現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows のイメージを準備するときに既定のローカル ユーザー プロファイルをカスタマイズする方法

中小企業のお客様は、中小企業向けサポート サイトで問題解決や学習に関する他のリソースを参照できます。
はじめに
この資料では、以下のいずれかのオペレーティング システムを搭載しているコンピューターでイメージを作成するときに、既定のローカル ユーザー プロファイルの設定をカスタマイズする方法について説明します。
  • Windows Vista
  • Windows 7
  • Windows Server 2008
  • Windows Server 2008 R2

イメージを展開すると、コンピューターにログオンするすべての新規ユーザーに既定のローカル ユーザー プロファイルの設定が適用されます。

既定のユーザー プロファイルまたは必須のユーザー プロファイルをカスタマイズするには、まず既定のユーザー プロファイルをカスタマイズする必要があります。続いて、既定のユーザー プロファイルを適切な共有フォルダーにコピーすると、そのユーザー プロファイルを、既定のユーザー プロファイルと必須のユーザー プロファイルのいずれかにすることができます。

この資料で説明するように既定のユーザー プロファイルがカスタマイズされた場合、複数のユーザーが使用できる形式でソース プロファイルが再構築されます。これは、Windows オペレーティング システムで既定のユーザー プロファイルをカスタマイズする、サポートされている唯一の方法です。他の方法を使用して既定のユーザー プロファイルをカスタマイズしようとすると、この新しい既定のユーザー プロファイルには不要な情報が含まれる場合があります。このような不要な情報は、アプリケーションとシステムの安全性に関する深刻な問題を引き起こす可能性があります。

: この資料は、イメージを準備するときに既定のローカル ユーザー プロファイルをカスタマイズする方法に関する以前に公開されていたすべての手順を置き換えるものです。

Windows 7、Windows Vista、Windows Server 2008、および Windows Server 2008 R2 で既定のユーザー プロファイルをカスタマイズする方法

既定のユーザー プロファイルをカスタマイズする方法としては、

Unattend.xml

応答ファイル内の

Microsoft-Windows-Shell-Setup\CopyProfile

パラメーターを使用する方法のみがサポートされています。Unattend.xml 応答ファイルはシステム準備ツール (Sysprep.exe) に渡されます。

手順 1: 既定のユーザー プロファイルを構成する

  1. 組み込みのローカル管理者アカウントを使用して Windows にログオンします。
    : この操作にはドメイン アカウントを使用できません。
  2. コントロール パネルの [ユーザー アカウント] を開き、Windows にログオンするために使用した 1 つの管理者レベルのユーザー アカウントを除き、追加されているすべてのユーザー アカウントを削除します。
  3. 既定のユーザー プロファイルにコピーする設定を構成します。これには、デスクトップ設定、お気に入り、および [スタート] メニュー オプションが含まれます。
    注: Windows 7 では、[スタート] メニューとタスク バーのカスタマイズは制限されています。詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。http://blogs.technet.com/askcore/archive/2010/03/16/how-to-customize-the-windows-7-start-menu-and-taskbar-using-unattend-xml.aspx
手順 2: Copy Profile パラメーターが含まれる Unattend.xml ファイルを作成する

Copy Profile パラメーター (Microsoft-Windows-Shell-Setup\CopyProfile) が含まれる Unattend.xml ファイルを作成します。この Copy Profile パラメーターを使用することで、現在ログオンしているユーザーの設定が、既定のユーザー プロファイルにコピーされます。このパラメーターは specialize パスで "true" に設定される必要があります。
Windows システム イメージ マネージャー (Windows SIM) によって、自動 Windows セットアップ応答ファイルが作成され、グラフィカル ユーザー インターフェィス (GUI) で管理されます。

応答ファイルは、XML ベースのファイルで、Windows のセットアップ中に既定の Windows のインストールを構成およびカスタマイズするために使用されます。

