現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows Server 2003 でカーネル ダンプ ファイルや完全メモリ ダンプ ファイルを生成する方法

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:972110
はじめに
この資料の説明を生成、収集、確認、およびカーネル ダンプ ファイルと、Windows Server 2003 ベースのシステムから完全メモリ ダンプ ファイルを分析します。

注: <b>理想的には、Microsoft カスタマー サポート サービス エンジニア明示的に要求するこれを実行するときに、のみこのようなダンプ ファイルを生成する必要があります。すべての標準的なトラブルシューティング方法がなくなった後、カーネル ダンプ ファイルのデバッグや完全メモリ ダンプ ファイルのデバッグによって最後の手段する必要があります。

マイクロソフト製品サポート サービス (CSS) に連絡する必要がある場合、この資料入手することが問題を特定するのには CSS に必要な特定の情報です。

この手順を完了するには、管理者または Administrators グループのメンバーとしてログオンする必要があります。お使いのコンピューターがネットワークに接続されている場合は、ネットワーク ポリシーの設定からこの手順を完了を防ぐことがあります。手動カーネル ダンプ ファイルや完全メモリ ダンプ ファイルは、プロセスのクラッシュ時にシステム メモリの記録をキャプチャするためにいくつかの問題をトラブルシューティングするときに役立ちます。

警告:Windows がインストールされているハード ディスクの速度、に応じて 2 ギガバイト (GB) を超えるメモリのダンプに時間がかかることがあります。ダンプ ファイルの作成手順を開始すると、物理 RAM の内容がオペレーティング システムがインストールされているパーティションにあるページング ファイルに書き込まれます。

コンピューターを再起動するときは、ページング ファイルの内容がダンプ ファイルに書き込まれます。最良のシナリオで、別のローカル ハード ディスク上に存在するダンプ ファイルが構成されているでも、大量のデータが読み取られ、ハード ディスクに書き込まれます。長時間サーバに障害が発生することができます。 詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
254649 Windows Vista、Windows Server 2008、Windows Server 2003、Windows XP および Windows 2000 のメモリ ダンプ ファイルのオプションの概要
詳細

ページング ファイル

通常、Windows Server 2003 ベースのシステムの通常の機能のためは、サーバーのページング ファイルのサイズを設定します。 適切なページング ファイルのサイズを決定する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
889654 Windows Server 2003 または Windows XP の 64 ビット バージョンの適切なページ ファイル サイズを決定する方法
によってどのようなメモリ ダンプ ファイルを収集しようとしているのでは、ページング ファイルの最小サイズが異なります。Windows Server 2003 では、メモリ ダンプ ファイルを次の 3 つのオプションがあります。
  • 最小メモリ ダンプ (64 KB の 32 ビットのオペレーティング システム、64 ビット ・ オペレーティング ・ システムでは 128 KB)

    注: <b>このオプションを使用する場合があります問題が発生する次のマイクロソフト サポート技術情報資料には、その単体。
    900229 Windows Server 2003 または Windows XP Professional の 64 ビット バージョンで生成された「ミニ カーネル ダンプ」ファイルを開くときにエラー メッセージが表示される場合があります。
  • カーネル メモリ ダンプ
  • 完全メモリ ダンプ
サーバー上の完全メモリ ダンプ ファイルを有効にするには、以下の手順を実行します。

手順 1: ページング ファイルを作成します。

  1. [スタート] ボタン、マイ コンピューターを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  2. [詳細設定] タブをクリックします。
  3. [パフォーマンス] セクションの設定をクリックします。
  4. [詳細設定] タブをクリックし、[仮想メモリ] セクションの [変更] をクリックします。
  5. システム パーティションを選択しているオペレーティング システム isinstalled。
  6. 初期サイズの値を設定し、[カスタム サイズの 1 メガバイト (MB) と最大サイズの物理 RAM の量がインストールされています。
  7. 設定] をクリックし、[ok]をクリックします。

パーティションのサイズ

Windows Server 2003 または Windows の以前のバージョンでは、オペレーティング システムがインストールされているパーティションする必要がありますが少なくとも 1 メガバイト (MB) と物理 RAM の量のサイズがインストールされています。 Windows Server 2003 の有効な完全メモリ ダンプ ファイルを生成するコンピューターの物理メモリを削減する必要があります。コンピューターに物理メモリの 4 GB を超える場合、またはオペレーティング システムがインストールされているパーティションにページング ファイル用の十分なディスク領域がある場合は、コンピューターの物理 RAM を削減する必要があります。コンピューター上の物理メモリを減らすためには、次の TechNet や MSDN ベースの記事で説明するよう Boot.ini ファイルのmaxmemまたはburnmemoryスイッチを使用します。

