されたときに再読み取り。
    • FSCController サービスの サービス パネルから再起動します。 これを行うには、 開始 実行 services.msc 、入力 [ OK] をクリック します。 [サービスの一覧で FSCController ] を右クリックを 再起動 をクリックします。
詳細
SkipLargeCompressedFileDeletion レジストリ値は、 ブロック/削除壊れた圧縮ファイル の一般的なオプションと作用します。

大規模な圧縮ファイルを圧縮ファイルの最大サイズまたは最大の圧縮前ファイル サイズを超えるが場合次ステートメントは真。
  • 両方の設定は有効にすると、ファイルがスキャンをバイパスします。 これは、報告されます「著しく圧縮サイズ」または「サイズの大きな非圧縮サイズ」としてそれぞれ FSE で SharePoint ログおよびレポート。
  • "SkipLargeCompressedFileDeletion"のレジストリ値になって「壊れた圧縮ファイルの削除」[全般オプションを有効に、SharePoint は、CorruptedCompressedFile ファイルを検出および削除、します。
  • どちらも機能が有効にすると、削除は発生しません。
メモ 圧縮ファイルの最大サイズと圧縮されていないファイルの最大サイズは、次のレジストリ値によって指定されます。
  • 圧縮ファイルの最大サイズ:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Forefront サーバー Security\Sharepoint\MaxCompressedSize
  • (100 MB にハードコードしますが、既定ではない) の最大の非圧縮ファイル サイズ:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Forefront サーバー Security\Sharepoint\MaxUnCompressedFileSize
FSSP SP3 FSSP MaxCompressedSize CorruptedCompressedFile MaxUnCompressedFileSize"の [サイズを著しく圧縮「サイズの大きな非圧縮サイズ」の SkipLargeCompressedFileDeletion

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:972072 - 最終更新日: 07/01/2009 17:03:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Forefront Security for SharePoint, Microsoft Forefront Security for SharePoint Service Pack 1, Microsoft Forefront Security for SharePoint Service Pack 2

  • kbbug kbqfe kbprb kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB972072 KbMtja
フィードバック