SQL Server クエリ オプティマイザーの修正プログラム トレース フラグ 4199 サービス モデル

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:974006
はじめに
既存のお客様の本番を見られないようにするためにクエリ オプティマイザーが既定ではオフの状態で SQL Server 2000 Service Pack 3 (SP3) ほとんどの修正プログラムを配信するより後のバージョンの Microsoft SQL Server のパフォーマンスの低下を引き起こす可能性のあるプランの変更が必要です。最初は、別のトレース フラグの下で各修正プログラムが配信されました。後、ほとんどのフラグが 1 つのトレース フラグ (4199) で結合されたようにこの実習が変更されました。複数のバージョンから次の更新プログラムでこの新しい実習が開始されました:
  • SQL Server 2005 サービス パック 3 (SP3) 累積的な更新 6
  • 累積更新プログラム パッケージの SQL Server 2008 Service Pack 1 (SP1) 7
  • SQL Server 2008 R2 (RTM)
デフォルトでは上になるための修正プログラムを収集するトレース フラグ 4199 を使用した将来のリリースで状況を他のトレース フラグを使用していましたが修正されていないため既定では上になる現在のフォームです。SQL Server 2016年の RTM は、データベースの COMPATIBILITY_LEVEL の設定を使用する有効にするトレース フラグ 4199 関連の修正プログラムの既定されます。力学およびポリシーは、この資料の修正プログラムをどのように計画に影響を及ぼすの 2016 の SQL Server およびそれ以降のバージョンに配信されます。
詳細
2016 を SQL Server をトレース フラグ 4199 修正プログラム SQL Server の以前のリリースに加えられたが [データベースは COMPATIBILITY_LEVEL 130 で 4199 のトレース フラグは有効に有効になります。130 互換性レベルを使用してデータベースの将来 2016 の SQL Server 修正プログラムをリリースする、トレース フラグ 4199 が使用されます。4199 のトレース フラグは、特定のパフォーマンスの問題が表示されるお客様にのみお勧めするためお客様はトレース フラグ 4199 のトレース フラグ 4199 をアプリケーションには適用されません可能性があり、運用システムで予期しないプランの性能の変化が生じ、今後修正を再利用されますので最新の互換性レベルを自分のデータベースを移行する後削除ください。つまり、特定の製品リリースでサポートされている互換性のレベルごとに異なるトレース フラグ 4199 の修正プログラムが有効であります。

注: <b>既定では、2016 の SQL Server で作成されるデータベース互換性レベル 130 を使用して新しいオプティマイザー ロジックが既に有効になっています。

このモデルの大きな利点は、アップグレード プロセス中に本番システムのリスクを軽減することです。この方法はクエリ プロセッサのすべての新しい変更の自動有効化の新しいメジャー バージョンの SQL Server インストールを分離します。メジャー バージョンのアップグレード ファイル形式を変更しても元に戻せるので、お勧め、COMPATIBILITY_LEVEL の設定を使用して、お客様はアップグレード中に、予期しないプランのパフォーマンスの問題が見つかった場合に簡単にダウン グレードできますので。予期しないプランを検索する顧客アプリケーションのアップグレードをブロックするに変更、お客様の状況、事前計画を強制的にクエリ ストアを使用して、適切なプランのヒントを適用することによって容易にできますまたは問題の回避策または修正プログラムの提供を支援するマイクロソフト製品サポート サービスに連絡して状況を軽減できます。すべての問題が軽減する、アップグレードを続行できます。顧客する必要があります計画 2016 の SQL Server のアップグレードにこの機能を統合します。

4199 のトレース フラグは SQL Server 2016年から始まる作業方法のモデルを次の表に説明します。

設定 SQL の互換性レベルトレース フラグ 4199 オプティマイザー SQL Server 2016年の RTM 前に、の修正プログラムオプティマイザー SQL Server 2016年の RTM 後の修正プログラム
1。 120オフ無効無効
2。 120有効無効
3。 130オフ互換性のレベルで有効になっています。無効
4。130互換性のレベルで有効になっています。互換性のレベルで有効になっています。
注: <b>No. 3 設定 2016 を SQL Server にアップグレードする新規のお客様にお勧めします。

