現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Antigen 9. 0 Service Pack 2 の修正プログラム ロールアップ 1 の説明

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:975355
概要
マイクロソフトは、Microsoft Antigen 9. 0 Service Pack 2 の修正プログラム ロールアップ 1 を公開しました。この資料は、プログラムのロールアップの入手方法およびプログラムのロールアップで修正される問題について説明します。

このプログラムのロールアップには Antigen 9. 0 Service Pack 2 でのすべての修正プログラムが含まれています。 Service Pack 2 に含まれている修正プログラムの詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料を表示するのには、次資料番号をクリックします。
971063Antigen 9. 0 Service Pack 2 での説明
詳細

修正プログラム ロールアップの新機能

  • StarEngine サービスですが停止される SpamCure の選択を解除するとき
    スパム対策エンジンを選択した Antigen 9. 0 Service Pack 2 プログラムのロールアップ 1、SpamCure のスパム対策エンジンが使用されている場合でも、実行するサービスを続行します StarEngine は、Cloudmark より前のバージョンの Antigen やスパム対策エンジンが選択されていません。これは、StarEngine サービスをメモリとリソース使用に続けられたことを意味します。プログラムのロールアップ 1 では、StarEngine サービスが Antigen 管理ツールで選択されていないと、スキャン ジョブが無効になっている場合は停止します。たとえば、エンジンの更新が発生したか、サービスがリサイクルされると起こります。スキャン ジョブを再度有効にすると、StarEngine サービスは停止したままになります。
  • Antigen 9. 0 SP2 バージョンの Exchange のプログラムのロールアップ 1 に追加の診断ログ機能 Cloudmark エンジンにはが含まれています
    プログラムのロールアップ 1 Antigen 9. 0 SP2 バージョンの Exchange 用の Cloudmark エンジンに関する追加の診断情報を記録するための新機能を追加します。指示がのみこれを行うマイクロソフト カスタマーサービス & サポート (CSS) であった場合は、このログを有効にすることをお勧めします。

    重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生する可能性があります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下サポート技術情報をクリックしてください:
    322756バックアップし、では、Windows レジストリを復元する方法

    追加 Cloudmark の診断を有効にするように指示された場合はログを Exchange バージョン 9. 0 SP2 用の Microsoft Antigen プログラム ロールアップ 1 をインストールし、次の手順を実行します。

    Cloudmark コンテンツ スキャナー診断用
    これらの診断について Cloudmark ProgramLog.txt ファイルにログに記録します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、regedit を入力し、[OK] をクリックします。
    2. 以下のレジストリ キーを探してクリックします:

      Exchange の Antigen 用。
      HKEY_LOCAL_MACHINE/SOFTWARE/Sybari Software/Antigen for Exchange
      SMTP の Antigen 用。
      HKEY_LOCAL_MACHINE/SOFTWARE/Sybari Software/Antigen for SMTP
    3. [編集] メニューの [新規作成] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
    4. ContentScannerDiagnosticsLevel を入力し、Enter キーを押します。
    5. [編集] メニューの [変更 を] をクリックします。
    6. 1 と入力し、[OK] をクリックします。
    7. レジストリ エディターを終了
    新しい設定を有効にするのには、Antigen 管理 UI の [全般オプション] 領域で変更を加えます。これは、レジストリ設定を再読み込みした新しいレジストリ値を表示して Antigen が発生します。