Boot.ini オプション参照。ブートパラ メーターを使用して、メモリを操作します。 詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
833721 Windows XP および Windows Server 2003 の Boot.ini ファイルで使用可能なスイッチ オプション
重要: このセクション、方法、タスクには、レジストリを変更する方法の手順が含まれています。ただし、レジストリが正しく変更されないと、深刻な問題が発生することがあります。そのため、次の手順に慎重に従ってください。また、念のため、レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップしておいてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
注: <b>物理アドレス拡張 (PAE) が有効になっている、Windows Server 2003 の 32 ビット バージョンでは、ページング ファイルは 4 GB (4,096 MB) を超える拡張をことができます。PAE が有効になっているかどうかを確認するのには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 regedit、し、[OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Manager
  3. PhysicalAddressExtensionを右クリックしでは、変更をクリックします。
  4. [ DWORD 値の編集] ダイアログ ボックスで、 PhysicalAddressExtensionエントリの値を確認してください。PhysicalAddressExtensionエントリの値がゼロ (0) では、PAE の isdisabled の場合。PhysicalAddressExtension項目が 1、PAE の値が有効な場合です。
詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
237740 Windows では 4,095 MB のページング ファイルのサイズ制限を克服する方法

手順 2: 完全メモリ ダンプ ファイルを作成します。

重要: このセクション、方法、タスクには、レジストリを変更する方法の手順が含まれています。ただし、レジストリが正しく変更されないと、深刻な問題が発生することがあります。そのため、次の手順に慎重に従ってください。また、念のため、レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップしておいてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  1. [スタート] ボタン、マイ コンピューターを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  2. [詳細設定] タブをクリックします。
  3. Startupand の回復] で、[設定] をクリックし、デバッグ情報の書き込み] の下の完全な memorydumpを選択します.
  4. [OK] を 2 回クリックします。
注: <b>既定では、完全メモリ ダンプは無効です。コンピューターに 2 GB を超える物理 RAM がある場合は、オプションを有効にできます。

注: <b>完全メモリ ダンプオプションを有効にする場合は、手動で次のレジストリ サブキーの下、CrashDumpEnabled レジストリ エントリを 1 に設定します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\CrashControl
詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
885117 起動と回復] で [カーネル メモリ ダンプ"が表示されますが、Windows 2000 または Windows Server 2003 で完全メモリ ダンプを実行

ディスク容量

メモリ ダンプ ファイルを作成するのには選択した場所に十分な空き領域が必要があります。既定では、メモリ ダンプ ファイルは %SystemRoot%\Memory.dmp ファイルに書き込まれます。% %Systemroot% ドライブに十分な空き領域がある場合は、十分な空き領域のある別の場所にダンプ ファイルをリダイレクトできます。

手順 3: (省略可能) 変更は、ダンプ ファイルの書き込み先の場所

Windows Server 2003 ベースのコンピューターの起動と回復オプションでダンプ ファイルのパスを変更するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、マイ コンピューターを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  2. [詳細設定] タブをクリックします。
  3. Startupand の回復] で、[設定] をクリックし、適切な値、[ダンプ ファイル] ボックスにパスを置換します。つまり、次のように、十分なディスク容量を持つローカル ドライブを指すように作成した %SystemRoot%\Memory.dmp を変更できます。 E:\Memory.dmp.
注: <b>ネットワーク ドライブ、共有ドライブ、またはネットワーク アクセス サーバー (NAS) ドライブとして使用できません先メモリ ダンプ ファイルの必要はありません利用可能なファイルのコピーを開始する前にあるためです。

詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
886429 Windows Server 2003 でメモリ ダンプ ファイルの新しい場所を構成するときの考慮事項

手順 4: メモリ ダンプ ファイルの問題を解決するのには修正プログラムをインストールします。

Windows Server 2003 の RTM ベースのコンピューターに修正プログラム

以下の修正プログラムは、Windows Server 2003 の RTM ベースのコンピューターでメモリ ダンプ ファイルを作成しようとするときに発生する問題を解決することがあります。
  • 822998 6 GB を超える RAM を搭載したコンピューターでメモリ ダンプ操作が完了しません。
    注: <b>KB822998 の修正プログラムは、DiskDump.sysfile を更新します。
  • 839937 KeBugCheckEx() 関数、システムが Windows Server 2003 ベースのマルチプロセッサ コンピューター上でリセットすると、します。
    注: <b>KB839937 の修正プログラムは、Ntoskrnl.exe ファイルと theHal.dll ファイルを更新します。
  • 838461 OEM のコンピューターを Windows Server 2003 で「メモリ イメージをキャプチャ」機能を持つメモリ イメージにヘッダー情報を付加する API があります。
    注: <b>KB838461 の修正プログラムは、Ntoskrnl.exefile を更新します。