後 2016 の SQL Server のメジャー リリースは、マイクロソフトはこのサービス モデルを使用して、オプティマイザーの修正プログラムを続行する予定です。をデフォルト、または各リリースは互換性レベルのトレース フラグ 4199 修正プログラムの以前のリリースからは有効に。つまり最新の互換性レベルに移行した後のお客様の状態を推奨されるトレース フラグ 4199 を無効になります。以降の修正プログラムは、アプリケーションでその特定の修正プログラムを有効にしたお客様の修正プログラムを有効にするのにトレース フラグ 4199 を使用します。トレース フラグ 4199 をことを避けるため、最新の互換性レベルのアプリケーションはアップグレード後に無効にすることを推奨予期しない将来のオプティマイザーが変更が予期せずにアプリケーションで有効にします。

注: <b>4199 のトレース フラグの下で多くのオプティマイザーの修正プログラムが有効なときにいくつか他のトレース フラグを使用します。トレース フラグ 4199 従来カバーのトレース フラグが広く適切な将来のリリースではデフォルトで有効にする可能性があります。別のトレース フラグは、修正が他のアプリケーションのパフォーマンスの低下を生じる可能性がある、または内部の機能をすべてのユーザーを有効にする準備が前に変更を表示ことがあります、条件はいくつかの顧客だけに非常に特定の修正プログラムで使用されます。マイクロソフトが製品のサービスを必要に応じてその他のトレース フラグを使用を継続します。

注: <b>ここは、4199 の修正プログラム、最新の製品の最新の互換性レベルでトレース フラグを解放するためのモデルについて説明します。(発行時に、これは SQL Server 2016年) です。オプティマイザーの修正プログラムは SQL Server の以前の市場でのバージョン、または下位の互換性レベル 120 (旧) 2016 の SQL Server のリリース可能性があります。Microsoft が各ケースを評価し、トレース フラグ 4199 または別のトレース フラグを使用するかどうか。移動は後、互換性レベルに加えられた修正以外の変更を有効にもするため特定の約束を (でまたはトレース フラグ 4199 なし) のアップグレード中にプランの変更は発生しませんがありません。お客様は慎重の本番アプリケーションの互換性レベルの変更を必ずテストする必要があり、軽減技術、プラン選択関連のパフォーマンスの問題がある場合など、クエリ ストア使用する必要があります。

リファレンスについては、次の表のトレース フラグ 4199 のトレース フラグを導入する前にクエリ プロセッサの修正プログラムを使用していましたが。
マイクロソフト サポート技術情報トレース フラグ
3185304101
9401284102
9199054103
9203464104
9203474105
9224384106
9238494107
9260244108
9267734109
9337244110
9340654111
9467934115
9508804116
9484454117
9426594119
9539484120
9424444121
9460204122
9482484124
9498544125
9590134126
9535694127
955694
957872
4128
9585474129
9566864131
9580064133
9607704135 *

SQL Server 2005

この問題に対する修正は SQL Server 2005 のサービス パック 3 の累積的な更新 6 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、資料、マイクロソフト サポート技術を参照する次の文書番号をクリックします。
974648 SQL Server 2005 のサービス パック 3 の累積的な更新プログラム パッケージ 6
注: <b>ビルドは累積的、あるため各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムを含むし、以前の SQL Server 2005 に付属していたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新版の適用を検討することをお勧めします。詳細については、次のサポート技術情報番号をクリックしてください。
960598 SQL Server 2005 のサービス パック 3 がリリースされた後にリリースされた、SQL Server 2005 のビルドします。
特定の SQL Server サービス パックを Microsoft SQL Server 2005年修正プログラムが作成されます。SQL Server 2005 のサービス パック 3 のインストールに SQL Server 2005 のサービス パック 3 の修正プログラムを適用する必要があります。既定 SQL Server service pack で提供されるすべての修正プログラムは次の SQL Server service pack に含まれます。