    レジストリ値には、次のように設定に対応しています。
    ContentScannerDiagnosticsLevel:
    • 0: ログをすべて Cloudmark 署名の更新情報が無効になります。
    • 1: すべての Cloudmark の署名の更新情報を記録できます。
    • 6: ログのエラー情報のみを有効にします。
    Cloudmark エンジン アダプター ETW ログについて
    これらの診断 Cloudmark エンジン アダプターの追加情報を別の ETW トレース ファイルにログに記録します。
    1. コマンド プロンプトを開き、新しいトレースを作成するのには、次のコマンドを実行します。
      logman トレース Forefront-o c:\CloudmarkAdapterLog.etl-p"{b873680d-be62-4181-b678-bb651fa11c25}"-f bincirc - 最大 1000年の作成
    2. データ収集を開始するのには、次のコマンドを実行します。
      logman によって Forefront の開始
    3. この問題を再現します。
    4. データの収集を停止するのには、次のコマンドを実行します。
      logman によって Forefront を停止します。
    5. ETW からトレースを削除するのには、次のコマンドを実行します。
      logman によって Forefront の削除
    6. トレース ファイルを出力フォルダーから収集します。たとえば、c:\CloudmarkAdapterLog.etl からファイルを収集します。
  • Antigen 9. 0 Service Pack 2 プログラムのロールアップ 1 Cloudmark 機関エンジン Antigen コンソールでの現在の署名のバージョンを表示します。
    1 日を通じて Cloudmark 機関エンジンを更新すると、管理者、特定の署名バージョン Antigen アドミニストレーター スキャナーの更新] で表示できるようになりました。Cloudmark は毎分約マイクロの新しい更新をダウンロードします。これは、署名のバージョン] ボックスの選択したエンジンのバージョンの数値として表示されます。バージョン番号、日付と最後のマイクロ更新のダウンロードの時間 (24 時間) から構成されています。たとえば、次のシグネチャのバージョン Cloudmark 最後 9 月 23日午後 4時 18分で更新されたことを示します。
    9.23.16.18
    Antigen アドミニストレーターでは Cloudmark シグネチャのバージョンを表示するには、[設定] をクリックし、スキャナーの更新] をクリックします。
  • Antigen 9. 0 Service Pack 2 プログラムのロールアップ 1 の機関エンジンの Cloudmark と SpamCure エンジンのパフォーマンス カウンターが用意されています

    SpamCure および Cloudmark 機関エンジン Antigen 9. 0 Service Pack 2 プログラムのロールアップ 1 は、次のパフォーマンス カウンターが追加されます。
    • Cloudmark のスキャンの平均時間
    • 平均の Cloudmark メッセージ スキャン レート
    • Spamcure のスキャンの平均時間
    • 平均の Spamcure メッセージ スキャン レート
  • 追加情報を追加するのには、電子メール メッセージのヘッダーのスパム対策の検出
    Antigen の Cloudmark によってスパム検出のスキャンがすべての電子メールには、次の情報をメッセージがかをスパムとしてが検出されたかどうかにかかわらず、メール ヘッダーをで追加します。
    X MS-スパム レポート: data
    メモdata のプレースホルダーに Cloudmark をメールが迷惑メールやスパムがであると判断された理由を説明する Cloudmark 固有のデータです。 この情報 Cloudmark、迷惑メールの検出に役立つ情報が表示されます。

修正プログラム ロールアップ 1 に Antigen 9. 0 SP2 で修正される問題

すべての Service Pack とロールアップを Antigen 9. 0 に含まれている修正プログラムに加えて、この修正プログラム ロールアップは、次の問題が修正されます。

修正プログラムのロールアップで修正される問題の詳細

  1. Scan engine updates fail, and the Antigen logs do not provide a valid error
  2. Mail is not scanned after you apply a new template in Antigen 9.0
  3. The AntigenClient.exe process in Antigen for Exchange version 9.0 may crash. This generates a Dr. Watson crash that references Bucket ID 1177692600
  4. Engine deprecation notifications continue to be sent even though the engine was disabled from all scan jobs and scanner updates.
  5. AntigenService crashes in Antigen 9.0 after you save changes that you made in the Antigen General Options panel
  6. Antigen 9.0 may detect that valid Office 2003 Word documents contain CorruptedComperssedFile viruses
  7. Antigen 9.0 may generate the following error in the ProgramLog.txt: "ERROR: AntigenInternet process returned 80010105 while processesing message"
  8. A scan engine update fails and generates a warning in the ProgramLog.txt file