Unattend.xml ファイルを作成するには、Windows システム イメージ マネージャー ツールを使用します。Windows システム イメージ マネージャー ツールは、Windows 自動インストール キット (Windows AIK) の一部として搭載されています。次のいずれかの Web サイトから使用しているオペレーティング システムに適した AIK を取得してください。
Windows AIK の詳細については、「Windows 自動インストール キット (AIK) (en-US)」を参照してください。応答ファイルの作成手順については、Windows AIK のヘルプを参照してください。応答ファイルの作成方法については、「Windows SIM で応答ファイルを操作する」を参照してください。 手順 3: Unattend.xml ファイル内の既定のユーザー プロファイルをカスタマイズする

  1. 管理者特権を持つコマンド プロンプトを開きます。このためには、[スタート] ボタンをクリックし、[検索] ボックスに「cmd」と入力します。プログラムの一覧で cmd を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。
    管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
  2. コマンド プロンプトで以下のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    %systemroot%\system32\sysprep\sysprep.exe /oobe /shutdown /generalize /unattend:c:\answerfile\unattend.xml
    注: Sysprep.exe は %systemdrive%\Windows\System32\sysprep ディレクトリにあります。
  3. CopyProfile コマンドが正常に完了したことを確認するには、%systemroot%\panther\unattendgc\setupact.log ファイルを開きます。
  4. ('specialize' パスにある) 次のような行を探します。
    [shell unattend] CopyProfileDirectory from c:\Users\Administrator succeeded.
    [shell unattend] CopyProfile succeeded.

    この行により、CopyProfile コマンドが成功したかどうか、および既定のユーザー プロファイルにはどのユーザー プロファイルがコピーされたかが確認できます。
  5. イメージをキャプチャします。
  6. イメージを展開します。
Sysprep を使用してイメージを取得および展開する方法については、「Sysprep テクニカル リファレンス」を参照してください。
注意事項
  • Copy Profile パラメーターを使用できるように、sysprep.exe と共に /generalize スイッチを使用する必要があります。/unattend オプションは、目的の Unattend.xml ファイルを指定するために使用されます。そのため、この例では、Unattend.xml ファイルは c:\answerfile フォルダーにあります。
  • Windows のクリーン インストールを実行するか、Sysprep ツールを実行すると、ビルトインの管理者アカウント プロファイルは削除されます。ビルトインの管理者アカウントが削除される前に、CopyProfile 設定が処理されます。そのため、ユーザーが行うすべてのカスタマイズは、新しいユーザー アカウント プロファイルに表示されます。これには、ビルトインの管理者アカウント プロファイルの設定が含まれます。
  • 複数のユーザー プロファイルが存在する場合、Windows の sysprep では、既定のユーザー プロファイルにコピーするプロファイルとして、想定外のプロファイルが選択されることがあります。詳細については、サポート技術情報「2101557: 既定のユーザー プロファイルへのすべてのカスタマイズが失われる」を参照してください。
  • すべてのカスタマイズが新しいプロファイルに適用されるわけではありません。一部の設定は、新しいユーザーのログオン プロセスによりリセットされます。このような設定を構成するには、グループ ポリシー設定またはスクリプトを使用します。



Automated Image Build および Deployment Systems を使用する場合の考慮事項

  • Microsoft Deployment Toolkit や System Center Configuration Manager などのツールを使用する場合は、Sysprep コマンドを実行すれば、CopyProfile 設定は必要ありません。通常、イメージがディスクに展開された後 (ただしユーザーが Sysprep コマンドを実行した後のオペレーティング システムの初回起動時より前)、これらのツールにより Unattend.xml ファイルは置き換えられるか、変更されます。そのため、Microsoft Deployment Toolkit または System Center Configuration Manager の展開処理で使用される Unattend.xml ファイルには、CopyProfile 設定が含まれる必要があります。
  • イメージ ビルド処理時、Windows Vista、Windows 7、Windows Server 2008、または Windows Server 2008 R2 のインストール メディアからセットアップを実行するときに CopyProfile 設定を true に設定すると、誤って管理者プロファイルの設定が既定のユーザー プロファイルにコピーされる場合があります。管理者プロファイルの設定は、通常、インストール メディアの Install.wim ファイル内に存在します。

