現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

可用性と Active Directory フェデレーション サービス 2. 0 の説明

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:974408
概要
アクティブ ディレクトリ フェデレーション サービス (AD FS) 2. 0 により IT 組織の境界と簡単にアクセス アプリケーションを施設でのクラウド内の共同作業できるようにします。また、AD FS アプリケーション セキュリティの維持に役立ちます。 クレームベースのインフラストラクチャを通じてできます、シングル サインオン エクスペリエンスをエンドユーザーにアプリケーションを有効にします。パートナー組織内にあるアプリケーションかクラウドにホストされているかどうか、クレームベースのインフラストラクチャは、別のアカウントまたはパスワードを必要はありません。
詳細

システム要件

AD FS 2. 0 を実装するには、コンピューターは、次の Windows オペレーティング システムの 1 つ実行する必要があります。
  • Windows Server 2008 R2 (64 ビット):
    • Datacenter Edition
    • 前の TU に含まれる ◇
    • Standard Edition
    • 埋め込みソリューションのエディション
    • 小規模なビジネス ソリューションのエディション
    • 小規模なビジネス ソリューション EM エディション
    • 小規模の企業サーバーの標準エディション
    • 小規模の企業サーバー Premium エディション
    • ソリューション Premium エディション
    • ソリューションのエディション
    • ソリューション EM エディション
    • 基盤となるサーバーのエディション
    • 小規模企業のエディション
    • 必要なその他のエディション
    • 重要な追加サービス版
    • 重要管理エディション
    • 重要な管理サービスのエディション
  • Windows Server 2008 と Service Pack 2 (32 ビットまたは 64 ビット):
    • Datacenter Edition
    • Datacenter ハイパー V エディションなし
    • 前の TU に含まれる ◇
    • エンタープライズ ハイパー V エディションなし
    • Standard Edition
    • 中規模ビジネス管理エディション
    • 中規模ビジネス メッセージング エディション
    • 中規模ビジネス セキュリティ エディション
    • Small Business Server Premium エディション
    • Standard Edition の Small Business Server
    • Small Business Server の最適解像度版
    • 小規模企業のエディション
    • 小規模の企業エディション ハイパー V なし
AD をインストールするのには FS 2. 0、次ソフトウェアおよび修正プログラム インストールする必要があります。AD FS 2. 0 をインストールすると、インストールされていない場合は、AD FS 2. 0 セットアップ プログラムを自動的にインストールされます。
  • Service Pack 1 と共に、Microsoft .NET Framework 3. 5 インチ

    メモこのソフトウェアはのみ、コンピューターが Windows Server 2008 R2 を実行しているときに自動的にインストールされます。
  • Windows PowerShell
  • インターネット インフォメーション サービス (IIS) 7
  • Windows ユーザー Foundation (WIF)
  • ソフトウェア更新プログラムおよび修正プログラム

    Windows Server 2008 R2

    Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターでは、次の修正プログラムをインストールする必要があります。
    981002修正プログラム ロールアップ Windows 通信基盤、.NET Framework 3. 5 Service Pack 1 Windows 7 の Windows Server 2008 R2 には
    Windows Server 2008

    次のソフトウェア更新プログラムおよび修正プログラムは Windows Server 2008 の SP2 を実行しているコンピューターにインストールされている必要があります。
    968389認証の拡張の保護
    970430HTTP プロトコル スタック (http.sys) で認証の拡張保護を実装する更新プログラムの説明
    973917インターネット インフォメーション サービス (IIS) の認証の拡張保護を実装する更新プログラムの説明
    975955修正プログラムが提供されて、サービスの .NET Framework 3. 5 Service Pack 1 でセキュリティで保護されたメッセージを受信する場合は、複数のスレッドを使用することができますからエンドポイントの動作を追加
    981201修正プログラム サポートの拡張保護できるように ASP.NET 2. 0 は
    981202修正プログラムの拡張保護のため、.NET Framework 3. 5 Service Pack 1 では、Windows Vista で、Windows Server 2008 でサポートを有効に利用できます。
    981205修正プログラムが提供されて、拡張保護認証機能を .NET Framework 3. 5 Service Pack 1 での WCF Windows Vista の場合、Windows Server 2008 の追加

サポートされている言語

AD FS 2. 0 は、以下の言語でサポートされています。
  • 簡体字中国語
  • 繁体字中国語
  • チェコ語
  • オランダ語
  • 英語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • ハンガリー語
  • イタリア語
  • 日本語
  • 韓国語
  • ポーランド語
  • ポルトガル語 (ブラジル)
  • ポルトガル語 (イベリア半島)
  • ロシア語
  • スペイン語
  • スウェーデン語
  • トルコ語

ダウンロード情報

次のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードのとおりです。
パッケージ名サポートされている Windows オペレーティング システムプラットフォームダウンロード ファイルのサイズ
AdfsSetup.exeWindows Server 2008 R2x6424.04 MB
AdfsSetup.exeWindows Server 2008 SP2x6442.64 MB
AdfsSetup.exeWindows Server 2008 SP2x8638.66 MB

DownloadDownload the Active Directory Federation Service 2.0 package now.