メモ特に明記しない限り、次の製品には、ここに記載されているすべての修正プログラムを適用します。
Antigen 9. 0 のバージョンの Exchange の
Antigen Exchange バージョン 9. 0 SP1 用
Antigen Exchange バージョン 9. 0 SP2 には
Antigen の SMTP ゲートウェイ バージョン 9. 0
Antigen の SMTP ゲートウェイ バージョン 9. 0 SP 1
Antigen の SMTP ゲートウェイ バージョン 9. 0 SP 2
  1. スキャン エンジンの更新に障害が発生した場合、および Antigen ログは提供しません有効なエラー
    現象
    スキャン エンジンの更新が失敗した場合は、通常は考えられる原因を示す ProgramLog.txt ファイルに記録にエラーが発生しました。ただし、この場合は、ProgramLog.txt に記録されるエラー エンジンの更新の失敗をトラブルシューティングするのには不十分です。

    次のエラー メッセージが ProgramLog.txt ファイルに記録されます。 ScanEngineName のプレースホルダーに実際は更新されたスキャン エンジンの名前が含まれています。
    情報: ScanEngineName スキャン エンジンの Antigen ダウンロード済み
    情報: ScanEngineName スキャン エンジンの Antigen ステージングされました。
    情報: ScanEngineName のスキャン エンジンのテストします"。
    エラー: ScanEngineName のスキャン エンジンをロードできません。hr = 0x800C0102。 ScanEngineName のスキャン エンジンを読み込み中にエラーが発生しました。
    エラー: (0x00000002) システム指定のファイルが見つかりません。 ScanEngineName のスキャン エンジンのテストに失敗しました。hr = 0x80004005

    原因
    この問題は、DatabasePath のレジストリ キーに無効な文字が含まれている場合に発生します。したがって中のすべてのエンジンが発生したエンジン テストが失敗を更新し、障害が発生するすべての連続した更新プログラムがします。

    たとえば、DatabasePath レジストリ キーは、次の構成がある場合はこれが発生します。
    J:\\\\ProgramFiles\\AntigenCluster
    この例では、追加の円記号 (\) 文字が無効です。

    解像度
    プログラムのロールアップ 1 をインストールした後、次のエラー メッセージ以前のエラー メッセージ instead of ProgramLog.txt ファイルに記録されます。
    エラー: データベースのパスをレジストリに存在しません。
  2. メールがないスキャン Antigen 9. 0 で新しいテンプレートを適用した後
    現象
    Antigen 9. 0 のバージョンで新しいテンプレートを適用すると、SMTP メールはウイルスに感染していないかどうかがスキャンされます。

    次のエラー メッセージが ProgramLog.txt ファイルに記録されます。
    エラー: scanjob.cpp::Load(): pStream->Read() 0x80010108 が返されました
    エラー: scanjob.cpp::Load(): 無効な署名します。