Windows 7、Windows Vista、Windows Server 2008、および Windows Server 2008 R2 で既定のユーザー プロファイルをネットワークの既定のユーザー プロファイルにする方法

既定のユーザー プロファイルをネットワークの既定のユーザー プロファイルにするには、次の手順に従います。
  1. 管理者の資格情報を持つアカウントを使用して、カスタマイズした既定のユーザー プロファイルが含まれているコンピューターにログオンします。
  2. Run コマンドを使用して、ドメイン コントローラーの NETLOGON 共有フォルダーに接続します。たとえば、パスは次のような形式です。
    \\<Server_name>\NETLOGON
  3. NETLOGON 共有フォルダー内に新しいフォルダーを作成し、Default User.v2 という名前を付けます。
  4. [スタート] ボタンをクリックし、[コンピューター] を右クリックし、[プロパティ] をクリックし、[システムの詳細設定] をクリックします。
  5. [ユーザー プロファイル] の [設定] をクリックします。[ユーザー プロファイル] ダイアログ ボックスには、コンピューターに保存されているプロファイルの一覧が表示されます。
  6. [既定のプロファイル] を選択し、[コピー先] をクリックします。
  7. [プロファイルのコピー先] ボックスに、手順 3. で作成した Windows の既定のユーザー プロファイル フォルダーのネットワーク パスを入力します。たとえば、次のようなパスを入力します。
    \\<Server_name>\NETLOGON\Default User.v2
  8. [使用を許可するユーザー/グループ] の [変更] をクリックし、名前として「Everyone」と入力し、[OK] をクリックします。
  9. [OK] をクリックしてプロファイルのコピーを開始します。
  10. コピー処理が完了したら、コンピューターからログオフします。

Windows 7、Windows Vista、Windows Server 2008、および Windows Server 2008 R2 で既定のユーザー プロファイルを必須のユーザー プロファイルにする方法

既定のローカル ユーザー プロファイルを構成して、必須のプロファイルにすることができます。このようにすると、すべてのユーザーにより使用される 1 つの中心的なプロファイルを用意できます。このためには、必須プロファイルの位置を確保し、そこへローカルの既定のユーザー プロファイルをコピーしたうえで、ユーザーのプロファイル位置から必須プロファイルへのパスを設定する必要があります。


手順 1: 必須プロファイルの位置を確保する

  1. 中央のファイル サーバーで、新しいフォルダーを作成するか、移動ユーザー プロファイル用に使用する既存のフォルダーを使用します。たとえば、次のフォルダー名 "Profiles" を使用できます。
    \Profiles
  2. 新しいフォルダーを作成する場合は、組織に適切な名前を使用することでフォルダーを共有します。
    : 移動ユーザー プロファイルが含まれる共有フォルダーの共有アクセス許可は、[Authenticated Users] グループのフル コントロールのアクセス許可を有効にする必要があります。必須のユーザー プロファイルの保存専用のフォルダーの共有アクセス許可は、[Authenticated Users] グループの読み取りアクセス許可を有効にし、[Administrators] グループのフル コントロールのアクセス許可を有効にする必要があります。
  3. 手順 1a. で作成または特定されたフォルダーで新しいフォルダーを作成します。必須のユーザー プロファイルの対象が特定のユーザーである場合、この新しいフォルダーの名前は、ユーザー アカウントのログオン名で始まる必要があります。必須のユーザー プロファイルの対象が複数のユーザーである場合、それに従って名前を付けます。たとえば、次のドメインには必須プロファイルがあり、フォルダー名は単語 "mandatory" で始まります。
    \Profiles\mandatory
  4. 名前の後に .v2 を追加することにより、フォルダーの命名を完了します。手順 1c. で使用されている例のフォルダー名は "mandatory" です。そのため、このユーザーを対象とした以下のフォルダーの最終的な名前は "mandatory.v2" です。
    \Profiles\mandatory.v2
手順 2: 既定のユーザー プロファイルを必須プロファイルの位置にコピーする