Windows Server 2003 SP1 用の修正プログラム

以下の修正プログラムは、Windows Server 2003 Service Pack 1 ベースのコンピューターでメモリ ダンプ ファイルを作成しようとするときに発生する問題を解決することがあります。
  • 898620 Windows Server 2003 Service Pack 1 を実行しているコンピューターに致命的なシステム エラーが発生した後にクラッシュ ダンプ ファイルが生成されません。
    注: <b>KB898620 の修正プログラムは、Smss.exefile を更新します。
  • 907646 デバッグ情報が書き込まれません、メモリ ダンプ ファイルに、Itanium ベースのバージョンの Windows Server 2003 を実行しているコンピューターで Stop エラーが発生したとき
    注: <b>KB907646 の修正プログラムは、Ntkrnlmp.exe ファイルと theHal.dll ファイルを更新します。
  • 912364 X64 を実行しているコンピューターのハードウェアの故障が発生したときエディション バージョンの Windows では、するは表示されず、Stop エラー メッセージ、メモリ ダンプ ファイルは生成されません
    注: <b>KB912364 の修正プログラムは、Hal.dllfile を更新します。

Windows Server 2003 SP2 の修正プログラム

以下の修正プログラムは、Windows Server 2003 Service Pack 2 ベースのコンピューターでメモリ ダンプ ファイルを作成しようとするときに発生する問題を解決することがあります。
  • 957910 サーバーは、LUN のコント ローラーとして Storport 仮想ミニポートを使用する場合、Windows Server 2003 SP2 ベースの iSCSI ブート サーバーはダンプ ファイルを生成できません。
    注: <b>KB957910 の修正プログラムは、Diskdump.sys ファイルと theStorport.sys ファイルを更新します。
  • 970810 Windows Server 2003 SP2 を実行しているコンピューターは、IPMI 標準的な応答を停止するコンピューターがメモリ ダンプ ファイルを作成するときをサポートしています。
    注: <b>KB970810 の修正プログラムは、Ipmidrv.sysfile を更新します。
  • 971408 ダンプ ファイルの書き込み中に再帰的なエラーが発生したときに予期したとおり、Windows Server 2003 システムが再起動しません。
    注: <b>KB971408 の修正プログラムは、NtOSkrnl.exefile を更新します。

手動メモリ ダンプ ファイルを生成する方法

手動カーネル ダンプ ファイルや完全メモリ ダンプ ファイルを生成するいくつかのメソッドがあります。NMI、キーボード (PS2 または USB)、リモート カーネル、または NotMyFault.exe ツールを使用してこれらのメソッドが含まれます。

手順 5: NotMyFault ツールを使用して手動でメモリ ダンプを生成します。

問題が発生したときにログオンすることができます、Microsoft Sysinternals NotMyFault ツールを使用することができます。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. TheNotMyFault ツールをダウンロードするのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
  2. 開始] をクリックし、[コマンド プロンプト] をクリックします。
  3. コマンド ・ ラインで次のように入力します。 NotMyfault.exe/crash、し、ENTER キーを押します。
注: <b>この操作には、メモリ ダンプ ファイルと D1 stop エラーが生成されます。

手順 6: キーボードを使用して手動でメモリ ダンプを生成します。

重要: このセクション、方法、タスクには、レジストリを変更する方法の手順が含まれています。ただし、レジストリが正しく変更されないと、深刻な問題が発生することがあります。そのため、次の手順に慎重に従ってください。また、念のため、レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップしておいてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  • PS/2 キーボードを使用する場合は、theCrashOnCtrlScroll レジストリ エントリを作成する必要があります。 キーボードを使用してメモリ ダンプ ファイルを生成する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
    244139 Windows の機能では、キーボードを使用してメモリ ダンプ ファイルを生成できます。
    PS/2keyboard を使用するコンピューターでこの機能を有効にするには、次の手順を実行します。
    1. レジストリ エディターを起動します。
    2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters
    3. [編集] メニューで、値の追加] をクリックし、次のレジストリ エントリを追加します。
      Name : CrashOnCtrlScroll Data Type : REG_DWORD Value : 1  
    4. レジストリ エディタを終了します。
  • USB キーボードを使用する場合は、theCrashOnCtrlScroll レジストリ エントリを作成する必要があります。

