現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

FIX、スリップ ストリーム インストールを使用すると、適用される SQL Server 2008 Service Pack 1 の修正プログラムをアンインストールした後いくつかのファイルは、元のファイル バージョンにロールバックされません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:974231
Microsoft Microsoft SQL Server 2008年の修正プログラム 1 つのダウンロード ファイルとして配布しています。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
現象
次のシナリオを検討してください。
  • Microsoft SQL Server 2008年サービス パック 1 (SP1) 修正プログラムを適用するには、スリップ ストリーム インストールを使用しています。
  • 修正プログラムをアンインストールします。
このシナリオでは、次のファイルは、元のファイル バージョンにロールバックされません。この修正プログラムをアンインストールする前に、ファイルのバージョンと同じままです。
  • ChsBrkr.dll
  • Chtbrkr.dll
  • Infosoft.dll
  • Korwbrkr.dll
  • Xmlfilt.dll

たとえば、スリップ ストリーム インストールを使用して SQL Server 2008 SP1 累積的な更新プログラム 3 (CU3) を適用します。その後、SQL Server 2008 SP1 CU3 をアンインストールします。ただし、ファイル バージョン 12.0.6828.0 への復帰の代わりにバージョン 12.0.9730.0 に残ります。

メモ 修正プログラムをスリップ ストリーム インストールに適用するのではなく、正規のシーケンスの修正プログラムを適用すると、この問題は発生しません。たとえば、SQL Server 2008 SP1 をインストールする、SQL Server 2008年のリリース バージョンをインストールし、SQL Server 2008 SP1 の修正プログラムをインストールする場合は、この問題は発生しません。
解決方法

累積的な更新プログラムの情報

この問題に対する修正は SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新 4 にまずリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
973602 SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 4
メモ ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。マイクロソフトはこの修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
970365 SQL Server の 2008 SQL Server 2008 Service Pack 1 のリリース後にリリースされたビルドします。
Microsoft SQL Server 2008 SQL Server サービス ・ パックの特定の修正プログラムが作成されます。SQL Server 2008 Service Pack 1 をインストールする SQL Server 2008 Service Pack 1 の修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server サービス パックで提供されている修正プログラム SQL Server の次の service pack に含まれてです。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストを受け取ることがあります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

この修正プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムが提供されている言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

前提条件

SQL Server 2008年サービス パックこの修正プログラムを適用する前にインストールされている 1 が必要です。

情報を再起動します。

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動するはありません。

レジストリ情報

レジストリを変更するはありません。

修正プログラムのファイル情報

この修正プログラムにはこの資料に記載されている問題を修正するために必要なファイルのみが含まれています。この修正プログラムは、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルがありません。

