現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows (標準ビジネス Server 2008 を実行しているサーバーで Exchange Server 2007 の Service Pack 2 および Service Pack 3 をインストールする方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:973461
概要
Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 2 (SP2) のインストール方法 Windows 一覧 (標準) ビジネス Server 2008 を実行しているサーバー上で説明します。

重要Windows の一覧 (標準) ビジネス Server 2008 は、次のサーバー コンポーネントを実行しているサーバーで Exchange Server 2007 の SP2 をインストールする必要があります。
  • 管理サーバー
  • サーバーのセキュリティ
  • メッセージング サーバー
さらに、これらのサーバーにインストールが発生する必要があります特殊な順序はありません。

インストールする前に、既知の問題を理解するためにこの全体の資料を参照することをお勧めします。この資料には、次のことを確認する手順が含まれています。
  • 正常にインストールします。
  • インストールが完了すると既存のサービスが正しく動作しています。
インストールの前もリリース ノート Exchange Server 2007 の SP2 の詳細なインストール手順を読むことをお勧めします。これらのリリースにアクセスするのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してくださいノートします。メモこの資料は、Service Pack 3 が離されたときに Exchange Server 2007 の Service Pack 3 に関する情報を含めるには更新されます。
詳細

メッセージング サーバーを実行しているサーバーにインストールする場合は、既知の問題を解決するため

メッセージング サーバーを実行しているサーバーで Exchange Server 2007 の SP2 をインストールすると、インストールの"Readiness Check"の段階の次のエラー メッセージが表示されることがあります。
エラー:
セットアップには、Exchange サーバーにこのサーバー上で実行されていると Exchange Server 2007 をアップグレードする前に無効にする必要があることを検出しました。
この問題は、Microsoft Forefront Security for Exchange Server メッセージング サーバーを実行しているサーバー上で実行されているために発生します。

この問題を回避するには、次の手順を実行します。
  1. Forefront Security を Exchange サーバーの Exchange Server 2007 の SP2 をインストールする前に、メッセージング サーバーを実行しているサーバー上で無効にします。以下が手順例となります:
    1. [サービス] スナップイン ウィンドウ Microsoft 管理コンソール (MMC) の次のサービスを停止します。
      • FSCController
      • Microsoft Exchange トランスポート
      • h.Microsoft Exchange Information Store
      メモFSCController サービスを停止すると、まだ他の 2 つのサービスは停止する場合は、他の 2 つのサービスを停止するかどうかを確認するメッセージが表示されます。この現象は、FSCController サービスをほかの 2 つのサービスに依存するために発生します。
    2. 管理者として実行] オプションを使用して、コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。
    3. コマンド プロンプトで、次のディレクトリには、現在のディレクトリを変更します。
      %ProgramFiles (x86) %\Microsoft Security\Exchange の Forefront サーバー
    4. 次のコマンドを実行します。
      fscutility/disable
      このコマンドを実行すると、次のメッセージが表示されます。
      dependencies… を削除します。
      Microsoft のインフォメーション ストアから FSCController の依存関係を削除
      Microsoft Exchange トランスポート サービス Microsoft Exchange トランスポート サービス エージェントの登録から削除 FSEIMC への依存関係を削除
      状態: Microsoft Forefront Server セキュリティ統合しません。

      このメッセージは Exchange サーバーの FSE が無効になっていることを示します。
  2. メッセージング サーバーを実行しているサーバーで Exchange Server 2007 の SP2 をインストールします。

    メモExchange Server 2007 SP2 のインストールの"Readiness Check"の段階が発生したエラー メッセージが発生した場合、インストールを続行するのには [再試行] ダイアログ ボックスでエラー メッセージをクリックします。
  3. Forefront Security を Exchange サーバーのメッセージング サーバーを実行しているサーバー上で有効にします。以下が手順例となります:
    1. スナップインには、[サービス] MMC ウィンドウで次のサービスを停止します。
      • Microsoft Exchange トランスポート
      • h.Microsoft Exchange Information Store
    2. 管理者として実行] オプションを使用して、コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。
    3. コマンド プロンプトで、次のディレクトリには、現在のディレクトリを変更します。
      C:\Program ファイル (x86) \Microsoft Forefront Security\Exchange サーバー
    4. 次のコマンドを実行します。
      fscutility/enable
    5. サービス MMC スナップイン ウィンドウの次のサービスを開始します。
      • FSCController
      • Microsoft Exchange トランスポート
      • h.Microsoft Exchange Information Store
      メモFSCController サービスを開始すると、他の 2 つのサービスがまだ開始されていない場合、その他の 2 つのサービスを開始するかどうかを確認するメッセージが表示されます。この現象は、FSCController サービスをほかの 2 つのサービスに依存するために発生します。
関連情報
Exchagne 2007 Service Pack 2 をインストールした後、メッセージング サーバーを交換する方法の詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料を表示するのには、次資料番号をクリックします。
975407EBS 2008 で Exchange 2007 の Service Pack 2 の展開後 EBS メッセージング サーバーの交換方法

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:973461 - 最終更新日: 04/06/2010 17:48:00 - リビジョン: 2.0

Windows Essential Business Server 2008

  • kbhowto kbinfo kbexpertiseadvanced kbmt kbsurveynew KB973461 KbMtja
フィードバック