    原因
    テンプレートは、プッシュされたときテンプレート プッシュで、新しい設定を置き換える前にプログラムのロールアップ 1 の前に、ScanJob 設定クリア。このプロセスの一環で新しい設定は既にクリアされている古い設定置き換えない問題が発生する可能性があります。このため、ScanJob は、必要な設定が含まれています。そのため、メールをスキャンすることができません。
  3. 、AntigenClient.exe プロセス Antigen 9. 0 のバージョンの Exchange でクラッシュする可能性があります。これは、バケット ID 1177692600 を参照、ワトソン博士のクラッシュ生成
    現象
    Antigen 9. 0 のバージョンの Exchange で、AntigenClient.exe プロセスがクラッシュする可能性があります。これにはバケット ID 1177692600 を参照、ワトソン博士のクラッシュが生成されます。 クラッシュは、次コール スタック ダンプが生成されます。
    ANTIGENCLIENT.EXE!memcpy [MEMCPY.ASM]
    ANTIGENCLIENT.EXE!CScanJob::ChangeFilterListName [scanjob.cpp]
    ANTIGENCLIENT.EXE!ChangeFilterList [antigenfiltering.cpp]
    ANTIGENCLIENT.EXE!CListNamesPane::OnNotify [antigenfiltering.cpp]
    ANTIGENCLIENT.EXE!CRoundedWnd::WndProc [roundedwnd.cpp]
    USER32.DLL! InternalCallWinProc [callproc.asm]
    USER32.DLL! UserCallWinProcCheckWow [clmsg.c]
    USER32.DLL! SendMessageWorker [clmsg.c]
    USER32.DLL! SendMessageW [cltxt.h]
    COMCTL32.DLL! CCSendNotify [notify.c]
    COMCTL32.DLL! ListView_DismissEdit [lvicon.c]
    COMCTL32.DLL! ListView_OnCommand [listview.c]
    COMCTL32.DLL! ListView_WndProc [listview.c]
    USER32.DLL! InternalCallWinProc [callproc.asm]
    USER32.DLL! UserCallWinProcCheckWow [clmsg.c]
    USER32.DLL! CallWindowProcAorW [clmsg.c]
    USER32.DLL! CallWindowProcW [clmsg.c]
    ANTIGENCLIENT.EXE!CListPane::SubclassListViewProc [roundedwnd.cpp]
    USER32.DLL! InternalCallWinProc [callproc.asm]
    USER32.DLL! UserCallWinProcCheckWow [clmsg.c]
    USER32.DLL! SendMessageWorker [clmsg.c]
    USER32.DLL! SendMessageW [cltxt.h]
    USER32.DLL! ECNotifyParent [editec.c]
    USER32.DLL! SLKillFocus [editsl.c]
    USER32.DLL! SLEditWndProc [editsl.c]
    USER32.DLL! EditWndProc [editec.c]
    USER32.DLL! EditWndProcWorker [editec.c]
    USER32.DLL! EditWndProcW [editec.c]
    USER32.DLL! InternalCallWinProc [callproc.asm]
    USER32.DLL! UserCallWinProcCheckWow [clmsg.c]
    USER32.DLL! CallWindowProcAorW [clmsg.c]
    USER32.DLL! CallWindowProcW [clmsg.c]
    COMCTL32.DLL! ListView_EditWndProc [lvicon.c]
    USER32.DLL! InternalCallWinProc [callproc.asm]
    USER32.DLL! UserCallWinProcCheckWow [clmsg.c]
    USER32.DLL! DispatchClientMessage [client.c]
    USER32.DLL! __fnDWORD [ntcb.h]
    NTDLL.DLL!KiUserCallbackDispatcher [userdisp.asm]
    USER32.DLL! NtUserSetFocus [usrstubs.c]
    USER32.DLL! InternalCallWinProc [callproc.asm]
    USER32.DLL! UserCallWinProcCheckWow [clmsg.c]
    USER32.DLL! DispatchMessageWorker [clmsg.c]
    USER32.DLL! DispatchMessageW [cltxt.h]
    ANTIGENCLIENT.EXE!wWinMain [antigenclient.cpp]
    ANTIGENCLIENT.EXE!__tmainCRTStartup [crt0.c]
    KERNEL32.DLL! BaseProcessStart [support.c]

    適用するには
    Microsoft Antigen 9. 0 SP1 バージョンの Exchange 用のプログラムのロールアップ 5
    Antigen 9. 0 SP2 バージョンの Exchange の
  4. 通知の続行に送信されたエンジンを無効にすべてのスキャン ジョブやスキャナーからでも未推奨をエンジンの更新
    現象
    新機能が Antigen 9. 0 のバージョンの Service Pack 2 に追加されたどのスキャンで廃止されるエンジン製品から削除されます。電子メール通知が管理者に退職する前に送信されます。旧バージョンのエンジンがエンジンの更新をすべてスキャン ジョブを無効になっていても、Antigen 9. 0 Service Pack 2 を SMTP ゲートウェイのバージョンでは、管理者がこれら退職通知を受信します。