    Computerthat でこの機能を有効にするには、USB キーボードを使用、次の手順に従います。
    1. レジストリ エディターを起動します。
    2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\kbdhid\Parameters
    3. [編集] メニューで、値の追加] をクリックし、次のレジストリ エントリを追加します。
      Name : CrashOnCtrlScroll Data Type : REG_DWORD Value : 1  
    4. レジストリ エディタを終了します。
注: <b>このキーボード操作には、メモリ ダンプ ファイルと、E2 の stop エラーが生成されます。

手順 7: は、Windows ベース システムでは、NMI を使用して、完全なクラッシュ ダンプ ファイルまたはカーネル クラッシュ ダンプ ファイルを生成します。

重要: このセクション、方法、タスクには、レジストリを変更する方法の手順が含まれています。ただし、レジストリが正しく変更されないと、深刻な問題が発生することがあります。そのため、次の手順に慎重に従ってください。また、念のため、レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップしておいてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
927069 Windows ベース システムでは、NMI を使用して、完全なクラッシュ ダンプ ファイルまたはカーネル クラッシュ ダンプ ファイルを生成する方法
NMI のダンプ ファイルを収集しようとする場合は、NMICrashDump レジストリ エントリを作成する必要があります。この機能を有効にするには、次の手順を実行します。
  1. レジストリ エディターを起動します。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\CrashControl
  3. [編集] メニューは、 AddValueをクリックし、し、次のレジストリ エントリを追加します。
    Name : NMICrashDump Data Type : REG_DWORD Value : 1  
  4. レジストリ エディタを終了します。
注: <b>この操作には、メモリ ダンプ ファイルと 80 停止エラーが生成されます。このレジストリ エントリは、x86 および x64 システムでのみ必要です。Itanium ベースのシステムでは、このレジストリ エントリが存在しないメモリ ダンプを生成できます。

手順 8: リモート デバッガーを使用して手動でメモリ ダンプを生成します。

詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
303021 サーバーが応答を停止 (ハング) を停止したときにメモリ ダンプ ファイルを生成する方法
注: <b>WinDbg では、またはコマンドを使用することができます。このコマンドは、セットアップ先のコンピューターでメモリ ダンプ ファイルを作成します。または、ヌル モデム、USB デバイスまたは IEEE 1394 デバイスを使用して、メモリ ダンプ ファイルをコピーする場合は、 .dumpコマンドを使用します。

手順 9: サーバーを再起動します。

設定を有効にするためにサーバーを再起動する必要があります。

BIOS レベルのサーバー ハードウェア回復メカニズム

一部のコンピューターでは、ハードウェアの回復を実行するのには BIOS レベルで機能があります。たとえば、コンピューターでは、次の機能のいずれかのがあります。
  • 自動システム回復 (ASR) 機能は、使用によってのヒューレット ・ パッカード (HP) サーバーです。ASR が存在する場合は無効にします。ASR では、ダンプのプロセスを interruptthe ことができます。HP サーバーでは、disableASR に BIOS の設定を変更できます。この機能が有効になっていると、BIOS が heartbeatfrom のオペレーティング システムを検出していない場合は、通常、10minutes 内でコンピューターを再起動します。
  • Dell コンピューター、同じ機能があり、DellSpecial 管理コンソール (SAC) と呼ばれますか。SAC。
  • IBM のコンピューターは、同一の機能を持っているし、RSAII (OS) 取り組むと呼ばれます。
  • 富士通、NEC、Samsung、Unisys では、およびその他のサーバー hardwaremanufacturers は、サーバー上で同様の機能があります。
注: <b>ハードウェアにハードウェア回復機能があるかどうかがわからない場合は、ハードウェアの製造元に問い合わせてください。

手順 10: 手動のメモリ ダンプ ファイルを取得するかどうかをテストします。

警告:手動メモリ ダンプ ファイルを取得するかどうかをテストすることが重要です。ダンプ ファイルが破損しているか、切り捨てられて、問題する必要があります再度発生する正常なメモリ ダンプ ファイルを取得します。

コンピューター上の適切なダンプ ファイルを取得するかどうかをテストするには、NotMyFault を使用して、または右の CTRL キーを押しながら、スクロール ロック キーを押すと 2 回です。サーバーが再起動したら、ディスク ・ アクティビティを停止するまで待機します。ダンプ ファイルは、物理メモリと同じサイズにする必要があります。手動のメモリ ダンプ ファイルの取得に問題がある場合は、SCSI コント ローラーのファームウェアとハードウェアの製造元からドライバーを更新する必要があります。