この修正プログラムの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール パネルの項目。

32 ビット版

データベース サービスの中核となる SQL Server 2008年を共有
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Commanddest.dll2007.100.2727.0164,7122009 の 8 月 13 日03: 01x 86
Datacollectorenumerators.dll2007.100.2727.069,4642009 の 8 月 13 日03: 03x 86
Distrib.exe2007.100.2727.075,0962009 の 8 月 13 日03: 19x 86
Dtspipeline.dll2007.100.2727.0694,1042009 の 8 月 13 日03: 19x 86
Dtswizard.exe2007.100.2727.0804,7122009 の 8 月 13 日03: 19x 86
Exceldest.dll2007.100.2727.0173,4002009 の 8 月 13 日03: 35x 86
Excelsrc.dll2007.100.2727.0183,1282009 の 8 月 13 日03: 35x 86
Flatfiledest.dll2007.100.2727.0276,3122009 の 8 月 13 日03: 36x 86
Flatfilesrc.dll2007.100.2727.0283,9922009 の 8 月 13 日03: 36x 86
Iftsph.dll2007.100.2727.038,2482009 の 8 月 13 日03: 52x 86
Logread.exe2007.100.2727.0423,2562009 の 8 月 13 日04: 33x 86
Microsoft.sqlserver.dmf.dll10.0.2727.0296,7922009 の 8 月 13 日04: 39x 86
Microsoft.sqlserver.pipelinehost.dll10.0.2727.071,5122009 の 8 月 13 日04: 42x 86
Microsoft.sqlserver.sqlenum.dll10.0.2727.01,083,2242009 の 8 月 13 日04: 42x 86
Oledbdest.dll2007.100.2727.0173,9122009 の 8 月 13 日04: 52x 86
Oledbsrc.dll2007.100.2727.0186,7282009 の 8 月 13 日04: 52x 86
Rdistcom.dll2007.100.2727.0651,1122009 の 8 月 13 日05: 09x 86
Repldp.dll2007.100.2727.0191,3362009 の 8 月 13 日05: 10x 86
Replmerg.exe2007.100.2727.0341,3522009 の 8 月 13 日05: 10x 86
Snapshot.exe10.0.2727.013,1442009 の 8 月 13 日06: 18x 86
Sql_engine_core_shared_keyfile.dll2007.100.2727.013,6562009 の 8 月 13 日04: 19x 86
Sqllogship.exe10.0.2727.096,1042009 の 8 月 13 日06: 19x 86
Sqlmergx.dll2007.100.2727.0192,8562009 の 8 月 13 日06: 19x 86
Sqltaskconnections.dll2007.100.2727.0113,4962009 の 8 月 13 日06: 20x 86
Txdataconvert.dll2007.100.2727.0206,6962009 の 8 月 13 日06: 24x 86
SQL Server 2008年のコアのデータベース サービス インスタンス
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Databasemailengine.dll10.0.2727.075,6242009 の 8 月 13 日03: 03x 86
Databasemailprotocols.dll10.0.2727.042,8402009 の 8 月 13 日03: 03x 86
Sql_engine_core_inst_keyfile.dll2007.100.2727.013,6562009 の 8 月 13 日04: 19x 86
Sqlaccess.dll2007.100.2727.0405,3522009 の 8 月 13 日06: 18x 86
Sqlagent.exe2007.100.2727.0367,9602009 の 8 月 13 日06: 18x 86
Sqlagent100_msdb_upgrade.sql該当なし1,788,9612009 の 8 月 12 日13: 23該当なし
Sqlctr100.dll2007.100.2727.072,5362009 の 8 月 13 日06: 18x 86
Sqlscriptdowngrade.dll2007.100.2727.014,6962009 の 8 月 13 日06: 20x 86
Sqlscriptupgrade.dll2007.100.2727.03,378,0082009 の 8 月 13 日06: 20x 86
Sqlservr.exe2007.100.2727.042,723,1602009 の 8 月 13 日06: 20x 86
SQL Server 2008年の簡素化・共通のコア
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Microsoft.analysisservices.adomdclient.dll10.0.2727.0546,6642009 の 8 月 13 日04: 33x 86
Microsoft.analysisservices.dll10.0.2727.01,316,6962009 の 8 月 13 日04: 34x 86
Microsoft.analysisservices.xmla.dll10.0.2727.0227,1602009 の 8 月 13 日04: 34x 86
Microsoft.sqlserver.sqlenum.dll10.0.2727.01,083,2242009 の 8 月 13 日04: 42x 86
Msgprox.dll2007.100.2727.0202,0722009 の 8 月 13 日04: 44x 86
Replprov.dll2007.100.2727.0575,3202009 の 8 月 13 日05: 10x 86
Replrec.dll2007.100.2727.0789,8482009 の 8 月 13 日05: 10x 86
Replsub.dll2007.100.2727.0410,9682009 の 8 月 13 日05: 10x 86
Sql_common_core_keyfile.dll2007.100.2727.013,6562009 の 8 月 13 日04: 19x 86
Xmlsub.dll2007.100.2727.0192,3602009 の 8 月 13 日06: 25x 86