    原因
    この問題は、どのスキャン エンジンがスキャン ジョブを有効になっているを確認するコードが同じ Antigen がおよび Antigen の SMTP ゲートウェイであるために発生します。エンジンのクイック スキャンは Antigen SMTP ゲートウェイのインストールを無効になっていることを確認できないように、Antigen の SMTP ゲートウェイは、クイック スキャンはありません。

    適用するには
    Antigen 9. 0 SMTP ゲートウェイの SP2
  5. AntigenService がクラッシュ Antigen 9. 0 Antigen の全般オプション] パネルで行った変更を保存した後で
    現象
    Antigen の 全般オプション] パネルで、変更を行い、[保存] をクリックすると、AntigenService サービスがクラッシュする可能性があります。

    クラッシュ Antigen 管理者のスキャン ジョブ] パネルに移動するときに確認されます。次のエラーは、コンソールの一番下に表示されます。
    リアルタイムの Scanjob に接続できません。
    次のアプリケーション ログのエラーも記録されます。
    AntigenService サービスが予期せず終了しました。
    TheProgramLog.txt は、エラーは記録されません。
  6. Antigen 9. 0 が検出を有効な Office 2003 の Word ドキュメント格納 CorruptedCompressedFile ウイルス
    現象
    Antigen 9. 0 は有効な Office 2003 文書 CorruptedCompressedFiles として誤って検出します。添付ファイルとして、ウイルスが削除されます。

    電子メールの添付ファイルが削除され、されインシデント インシデント パネルという] Antigen CorruptedCompressedFile ウイルスとしてファイルを削除することでログに記録されます。ProgramLog.txt ファイルには、次のエントリが含まれています。
    情報: リアルタイム スキャンはウイルスが見つかりました: フォルダー: Folder Name の記憶域の Group\file メッセージの名前: 件名行の問題: CorruptedCompressedFile 状態: 削除
    ここで Folder Name のプレースホルダーが Antigen ウイルスを発見するフォルダーの名前です。

    原因
    このエラーは Antigen Word ドキュメントを解析しようメソッドによって発生します。
  7. Antigen 9. 0 は、ProgramLog.txt で次のエラーを生成することがあります:"エラー: プロセスの AntigenInternet 80010105 processesing のメッセージ中に返される"
    現象
    Antigen 9. 0 は次のエラーが ProgramLog.txt で生成することがあります。
    エラー: プロセスの AntigenInternet 80010105 processesing のメッセージ中に返される

    原因
    このエラーは Antigen MimeNavigator.dll ファイルの問題が起こります。
  8. スキャン エンジンの更新が失敗し ProgramLog.txt ファイル内の警告が生成されます。
    現象
    Antigen のいずれかの場合外部エンジン ベンダー サブディレクトリ内のパッケージ ファイルを組み込んで、エンジンの更新のリリースでは、Antigen エンジンの更新は失敗します。次の警告は、ProgramLog.txt ファイルに記録されます。
    スキャナーをインストールすると同期オブザーバーによって障害が発生しました。 操作 = 0x00000001。 C:\Program Files\Microsoft Antigen の Exchange\Engines\x86\ (EngineName) \Bin\bases/stt/

    原因
    この問題は、Antigen サブディレクトリ内でその更新プログラム パッケージが含まれているすべてのエンジンが正常に更新できない場合に発生します。

修正プログラム ロールアップをインストールする方法

  1. サービス パックやロールアップ実行可能ファイルをダブルクリックして、インストーラーを実行します。

    メモ インストーラーを実行しているし、Exchange と Antigen サービスが停止している、メールの流れを一時的に停止します。
  2. インストールが完了しているし、Exchange と Antigen サービスが再起動された後 (自動的にインストール時に発生)、Antigen が正常に動作しているかどうか確認してください。

    メモ Antigen のサービス パックやロールアップも FFSMC 展開ジョブを使用してインストールできます。詳細については、Forefront Server セキュリティの管理コンソールのユーザー ガイドの展開ジョブ」を参照してください。ここでは、インストーラーはサイレント モードで実行してユーザー入力の必要はありません。実行可能ファイルをダブルクリックして、インストーラーを実行すると、残りの処理と同じままになります。