ステップ 11: メモリ ダンプ ファイルが生成された後にブルー スクリーンに表示される stop エラー メッセージを取得します。

ブルー スクリーンに表示される stop エラー メッセージをイベント ログ メッセージを作成するのには Windows Server 2003 を構成することができます。既定では、Windows Server 2003 は、イベント ログ メッセージを書き込むに設定されます。

注: <b>
  1. マイ コンピューターを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  2. [詳細設定] タブをクリックします。
  3. Startupand の回復] で、[設定] をクリックします。
、既定では、システム ログにイベントを書き込む] オプションが使用できないことに注意してください。 説明とイベント ログの形式は、コンピューターが Memory.dmp ファイルを書き込むときに表示される形式とは異なります。ですが、情報のほとんどは、同じです。イベント ログの例を以下に示します。
Event ID: 1001 Source: BugCheck Description: The computer has rebooted from a bugcheck. The bugcheck was : 0xc00000E2 (0xffffffffffffffff, 0x0000000000000001, 0x0000000000000000, 0x0000000000000000). A dump was saved in: C:\WINDOWS\MEMORY.DMP. 

DumpChk.exe を使用すると、メモリ ダンプ ファイルを確認する方法

これを行う方法については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
156280 Dumpchk.exe を使用すると、メモリ ダンプ ファイルを確認する方法

手順 12: テストのダンプ ファイルを削除します。

次にこの問題が発生した場合、新しいメモリ ダンプ ファイルが生成されるため、テストのダンプ ファイルを削除します。

手順 13: 問題が再発するまで待ちます

問題が発生した場合、次のツールやメソッドを使用して、メモリ ダンプ ファイルを収集できます。
  • NotMyFault ツールを使用します。
  • 右の CTRL キーを押すし、スクロール ロックの keytwo 回押します。
  • NMI ボタンを使用します。
  • リモート カーネル デバッガーを使用します。

手順 14: は、Memory.dmp ファイルを圧縮します。

WinZip ツールを使用して、Memory.dmp ファイルを圧縮します。

手順 15: 圧縮ファイルをセキュリティで保護されたファイル転送のサイトにアップロードします。

ファイルを圧縮した後は、セキュリティで保護されたファイル転送のサイトにファイルをアップロードします。

レジストリ キーとページング ファイルを自動化するユーティリティを入手する方法

  1. DownloadDumpConfigurator.hta には、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
  2. ダウンロード] をクリックし、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項を読み、[ IAgree ] をクリックします。
  3. WInPlatTools 14600.zip ファイルを保存し、theDumpConfigurator.hta ユーティリティを抽出します。
  4. DumpConfigurator.htaをクリックし、[自動構成の完了] をクリックします。
詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
307973 Windows でシステム障害と回復のオプションを構成する方法

デバッグ用 Windows メモリ ダンプ ファイルを読み取る方法の作成します。

ダウンロードして、Windows のデバッグ ツールの最新バージョンをインストールするのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
315263 デバッグ用に作成する Windows の最小メモリ ダンプ ファイルを読み取る方法
詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
824344 Windows サービスをデバッグする方法
Windows のデバッグの詳細については、次の書籍を参照してください。

Windows のデバッグ シンボルを確認する方法

詳細については、マイクロソフトサポート技術記事を表示する次の資料番号をクリックしてください。
311503 Microsoft シンボル サーバーを使用して、デバッグ シンボル ファイルを入手するには
138258 Windows NT のデバッグ シンボルのセットアップ情報
148659 Windows NT のデバッグ シンボルを設定する方法
148660 Windows のデバッグ シンボルを確認する方法
258205 DrWtSn32.exe のシンボルを抽出する再配置を使用する方法
296110 Visual Studio 製品を使用するためのデバッグ シンボルをインストールする方法
319037 Visual Studio のの .NET のデバッガーでシンボル サーバーを使用する方法
814411 修正プログラム パッケージにはデバッグ シンボル ファイルを含めないでください。
この資料で説明するサード・パーティ製品は、マイクロソフトとは無関係の企業による製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる保証も行いません。
関連情報
このトピックの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:972110 - 最終更新日: 02/19/2016 19:54:00 - リビジョン: 10.0

Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)

  • kbhowto kbexpertiseinter kbsurveynew kbinfo kbmt KB972110 KbMtja
フィードバック
/html>;