リリース日: 2010 月 5日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください:
119591Q119591 How to Obtain Microsoft Support Files from Online Services
マイクロソフトではこのファイルのウイルス チェックを行っています。マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しています。このファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

Active Directory フェデレーション サービス 2. 0 の詳細について

技術的な詳細とホワイト ペーパーの詳細については、次の概要」を参照してください。

Windows オペレーティング システムについてをアップグレードします。

AD FS 2. 0 の Windows Server 2008 を実行しているコンピューターに展開がある場合は、Windows Server 2008 R2 にお使いの Windows オペレーティング システムをアップグレードするときに AD FS 2. 0 が自動的にアンインストールされます。Windows オペレーティング システムをアップグレードした後、Windows Server 2008 R2 の AD FS 2. 0 のインストール パッケージをインストールする必要があります。

フェデレーション サーバーにある以前の構成データを保持し、AD FS 2. 0 を再インストールした後、データを復元する場合は、「Windows をアップグレードする前に"と」Windows をアップグレードした後"のセクションの手順を実行します。

Windows をアップグレードする前に

オペレーティング システムをアップグレードする前に、ネットワーク上のファイル サーバーに AD ファイル ・ システム サービスの構成ファイルをコピーします。サービス アカウントは、AD FS 2. 0 の Windows サービスが使用されます。以下が手順例となります:
  1. 次の AD FS 2. 0 のインストール フォルダーに移動します。
    % システム drive%\Program Files\Active Directory フェデレーション サービス 2. 0
  2. 次の構成ファイルを安全なバックアップ場所にコピーします。
    Microsoft.IdentityServer.Servicehost.exe.config
  3. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、services.msc を入力し、[OK] をクリックします。
  4. マウスの右ボタンでクリックし AD FS 2. 0 の Windows サービス、し、[プロパティ] をクリックします。
  5. [ログオン] タブで、AD が使用されるサービス アカウント メモ FS 2. 0 の Windows サービス。

Windows のアップグレード後

AD FS 2. 0 を再インストール、以前の構成を復元するには、サービス アカウントを復元するレジストリ設定を設定し、適切なサービスを開始します。以下が手順例となります。

メモ次の手順を完了したら、このフェデレーション サーバー アップグレードの前に存在していた AD FS 2. 0 の前のインストールが復元されます。
  1. AD FS 2. 0 を再インストールします。
  2. "Windows をアップグレードする前に」のセクションの手順 2 で保存する次の構成ファイルをコピーします。
    Microsoft.IdentityServer.Servicehost.exe.config
  3. 次の AD FS 2. 0 のインストール フォルダーを探し、手順 2 でこの場所に記載されているファイルをコピーします。
    % システム drive%\Program Files\Active Directory フェデレーション サービス 2. 0
  4. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、regedit を入力し、[OK] をクリックします。
  5. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\adfssrv
  6. [編集] メニューの [新規作成] をポイントし、[文字列] をクリックします。
  7. InitialConfigurationCompleted を入力し、Enter キーを押します。
  8. InitialConfigurationCompleted、マウスの右ボタンでクリックし、[変更] をクリックします。
  9. 値のデータ] ボックスに、TRUE を入力し、[OK] をクリックします。
  10. [ファイル] メニューの [レジストリ エディターを終了します 終了] をクリックします。
  11. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、services.msc を入力し、[OK] をクリックします。
  12. Windows 内部データベースを AD FS 2. 0 の構成データベースとして使用する場合は、次の手順を実行します。それ以外の場合は、12 の手順を省略し、手順 13 に進みます。
    1. Windows 内部データベース (マイクロソフト ##SSEE)、マウスの右ボタンでクリックし、[プロパティ] をクリックします。
    2. 開始サービスの状態 フィールドが表示されない場合は、[全般] タブで、[Windows 内部データベース サービスを開始するのには [スタート] をクリックします。
    3. [OK] をクリックします。
  13. マウスの右ボタンでクリックし AD FS 2. 0 の Windows サービス、し、[プロパティ] をクリックします。
  14. [ログオン] タブで、元のバックアップをサービス アカウント名と、AD が使用されるパスワード提供 FS 2. 0 の Windows サービス。
  15. [全般] タブで、[スタートアップの種類] ボックスの一覧の [自動] をクリックします。
  16. 開始サービスの状態 フィールドが表示されない場合は、AD を開始するのには [スタート] ボタンをクリックし FS 2. 0 の Windows サービス。
  17. [OK] をクリックします。

プライバシー ステートメント情報

AD FS 2. 0 以下の Windows Server のプライバシーに関する声明が対象です。
技術的なリビジョン
重要な技術的なリビジョンをこの資料の例を次に示します。リビジョン番号と最終確認日この資料の軽微な編集上の改定またはテーブルに含まれていないこの記事への変更履歴を構造を示している可能性があります。
日付リビジョン
2010 月 5日元の発行日

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:974408 - 最終更新日: 05/05/2010 15:42:00 - リビジョン: 1.0

Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 Service Pack 2

  • kbhowto kbdownload kbtshoot kbupdate atdownload kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB974408 KbMtja
フィードバック
/html>t" async=""> var varAutoFirePV = 1; var varClickTracking = 1; var varCustomerTracking = 1; var Route = "76500"; var Ctrl = ""; document.write("