現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

システム センターの Data Protection Manager の更新プログラムをインストールしようとするとエラー メッセージ:「DPM のインストールが失敗しました"

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:972727
現象
システム センターの Data Protection Manager の更新プログラムをインストールしようとすると、次のエラー メッセージを受け取ることがあります。
DPM のインストールに失敗しました。この問題を解決するをクリックしてください。http://go.microsoft.com/fwlink/? か。LinkId 152231 =
原因
Data Protection Manager 2007 Data Protection Manager 2010年の更新プログラムをインストールすると、インストール Data Protection Manager データベース (DPMDB) のバックアップを行う SQL Server で構成されている既定の場所にしようとします。この場所に十分な領域がある場合、Data Protection Manager の更新プログラムをインストールできません。
解決方法
DPMDB バックアップのタイムスタンプを調べます。既定値このバックアップのバックアップ先を C:\Program ただしです。DPM\SQL\MSSQL.1\MSSQL\Backup\QFEDPMDB.bak。バックアップが存在しない場合、またはそれがある場合前の時刻のスタンプ、方法 1 または方法 2 のいずれかを使用してこの問題を解決するのには問題があります。

メモData Protection Manager のアップグレード プロセスは、DPMDB を変更できます。このような場合は、障害がある場合、Data Protection Manager 2007年サーバーまたは Data Protection Manager 2010年のサーバーを復元できるように、元の状態、DPMDB のバックアップがあることをお勧めします。

方法 1: DPMDB バックアップが格納されている場所を変更します。

  1. DPMDB のサイズを確認します。データベースの既定の場所です。% プログラム Files%\Microsoft DPM\DPM\DPMDB。変更したかどうかは、DPMDB の場所は、レジストリに次の方します。場所:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft データの保護Manager\Setup\DatabasePath
  2. SQL Server に設定されている既定のバックアップ場所を変更します。データベースをバックアップするのに十分な領域がある場所です。

    変更するのには場所、次の場所に移動し、新しいパスを入力します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\<mssql.n>\MSSQLServer\BackupDirectory</mssql.n>
    メモこのパスには、MSSQL.n Data Protection Manager 2007年または 2010 の Data Protection Manager を使用して、SQL インスタンスのインスタンス番号です。たとえば、MSSQL.2
  3. 再度アップグレードを実行します。

方法 2: 更新プログラムがインストールされている場合に、DPMDB のバックアップをスキップします。

  1. DPMDB のバックアップを作成します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. コマンド プロンプトで、実行します。 DPMBackup.exe db.これがあります。でドライブ文字>: \Program Files\Microsoftデータ保護の Manager\DPM\bin。
    2. バックアップ プログラムのコンソール ツリーで、\Program Files\Microsoft データ保護 Manager\DPM\Volumes\ShadowCopy\Database のバックアップを参照します。Data Protection Manager のデータベース バックアップのファイル名は DPMDB.bak です。
  2. Windows のコマンド プロンプトで、次を実行します。コマンド:
    <dataprotectionmanager-kbid.exe>SKIPDBBACKUP = の 1/l * v</dataprotectionmanager-kbid.exe>ログ ファイルの場所>
    の例:
    DataProtectionManager2007 KB959605.exe SKIPDBBACKUP 1/l = * vc:\dpmkb959605.log
    OR
    DataProtectionManager2010 KB2250444.exe SKIPDBBACKUP = の 1/l * v c:\dpmkb2250444.log



警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:972727 - 最終更新日: 08/15/2011 05:58:00 - リビジョン: 4.0

  • kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB972727 KbMtja
フィードバック