x64 ベースのバージョン x

データベース サービスの中核となる SQL Server 2008年を共有
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Commanddest.dll2007.100.2727.0247,1442009 の 8 月 13 日06: 17x64
Datacollectorenumerators.dll2007.100.2727.093,5442009 の 8 月 13 日06: 20x64
Distrib.exe2007.100.2727.086,8882009 の 8 月 13 日06: 26x64
Dtspipeline.dll2007.100.2727.01,086,8242009 の 8 月 13 日06: 26x64
Dtswizard.exe2007.100.2727.0800,6162009 の 8 月 13 日06: 26x64
Exceldest.dll2007.100.2727.0260,4562009 の 8 月 13 日06: 34x64
Excelsrc.dll2007.100.2727.0279,8962009 の 8 月 13 日06: 34x64
Flatfiledest.dll2007.100.2727.0414,5522009 の 8 月 13 日06: 35x64
Flatfilesrc.dll2007.100.2727.0424,7922009 の 8 月 13 日06: 35x64
Iftsph.dll2007.100.2727.054,6162009 の 8 月 13 日06: 44x64
Logread.exe2007.100.2727.0510,8242009 の 8 月 13 日07: 03x64
Microsoft.sqlserver.dmf.dll10.0.2727.0296,8082009 の 8 月 13 日07: 07x 86
Microsoft.sqlserver.dmf.dll10.0.2727.0296,7922009 の 8 月 13 日04: 39x 86
Microsoft.sqlserver.pipelinehost.dll10.0.2727.071,5122009 の 8 月 13 日07: 08x 86
Microsoft.sqlserver.sqlenum.dll10.0.2727.01,083,2242009 の 8 月 13 日04: 42x 86
Oledbdest.dll2007.100.2727.0259,9442009 の 8 月 13 日07: 17x64
Oledbsrc.dll2007.100.2727.0286,0562009 の 8 月 13 日07: 17x64
Rdistcom.dll2007.100.2727.0789,8642009 の 8 月 13 日07: 26x64
Repldp.dll2007.100.2727.0191,3362009 の 8 月 13 日05: 10x 86
Repldp.dll2007.100.2727.0229,7362009 の 8 月 13 日07: 26x64
Replmerg.exe2007.100.2727.0408,4082009 の 8 月 13 日07: 26x64
Snapshot.exe10.0.2727.013,1442009 の 8 月 13 日06: 18x 86
Snapshot.exe10.0.2727.013,1442009 の 8 月 13 日08: 11x 86
Sql_engine_core_shared_keyfile.dll2007.100.2727.014,1842009 の 8 月 13 日06: 57x64
Sqllogship.exe10.0.2727.096,0882009 の 8 月 13 日08: 12x 86
Sqlmergx.dll2007.100.2727.0229,2082009 の 8 月 13 日08: 12x64
Sqltaskconnections.dll2007.100.2727.0161,1282009 の 8 月 13 日08: 13x64
Txdataconvert.dll2007.100.2727.0306,0242009 の 8 月 13 日08: 17x64
SQL Server 2008年のコアのデータベース サービス インスタンス
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Databasemailengine.dll10.0.2727.075,6242009 の 8 月 13 日06: 20x 86
Databasemailprotocols.dll10.0.2727.042,8562009 の 8 月 13 日06: 20x 86
Sql_engine_core_inst_keyfile.dll2007.100.2727.014,1842009 の 8 月 13 日06: 57x64
Sqlaccess.dll2007.100.2727.0411,9922009 の 8 月 13 日08: 11x 86
Sqlagent.exe2007.100.2727.0428,8882009 の 8 月 13 日08: 11x64
Sqlagent100_msdb_upgrade.sql該当なし1,788,9612009 の 8 月 12 日13: 23該当なし
Sqlctr100.dll2007.100.2727.072,5362009 の 8 月 13 日06: 18x 86
Sqlctr100.dll2007.100.2727.0108,3922009 の 8 月 13 日08: 12x64
Sqlscriptdowngrade.dll2007.100.2727.015,7202009 の 8 月 13 日08: 13x64
Sqlscriptupgrade.dll2007.100.2727.03,377,5122009 の 8 月 13 日08: 13x64
Sqlservr.exe2007.100.2727.057,629,0322009 の 8 月 13 日08: 13x64
SQL Server 2008年の簡素化・共通のコア
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Microsoft.analysisservices.adomdclient.dll10.0.2727.0546,6642009 の 8 月 13 日07: 03x 86
Microsoft.analysisservices.adomdclient.dll10.0.2727.0546,6642009 の 8 月 13 日04: 33x 86
Microsoft.analysisservices.dll10.0.2727.01,316,6962009 の 8 月 13 日04: 34x 86
Microsoft.analysisservices.xmla.dll10.0.2727.0227,1762009 の 8 月 13 日07: 04x 86
Microsoft.analysisservices.xmla.dll10.0.2727.0227,1602009 の 8 月 13 日04: 34x 86
Microsoft.sqlserver.sqlenum.dll10.0.2727.01,083,2242009 の 8 月 13 日07: 09x 86
Microsoft.sqlserver.sqlenum.dll10.0.2727.01,083,2242009 の 8 月 13 日04: 42x 86
Msgprox.dll2007.100.2727.0246,1202009 の 8 月 13 日07: 10x64
Msgprox.dll2007.100.2727.0202,0722009 の 8 月 13 日04: 44x 86
Replprov.dll2007.100.2727.0575,3202009 の 8 月 13 日05: 10x 86
Replprov.dll2007.100.2727.0727,4002009 の 8 月 13 日07: 26x64
Replrec.dll2007.100.2727.0789,8482009 の 8 月 13 日05: 10x 86
Replrec.dll2007.100.2727.0976,7442009 の 8 月 13 日07: 26x64
Replsub.dll2007.100.2727.0410,9682009 の 8 月 13 日05: 10x 86
Replsub.dll2007.100.2727.0492,3922009 の 8 月 13 日07: 26x64
Sql_common_core_keyfile.dll2007.100.2727.014,1842009 の 8 月 13 日06: 57x64
Xmlsub.dll2007.100.2727.0192,3602009 の 8 月 13 日06: 25x 86
Xmlsub.dll2007.100.2727.0308,0722009 の 8 月 13 日08: 17x64

