Word 2010 または Word 2007 で破損した文書を修正して開く際に表示する [修正個所の表示] ダイアログ ボックスを非表示にする方法

はじめに
Microsoft Office 2010 または Microsoft Office Word 2007 で、破損した文書を修正して開く際に表示する [修正個所の表示] のダイアログ ボックスを、非表示する方法について説明します。
詳細
重要 : このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの編集方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを編集する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしておくと、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。バックアップおよび復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
[修正個所の表示] のダイアログ ボックスを非表示にするには、以下の手順を実行してレジストリ値を新規に作成してください。
  1. Word 2007 または Word 2010 を終了します。
  2. [スタート] ボタン [スタート] ボタン をクリックします。
  3. [ファイル名を指定して実行] をクリックし、regedit と入力して [OK] をクリックします。
  4. ユーザー アカウント制御 管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
  5. [レジストリ エディタ] 画面の左側のツリーを、次のレジストリ サブ キーまで展開します。

    Word 2010 の場合 :

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Word\Options


    Word 2007 の場合 :

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Word\Options


  6. [レジストリ エディタ] 画面の [編集] メニューの [新規] をポイントし、[DWORD (32 ビット) 値] をクリックします。
  7. [新しい値] に、BulletProofOnCorruption と入力して Enter キーを押します。
  8. BulletProofOnCorruption を右クリックし、[修正] をクリックします。
  9. [値のデータ] に 1 と入力して [OK] をクリックします。
  10. [レジストリ エディタ] 画面の [ファイル] メニューの [レジストリ エディタの終了] をクリックします。
補足 : [修正個所の表示] ダイアログ ボックスを表示するには、 BulletProofOnCorruption の [値のデータ] に 0 を入力してください。
関連情報
Word 2003 での設定方法については、次のサポート技術情報をクリックしてください。
903740 Word 2003 で破損した文書を開いた際に表示される [修正個所の表示] ダイアログ ボックスを非表示にできない
プロパティ

文書番号:973775 - 最終更新日: 10/05/2016 08:18:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft Word 2010, Microsoft Office Word 2007

  • kbexpertiseinter kbsetup kbdeployment kbhowto kbharmony KB973775
フィードバック