前提条件

この修正プログラム ロールアップ Antigen 9. 0 Service Pack 2 が必要です。 Antigen 9. 0 Service Pack 2 を取得する方法の詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料を表示するのには、次資料番号をクリックします。
971063Antigen 9. 0 Service Pack 2 での説明

ファイル情報

この修正プログラムには、製品を最新のビルドに更新するために必要なファイルがすべて含まれているとは限りません。この修正プログラムには、この資料に記載されている問題を修正するために必要ファイルのみが含まれています。

この修正プログラムの英語 (U. S.) 版のファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次の表示します。これらのファイルの日時を世界協定時刻 (UTC) で示します。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。UTC および現地時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用します。
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Aexmladapter.dll9.2.1097.60525,82403-9 月-2009 年17: 48x86
Ant5inst.dll9.2.1097.60963,07203-9 月-2009 年17: 48x86
Antigenasj.dll9.2.1097.60313,85603-9 月-2009 年17: 48x86
Antigenclient.exe9.2.1097.601,185,28003-9 月-2009 年17: 48x86
Antigendiag.exe9.2.1097.60286,72003-9 月-2009 年17: 48x86
Antigeninternet.exe9.2.1097.60823,29603-9 月-2009 年17: 48x86
Antigenmanual.exe9.2.1097.60813,56803-9 月-2009 年17: 48x86
Antigenpmdll.dll9.2.1097.60294,91203-9 月-2009 年17: 48x86
Antigenpmsetup.exe9.2.1097.60272,38403-9 月-2009 年17: 49x86
Antigenrealtime.exe9.2.1097.60794,11203-9 月-2009 年17: 49x86
Antigenservice.exe9.2.1097.601,499,64803-9 月-2009 年17: 49x86
Antigensmtpsink.dll9.2.1097.60430,08003-9 月-2009 年17: 49x86
Antutil.exe9.2.1097.60316,92803-9 月-2009 年17: 49x86
Fsecontentscanner.exe9.2.15.0670,06403-9 月-2009 年19: 33x86
Getenginefiles.exe9.2.1097.60600,06403-9 月-2009 年17: 49x86
Mimenavigator.dll9.2.1097.60296,96003-9 月-2009 年17: 49x86
Scanenginetest.exe9.2.1097.60527,36003-9 月-2009 年17: 48x86
Sfxcab.exe9.2.1097.5643,00803-9 月-2009 年19: 36x86
Smimenavigator.dll9.2.1097.60221,69603-9 月-2009 年17: 48x86
Structstgnavigator.dll9.2.1097.60272,89603-9 月-2009 年17: 48x86
Sybariave.dll適用しません。557,56803-9 月-2009 年19: 35x86
Synchelper.dll1.2.0.110474,11203-9 月-2009 年19: 34x86
Tnefnavigator.dll9.2.1097.60283,13603-9 月-2009 年17: 48x86
Custom.dll適用しません。73,72803-9 月-2009 年19: 37x86
Updspapi.dll6.3.13.0382,8402007 年 7 月 27 日17: 41x86
パフォーマンス モニター、パフォーマンス モニターは、カウンター、エンジン、リソース、Antigen、免責事項、予定表、招待状、招待、メモリ、ディスク領域、豊富な Antigen、キーワード、数値、フィルター一覧の最小、独自のヒット数の更新プログラムを 920198427、博士

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:975355 - 最終更新日: 03/19/2010 06:54:00 - リビジョン: 8.0

Microsoft Antigen 9.0 for Exchange Service Pack 2, Microsoft Antigen 9.0 for SMTP Gateways Service Pack 2

  • kbfix kbregistry kbhotfixrollup atdownload kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB975355 KbMtja
フィードバック
html>or="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='true';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" onload="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='false';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" src="http://c1.microsoft.com/c.gif?">