Itanium アーキテクチャ バージョン

データベース サービスの中核となる SQL Server 2008年を共有
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Commanddest.dll2007.100.2727.0557,9282009 の 8 月 13 日10: 15ia64
Datacollectorenumerators.dll2007.100.2727.0190,2962009 の 8 月 13 日10: 17ia64
Distrib.exe2007.100.2727.0205,6722009 の 8 月 13 日10: 24ia64
Dtspipeline.dll2007.100.2727.02,020,6962009 の 8 月 13 日10: 24ia64
Dtswizard.exe2007.100.2727.0800,6002009 の 8 月 13 日10: 24ia64
Exceldest.dll2007.100.2727.0584,0402009 の 8 月 13 日10: 31ia64
Excelsrc.dll2007.100.2727.0641,8962009 の 8 月 13 日10: 31ia64
Flatfiledest.dll2007.100.2727.0951,1282009 の 8 月 13 日10: 33ia64
Flatfilesrc.dll2007.100.2727.0975,1922009 の 8 月 13 日10: 33ia64
Iftsph.dll2007.100.2727.088,4242009 の 8 月 13 日10: 41ia64
Logread.exe2007.100.2727.01,124,7122009 の 8 月 13 日11: 01ia64
Microsoft.sqlserver.dmf.dll10.0.2727.0296,7922009 の 8 月 13 日11: 04x 86
Microsoft.sqlserver.dmf.dll10.0.2727.0296,7922009 の 8 月 13 日04: 39x 86
Microsoft.sqlserver.pipelinehost.dll10.0.2727.071,5282009 の 8 月 13 日11: 06x 86
Microsoft.sqlserver.sqlenum.dll10.0.2727.01,083,2242009 の 8 月 13 日04: 42x 86
Oledbdest.dll2007.100.2727.0586,0722009 の 8 月 13 日11: 15ia64
Oledbsrc.dll2007.100.2727.0653,6722009 の 8 月 13 日11: 15ia64
Rdistcom.dll2007.100.2727.01,835,3522009 の 8 月 13 日11: 24ia64
Repldp.dll2007.100.2727.0191,3362009 の 8 月 13 日05: 10x 86
Repldp.dll2007.100.2727.0522,6002009 の 8 月 13 日11: 24ia64
Replmerg.exe2007.100.2727.0969,5602009 の 8 月 13 日11: 25ia64
Snapshot.exe10.0.2727.013,1442009 の 8 月 13 日06: 18x 86
Snapshot.exe10.0.2727.013,1442009 の 8 月 13 日12: 09x 86
Sql_engine_core_shared_keyfile.dll2007.100.2727.019,3042009 の 8 月 13 日10: 54ia64
Sqllogship.exe10.0.2727.096,0882009 の 8 月 13 日12: 10x 86
Sqlmergx.dll2007.100.2727.0428,3762009 の 8 月 13 日12: 10ia64
Sqltaskconnections.dll2007.100.2727.0335,7042009 の 8 月 13 日12: 12ia64
Txdataconvert.dll2007.100.2727.0674,6482009 の 8 月 13 日12: 15ia64
SQL Server 2008年のコアのデータベース サービス インスタンス
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Databasemailengine.dll10.0.2727.075,6082009 の 8 月 13 日10: 17x 86
Databasemailprotocols.dll10.0.2727.042,8562009 の 8 月 13 日10: 17x 86
Sql_engine_core_inst_keyfile.dll2007.100.2727.019,3042009 の 8 月 13 日10: 54ia64
Sqlaccess.dll2007.100.2727.0398,6802009 の 8 月 13 日12: 09x 86