  1. 管理者権限を持つアカウントを使用して、カスタマイズされたローカルの既定のユーザー プロファイルが存在するコンピューターにログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[コンピューター] を右クリックし、[プロパティ] をクリックし、[システムの詳細設定] をクリックします。
  3. [ユーザー プロファイル] の [設定] をクリックします。[ユーザー プロファイル] ダイアログ ボックスには、コンピューターに保存されているプロファイルの一覧が表示されます。
  4. [既定のプロファイル] を選択し、[コピー先] をクリックします。
  5. [プロファイルのコピー先] ボックスに、「手順 1: 必須プロファイルの位置を確保する」で作成した Windows の既定のユーザー フォルダーのネットワーク パスを入力します。たとえば、次のようなパスを入力します。
    \\<Server_name>\Profiles\mandatory.v2
  6. [使用を許可するユーザー/グループ] の [変更] をクリックし、名前として「Everyone」と入力し、[OK] をクリックします。
  7. [OK] をクリックしてプロファイルのコピーを開始します。
  8. コピー処理が完了したら、コンピューターからログオフします。
  9. 中央ファイル サーバーで、「手順 1: 必須プロファイルの位置を確保する」で作成したフォルダーを参照します。
  10. [整理] をクリックし、[フォルダー オプション] をクリックします。
  11. [表示] タブで、[すべてのファイルとフォルダーを表示する] チェック ボックスをオンにし、[登録されている拡張子は表示しない] チェック ボックスおよび [保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない (推奨)] チェック ボックスをオフにし、[はい] をクリックして警告を消し、[OK] をクリックして変更内容を適用し、ダイアログ ボックスを閉じます。
  12. NTUSER.DAT ファイルを参照して右クリックし、[名前の変更] をクリックします。ファイル名を「NTUSER.MAN」に変更し、Enter キーを押します。
注: 以前は、コントロール パネルの [システム] 項目を使用してプロファイルをコピーすることが可能でした。プロファイルを使用不可能にするデータが追加される可能性があるため、既定のプロファイルをコピーするこのオプションは現在無効になっています。

手順 3: ユーザー アカウントを準備する

  1. ドメイン管理者として、Windows Server 2008 R2 または Windows Server 2008 コンピューターから Active Directory ユーザーとコンピューター管理コンソールを開きます。
  2. 必須ユーザー プロファイルの適用対象であるユーザー アカウントを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [プロファイル] タブをクリックし、プロファイル パスのテキスト ボックスに、「手順 1: 必須プロファイルの位置を確保する」で作成したネットワーク パスを入力します。ただし、末尾には ".v2" を追加しないでください。この資料の例では、パスは次のようになります。
    \\<Server_name>\Profiles\mandatory
  4. [OK] をクリックして、Active Directory ユーザーとコンピューター管理コンソールを閉じます。
これで、ユーザーはカスタマイズされた必須のユーザー プロファイルを使用します。
さらにヘルプが必要ですか?
この資料で問題が解決しない場合は、次のボタンをクリックして、Microsoft Answers のコミュニティ メンバーに質問を投稿することもできます。
補足資料
特定のユーザー プロファイルでのログオンに問題がある場合は、以下のリンクをクリックして、マイクロソフト Web サイトの資料を参照してください。
破損したユーザー プロファイルを修復する
ユーザー アカウントを作成する

Windows XP と Windows Server 2003 のイメージを準備するときに既定のローカル ユーザー プロファイルをカスタマイズする手順の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。959753: Windows XP または Windows Server 2003 のイメージを準備するときに既定のローカル ユーザー プロファイルをカスタマイズする方法


How to customize a network default user profile or a mandatory user profile in Windows 7
プロパティ

文書番号:973289 - 最終更新日: 07/16/2013 02:28:00 - リビジョン: 10.1

Windows 7 Enterprise, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Ultimate, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows HPC Server 2008 R2, Windows Web Server 2008 R2, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Business, Windows Vista Ultimate, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Standard

  • kbprofiles kbexpertiseinter kbsurveynew kbhowto KB973289
フィードバック