SQL Server 2008

この問題に対する修正は、累積的な更新プログラム 7 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを SQL Server 2008 を取得する方法については、資料、マイクロソフト サポート技術を参照する次の文書番号をクリックします。
973601 SQL Server 2008 累積更新プログラム パッケージ 7
注: <b>ビルドは累積的、あるため各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムを格納して以前の SQL Server 2008 に付属していたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新版の適用を検討することをお勧めします。詳細については、次のサポート技術情報番号をクリックしてください。
956909 SQL Server 2008 SQL Server 2008 がリリースされた後にリリースされたビルドします。

SQL Server 2008 SP1

この問題に対する修正は SQL Server の 2008 Service Pack 1 の累積的な更新プログラム 7 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、資料、マイクロソフト サポート技術を参照する次の文書番号をクリックします。
979065 SQL Server の 2008 Service Pack 1 の累積的な更新プログラム パッケージ 7
注: <b>ビルドは累積的、あるため各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムを格納して以前の SQL Server 2008 に付属していたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新版の適用を検討することをお勧めします。詳細については、次のサポート技術情報番号をクリックしてください。
970365 SQL Server 2008 SQL Server 2008 のサービス パック 1 がリリースされた後にリリースされたビルドします。
特定の SQL Server サービス パックを Microsoft SQL Server 2008年の修正プログラムが作成されます。SQL Server の 2008 Service Pack 1 の修正プログラムを SQL Server の 2008 Service Pack 1 のインストールに適用するあります。既定 SQL Server service pack で提供されるすべての修正プログラムは次の SQL Server service pack に含まれます。

SQL Server 2008 R2

リリース バージョンの SQL Server 2008 R2 で、トレース フラグ 4135 T4199 - を制御可能なトレース フラグの一覧から誤って省略されました。ただし、これは修正されて累積的な更新プログラム 1 の SQL Server 2008 R2。このビルドおよび SQL Server 2005 と SQL Server 2008 のエディションをサポート、- T4199 がこれをこの資料に記載されているその他のトレース フラグを有効にするだけで十分です。

SQL Server 2012年およびそれ以降のバージョン

4199 のトレース フラグは SQL Server 2012年のリリース バージョンとそれ以降のバージョンに含まれます。

4199 のトレース フラグを有効にする方法

トレース フラグ 4199 の起動時や、ユーザー セッションで有効にできます。このトレース フラグはグローバル レベルまたはセッション レベルのいずれかの効果。4199 のトレース フラグを使用します DBCC TRACEON コマンドまたは使用– T 4199を起動時のパラメーターとしてします。

DBCC TRACEON\TRACEOFFを使用する場合これは新しいキャッシュ プランのストアド プロシージャを再生成しません。プラン、トレース フラグなしで作成されたキャッシュに使用できます。

有効またはトレース フラグを無効にする方法に関する詳細情報および説明のグローバルとセッション レベルのトレース フラグは SQL Server Books Online の以下のトピックを参照してください。
関連情報
名前付けスキーマを SQL Server の更新プログラムについては、資料、マイクロソフト サポート技術を参照する次の文書番号をクリックします。
822499 Microsoft SQL Server ソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい名前付けスキーマ
ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語について

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:974006 - 最終更新日: 07/10/2015 03:19:00 - リビジョン: 10.0

Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition for Itanium Based Systems, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition for Itanium Based Systems, Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition, Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Workgroup, Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard, Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Express, Microsoft SQL Server 2012 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2016 Developer, Microsoft SQL Server 2016 Enterprise, Microsoft SQL Server 2016 Standard

  • kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbqfe kbfix kbmt KB974006 KbMtja
フィードバック