Sqlagent.exe2007.100.2727.01,205,5922009 の 8 月 13 日12: 09ia64
Sqlagent100_msdb_upgrade.sql該当なし1,788,9612009 の 8 月 12 日13: 23該当なし
Sqlctr100.dll2007.100.2727.072,5362009 の 8 月 13 日06: 18x 86
Sqlctr100.dll2007.100.2727.0135,0162009 の 8 月 13 日12: 10ia64
Sqlscriptdowngrade.dll2007.100.2727.020,8402009 の 8 月 13 日12: 11ia64
Sqlscriptupgrade.dll2007.100.2727.03,383,6402009 の 8 月 13 日12: 11ia64
Sqlservr.exe2007.100.2727.0111,039,3362009 の 8 月 13 日12: 11ia64
SQL Server 2008年の簡素化・共通のコア
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Microsoft.analysisservices.adomdclient.dll10.0.2727.0546,6482009 の 8 月 13 日11: 01x 86
Microsoft.analysisservices.adomdclient.dll10.0.2727.0546,6642009 の 8 月 13 日04: 33x 86
Microsoft.analysisservices.dll10.0.2727.01,316,6962009 の 8 月 13 日04: 34x 86
Microsoft.analysisservices.xmla.dll10.0.2727.0227,1762009 の 8 月 13 日11: 01x 86
Microsoft.analysisservices.xmla.dll10.0.2727.0227,1602009 の 8 月 13 日04: 34x 86
Microsoft.sqlserver.sqlenum.dll10.0.2727.01,083,2402009 の 8 月 13 日11: 07x 86
Microsoft.sqlserver.sqlenum.dll10.0.2727.01,083,2242009 の 8 月 13 日04: 42x 86
Msgprox.dll2007.100.2727.0534,3762009 の 8 月 13 日11: 07ia64
Msgprox.dll2007.100.2727.0202,0722009 の 8 月 13 日04: 44x 86
Replprov.dll2007.100.2727.0575,3202009 の 8 月 13 日05: 10x 86
Replprov.dll2007.100.2727.01,640,8082009 の 8 月 13 日11: 25ia64
Replrec.dll2007.100.2727.0789,8482009 の 8 月 13 日05: 10x 86
Replrec.dll2007.100.2727.02,125,1442009 の 8 月 13 日11: 25ia64
Replsub.dll2007.100.2727.0410,9682009 の 8 月 13 日05: 10x 86
Replsub.dll2007.100.2727.01,111,8962009 の 8 月 13 日11: 25ia64
Sql_common_core_keyfile.dll2007.100.2727.019,3042009 の 8 月 13 日10: 54ia64
Xmlsub.dll2007.100.2727.0192,3602009 の 8 月 13 日06: 25x 86
Xmlsub.dll2007.100.2727.0558,9362009 の 8 月 13 日12: 16ia64
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
SQL Server の増分サービス モデルの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
935897報告された問題に対する修正プログラムを提供するのには、SQL Server チームの増分サービス モデルを利用します。


SQL Server 更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
822499Microsoft SQL Server のソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい命名方式は


ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:974231 - 最終更新日: 07/20/2011 12:35:00 - リビジョン: 4.0

  • kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbmt kbsurveynew KB974231 KbMtja
フィードバック