現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Hyper-V の役割がインストールされ、コードネームが Nehalem である 1 つ以上の Intel CPU を使用する Windows Server 2008 R2 ベースのコンピューターで "0x00000101 - CLOCK_WATCHDOG_TIMEOUT" という Stop エラー メッセージが表示される

現象
次のような状況で問題が発生します。
  • Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターに Hyper-V の役割がインストールされています。
  • このコンピューターで 1 つ以上の Intel CPU (コードネーム Nehalem) を使用します。たとえば、サーバーの Nehalem CPU が Intel Xeon プロセッサ 5500 シリーズであり、クライアントの Nehalem CPU が Intel Core-i プロセッサ シリーズである場合です。
この状況で、次の Stop エラー メッセージが表示されます。


0x00000101 (parameter1, 0000000000000000, parameter3, 000000000000000c)
CLOCK_WATCHDOG_TIMEOUT
原因
この問題は、Intel のコードネーム Nehalem プロセッサを使用するコンピューターで正しくない割り込みが生成されるために発生します。このような割り込みは、次の Intel ドキュメントに記載された既知のエラーにより発生します。これらの Intel ドキュメントを表示するには、次のリンクをクリックしてください。
Intel Xeon プロセッサ 5500 番台スペック アップデート、2009 年 9 月
http://www.intel.com/assets/pdf/specupdate/321324.pdf
Intel Core i7-800 および Intel Core i5-700 デスクトップ プロセッサ シリーズ スペック アップデート、2009 年 10 月
http://download.intel.com/design/processor/specupdt/322166.pdf
他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、将来予告なしに変更されることがあります。マイクロソフトは、掲載されている情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。
解決方法
この修正プログラムは、Intel プロセッサが搭載されたコンピューターにのみ有効です。

修正プログラムの情報

マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、ここで説明する問題が発生しているシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことを推奨します。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、Microsoft Customer Service and Support にお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

: 別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストを作成することが必要になる場合があります。特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。Microsoft Customer Service and Support の電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。:「ダウンロード」フォームには、修正プログラムを入手できる言語が表示されます。使用している言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが存在しないことになります。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、他の修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

修正プログラム (グローバル版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。
Windows Server 2008 R2 のファイル情報メモ
  • 特定の製品、マイルストーン (RTM、SPn)、および区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、次表に記載されているファイルのバージョン番号を調べると確認できます。
    バージョン製品マイルストーン区分
    6.1.760 0.16xxxWindows Server 2008 R2RTMGDR
    6.1.760 0.20xxxWindows Server 2008 R2RTMLDR
  • GDR 区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされているそれらの修正プログラムのみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。
  • 各環境にインストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は、「Windows Server 2008 R2 の追加ファイル情報」セクションに別々に一覧表示されています。MUM と MANIFEST ファイルおよび関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するのに重要です。属性の一覧が表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。
修正プログラム (英語版) のファイル属性は次の表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。

サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 R2 (x64 ベース)
File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Hvax64.exe6.1.7600.16485643,07213-Dec-200905:55x64
Hvboot.sys6.1.7600.16385118,86414-Jul-200901:48x64
Hvix64.exe6.1.7600.16485707,07213-Dec-200905:55x64
Hvax64.exe6.1.7600.20595643,07213-Dec-200907:08x64
Hvboot.sys6.1.7600.16385118,86414-Jul-200901:48x64
Hvix64.exe6.1.7600.20595707,07213-Dec-200907:08x64

サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 R2 (x64 ベース) の追加ファイル

File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Amd64_6ac22d266d67e0b790ec450bd08df4d7_31bf3856ad364e35_6.1.7600.16485_none_c7ffe3a2bc1847cd.manifestNot Applicable71014-Dec-200909:32Not Applicable
Amd64_82285e6be069dec1e715d87517dd0a29_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20595_none_a9d8b55020e8f787.manifestNot Applicable71014-Dec-200909:32Not Applicable
Amd64_microsoft-hyper-v-drivers-hypervisor_31bf3856ad364e35_6.1.7600.16485_none_8c4646ee7f364b85.manifestNot Applicable3,98514-Dec-200909:32Not Applicable
Amd64_microsoft-hyper-v-drivers-hypervisor_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20595_none_8cc513cd985c0740.manifestNot Applicable3,98514-Dec-200909:32Not Applicable
Update.mumNot Applicable1,45614-Dec-200909:32Not Applicable
回避策
コンピューターの BIOS ファームウェア オプションを使用して ACPI (Advance Configuration and Power Interface) をオフにすることができます。 ファームウェアにこのオプションがない場合は、ソフトウェアによる回避策で対応できます。レジストリ キーを設定することにより、ACPI C2-state および C3-state を無効にすることができます。これを実行するには、次の手順を実行します。
  1. コマンド プロンプトで、次のコマンドを実行します。
    reg add HKLM\System\CurrentControlSet\Control\Processor /v Capabilities /t REG_DWORD /d 0x0007e066
  2. コンピューターを再起動します。
: より深い ACPI C-state (プロセッサ アイドル スリープ状態) が無効になっている場合、コンピューターのアイドル状態の電力消費は大幅に増加します。Windows Server 2008 R2 では、Xeon 5500 シリーズのこれらの、より深い C-state を主要な省電力機能として使用します。

このような省電力状態によるメリットを引き続き享受するには、この資料に記載されている修正プログラムをインストールした後、手順 1. で設定したレジストリ キーを削除します。レジストリ キーを削除するには、次の手順を実行します。
  1. コマンド プロンプトで、次のコマンドを実行します。
    reg delete HKLM\System\CurrentControlSet\Control\Processor /v Capabilities /f
  2. コンピューターを再起動します。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
ソフトウェア更新プログラムに関する用語の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。
プロパティ

文書番号:975530 - 最終更新日: 10/11/2011 06:25:00 - リビジョン: 2.0

  • kbbug kbfix kbqfe kbexpertiseinter kbhotfixserver kb3rdpartyhardware kbautohotfix kbsurveynew kbhyperv KB975530
フィードバック
var varClickTracking = 1; var varCustomerTracking = 1; var Route = "76500"; var Ctrl = ""; document.write("