現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows Server Update Services 3. 0 Service Pack 2 の説明

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:972455
概要
マイクロソフトは Windows Server Update Services (WSUS) 3. 0 Service Pack 2 (SP2) をリリースしました。 サービス パックの入手方法、Service Pack、および Service Pack がインストールされているかどうかを確認する方法の内容に関する情報を説明します。

WSUS 3. 0 SP2 での重要なソフトウェア更新プログラムと機能強化

WSUS 3. 0 SP2 では、次の点でが強化されました。
  • 新しい Windows サーバーおよびクライアントのバージョン サポート
    • Windows Server 2008 R2 との統合
    • Windows Server 2008 R2 の BranchCache 機能のサポート
    • Windows 7 のクライアントのサポート
  • WSUS の機能強化
    • 自動承認の規則: 自動承認ルール含める承認期限とすべてのコンピューターまたは特定のコンピューター グループの時間を指定する機能。
    • ファイルおよび言語の更新: 強化された処理ダウンストリーム サーバー言語の選択のには指定した言語に対してのみ更新をダウンロードすると表示される新しい警告ダイアログ ボックスが含まれます。
    • 簡単なアップグレード: WSUS 3. 0 SP2 できますを以前のバージョンの WSUS のインプレース アップグレードとしてインストールし、すべての設定と承認を保持します。 ユーザー インターフェイスは、クライアントとサーバーで WSUS 3. 0 SP1 と SP2 の間で互換性のあります。
    • レポート: 新しい更新プログラムおよびコンピューターの状態レポート Let するフィルターの承認されている更新プログラムのインストール。 WSUS コンソールからこれらのレポートを実行したり、独自のレポートにこの機能を組み込む API を使用できます。
  • ソフトウェアの更新
    • 安定性と信頼性の修正プログラムは、40 文字を超えている IPv6 アドレスのサポートなど、WSUS サーバーの含まれます。
    • [承認] ダイアログ ボックスをグループの名前で今すぐコンピューター グループをアルファベット順に並べ替えます。
    • コンピューターの状態レポートの並べ替えアイコンは x 64 の環境で機能されます。
    • Windows Update エージェントの新しいリリースが WSUS 3. 0 SP2 の強化および非対話型セッションで非ローカル システムの呼び出し元によって呼び出される API のサポートなど、修正プログラムを提供する付属しています。
詳細

入手して、WSUS 3. 0 SP2 をインストールする方法

下記のファイルは、Microsoft Download Center からダウンロードできます:


DownloadDownload the WSUS 3.0 Service Pack 2 package now.

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください:
119591Q119591 How to Obtain Microsoft Support Files from Online Services
マイクロソフトはこのファイルのウイルスをスキャンします。 マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しています。 ファイルは、ファイルに不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

WSUS 3. 0 SP2 サーバー マネージャーを使用してをインストールするには

  1. サーバーにログオン、WSUS をインストールする予定 3. 0 SP2、ローカルの Administrators グループのメンバーであるアカウントを使用しています。
  2. 開始 ] をクリックして、 管理ツール ] をポイントして、[ サーバー マネージャー ] をクリックします。
  3. サーバー マネージャー ] ウィンドウでの右側にあるウィンドウで Windows Server Update Services が「 役割の概要 に表示されていない、場合は 役割の追加 をクリックしてします。
  4. 開始する前に ページが表示されたら、[ 次へ ] をクリックします。
  5. [ サーバーのの役割の選択] ページ、 Windows Server Update Services を選択します。
  6. Windows Server Update Services ページで、[ 次へ ] をクリックします。
  7. インストールのの選択の確認 ] ページで、[ インストール ] をクリックします。
  8. WSUS 3. 0 SP2 セットアップ ウィザードが起動したら、ウィザードで、次のページをスキップし、手順を実行ウィザードで始まる WSUS 3. 0 SP2 のインストールを続行するには ページ。

Service Pack がインストール済みかどうかを確認する方法

[プログラムの追加し、削除] を [コントロール パネル] の [または プログラム ファイルとの機能 コントロール パネルの [ Windows Server Update Services 3. 0 SP2 を探します。 場合 Windows Server Update Services 3. 0 SP2 が表示されていない Service Pack がインストールされません。

アンインストール情報

WSUS 3. 0 の完全なインストールも削除されるため、WSUS 3. 0 SP2 のみを削除するのにコントロール パネルの [ プログラムの追加と削除 使用できません。

Windows Server 2008 ベースのコンピューターでサーバー マネージャー] を使用して WSUS 3. 0 SP2 を削除するには

  1. サーバーにログオン、WSUS を削除する計画を 3. 0 SP2、ローカルの Administrators グループのメンバーであるアカウントを使用しています。
  2. 開始 ] をクリックして、 管理ツール ] をポイントして、[ サーバー マネージャー ] をクリックします。
  3. [ 役割の概要 ] セクションで、 サーバー マネージャー ウィンドウの右側にあるペインで ロールの削除 をクリックします。
  4. 開始する前に ページが表示されたら、[ 次へ ] をクリックします。
  5. [ サーバーのの役割の選択] ページ、 Windows Server Update Services のチェック ボックスをオフにします。
  6. Windows Server Update Services ページで、[ 次へ ] をクリックします。
  7. インストールのの選択の確認 ] ページで、[ 削除 ] をクリックします。
  8. [ Windows Server Update Services 3. 0 SP2 の削除 ] ページで、削除する追加のアイテムを選択し、 次へ]
  9. WSUS 3. 0 SP2 の削除ウィザードが完了したら、ウィザードを終了する 終了日] にをクリックします。
WSUS 3. 0 SP2 リリース ノートを読むこのリリースの詳細についてには、次の Web サイトを参照してください。詳細なインストール手順については、次のマイクロソフト Web サイトで、WSUS の 3. 0 SP2 ステップ バイ ステップ ガイドを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:972455 - 最終更新日: 08/25/2009 17:47:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Windows Server Update Services 3.0 Service Pack 1

  • kbinfo kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB972455 KbMtja
フィードバック