現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

DFSR は、SYSVOL 共有の移行をリダイレクトされた状態で Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 に到達するとすべてのファイルを PDC エミュレーター以外のすべてのドメイン コント ローラー上で競合しています

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:972105
現象
Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 では、分散ファイル システム レプリケーション (DFSR)、SYSVOL 共有の移行を実行します。移行は、リダイレクトされた状態に達すると、すべてのドメイン コント ローラー PDC のエミュレーター (PDCE) を除くすべてのファイル競合が場合があります。

非任意 - PDCE で DFS レプリケーション イベント ログを調べると、次のイベントが表示されます。

DFS レプリケーションのログ名:
ソース: DFSR
作成日:<date> <time></time></date>
イベント ID: 4412
タスクのカテゴリ: なし
レベル: 情報
キーワード: クラシック
ユーザー: 該当なし
コンピューター:<computername></computername>
説明:
DFS レプリケーション サービスは、ファイルが複数のサーバーに変更されたことを検出します。落札したファイルを確認するには、競合解決アルゴリズムが使用されました。失われたファイルは、競合して削除されたフォルダーに移動されました。

追加情報:
C:\Windows\SYSVOL_DFSR\domain\Policies\{31B2F340-016D-11D2-945F-00C04FB984F9}\MACHINE\Microsoft\Windows NT\SecEdit\GptTmpl.inf の元のファイルのパス:
[競合] フォルダー内の新しい名前: GptTmpl-{E452C806-948A-479B-968D-472A8A33203C}-v67.inf
フォルダーのルートのレプリケート: C:\Windows\SYSVOL_DFSR\domain
ファイル ID: {D857B689-927C-4E49-ACFA-CC62D4D39B6C}-v242
SYSVOL 共有のレプリケートされたフォルダー名:
フォルダー ID を複製する: 3944EA91-A80B-404C-A234-BC7686D9870F
ドメイン システム ボリュームのレプリケーション グループ名:
レプリケーション グループの ID: C59A9389-037A-4079-BBE3-C6F6F9329877
メンバー ID: 76CD1228-E718-4D4D-9FAD-7E774A88FADB



次のフォルダーを確認する場合は、競合したファイルのコピーが表示されます。

%Systemroot%\Sysvol_dfsr\Sysvol\Dfsrprivate\Conflictanddeleted
ない場合でも 4412 イベントまたは競合、リダイレクトされた状態のドメイン コント ローラーを入力するときは、PDCE からを送信して場合、SYSVOL 共有のすべてのファイルがレプリケートされていることを検索します。
原因
この問題は、NULL システム アクセス制御リスト (伝達 SACL) すべてのファイルにリダイレクトされた状態を準備された状態から SYSVOL 移行中に使い方が間違っている、ROBOCOPY のプロセスを設定するために発生します。これは、DFSR でサーバー間のファイルの比較を使用し、競合につながる sha-1 ファイル ハッシュ変更されます。

実行すると、競合イベントが発生する通常、 DFSRMIG。EXE/SETGLOBALSTATE 2 コマンドの最初の実行中に、DFSRMIG。EXE/SETGLOBALSTATE 1 コマンドです。

ただし、次の一般的な手順を使用すると、競合イベント発生します。

DFSRMIG。EXE/SETGLOBALSTATE 1
DFSRMIG。EXE/SETGLOBALSTATE 2

移行は、リダイレクトされた状態に達するとは、常に競合イベント、せず、ファイルの不要なレプリケーションを発生します。
解決方法
競合のイベントまたは移行プロセスの実行中にファイルの不要なレプリケーションを回避するには、最新バージョンをインストールします。ROBOCOPY。EXEすべてのドメイン コント ローラーにします。これを行うには、次の Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号のいずれかをクリックします。
979808 「Robocopy/B」ACL などのセキュリティ情報で Windows 7 と Windows サーバー 2008年 R2 でコピーされません。

973776バックアップ オペレーター/B オプションと共に Robocopy.exe ユーティリティを使用して Windows Vista または Windows Server 2008 を実行しているコンピューター上のファイルをコピーする場合、ACL などのセキュリティの構成情報はコピーされません。
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
Robocopy.exe DFSR 移行プロセスがローカル SYSVOL 個々 のドメイン コント ローラーを準備フェーズ中に、PDC エミュレーターは、リダイレクトされたフェーズ中にシードに使用されます。
関連情報
SYSVOL のレプリケーションの移行の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:972105 - 最終更新日: 08/15/2011 03:01:00 - リビジョン: 4.0

  • kbtshoot kbprb kbmt kbsurveynew KB972105 KbMtja
フィードバック