更新プログラムは Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の UDF ファイル システム ドライバー (Udfs.sys)の更新プログラムが利用できます。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:975617
概要
更新プログラムが利用可能なユニバーサル ディスク フォーマット (UDF) ファイル システム ドライバー (Udfs.sys) Windows 7 および Windows Server 2008 R2。

この更新プログラムには、udfs.sys の中で次の問題が修正されます。
  • 問題 1

    Windows 7 または Windows Server 2008 R2 で、Windows バックアップを使用して DVD-RW にいくつかの大きなファイルをバックアップしようとするとします。ただし、バックアップ操作が失敗した場合、次のようなエラー メッセージが表示されます。
    論理ブロック アドレス (SCSI_ADSENSE_ILLEGAL_BLOCK) の範囲外です。
    さらに、 取り出し 関数は機能しません。したがって、次の手順に従って、DVD-RW を取り外すことができません。
    1. [開始] をクリックし、[コンピューター] をクリックします。
    2. DVD-RW ドライブを右クリックし、[取り出し] をクリックします。
    注: <b> Windows 7 または Windows Server 2008 R2 の DVD にファイルをバックアップする方法の詳しい手順についてを参照してください、 「Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の DVD にファイルをバックアップするには」 セクションです。

  • 問題 2

    "USB フラッシュ ・ ドライブ」などの形式で、DVD ± RW をフォーマットして、DVD ± RW にいくつかのファイルを記述します。取り出しから RW +/-には、この DVD を DVD ± RW ドライブに挿入すると、DVD ± RW にファイルを書き込むことはできません。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。
    予期しないエラーが原因でファイルをコピーします。引き続きこのエラーが表示される場合は、この問題のヘルプを検索するエラー コードを使用できます。
    エラー 0x8007045D: I/O デバイス エラーのため、要求を実行できませんでした。
    注: <b> "USB フラッシュ ・ ドライブ」などの形式は、UDF 形式の一種です。

  • 問題 3

    DVD ± R は"USB フラッシュ ・ ドライブ」などの形式でフォーマットします。DVD ± R にファイルを書き込むときに、書き込み速度が非常に遅いたとえば、Windows Vista を実行しているコンピューターに約 20 秒間にかかる R. +/-の DVD に 100 メガバイト (MB) ファイルを書き込むただし、Windows 7 でかかる R. +/-DVD に同じファイルを書き込むためのいくつかの時間


詳細

この更新プログラムに関する既知の問題

この更新プログラムをインストールした後、コンピューターのブルーレイ ドライブに Windows エクスプ ローラーが書き込み可能なブルーレイ ディスク (BD R) を挿入するときの応答停止する問題が発生する可能性があります。この問題を解決するには、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
978526 修正: Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターのブルーレイ ドライブに書き込み可能の BD-R を挿入する時、 Windows エクスプ ローラーが応答を停止可能背があります。

更新プログラムの情報

この更新プログラムの入手方法

マイクロソフトではサポートされている更新します。

更新プログラムがダウンロード可能な場合は、このサポート技術情報の記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されない場合は、更新プログラムを入手するには、マイクロソフト カスタマー サービス &amp; サポートにお問い合わせください。

注: <b>さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。追加の質問およびこの特定の更新プログラムの対象とならない問題は、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 注: <b>「修正プログラムのダウンロード」フォームには、更新プログラムの利用可能な言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合、は、更新プログラムが、その言語ではありませんのでです。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、 Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行している必要があります

再起動の必要性

この更新プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

レジストリ情報

このパッケージの更新プログラムを使用するのには、レジストリを変更する必要はありません。

再起動の必要性

この更新プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この更新プログラムの英語 (米国) バージョンは、次の表に記載されている属性を持つファイルをインストールします。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ローカル タイムでは、現在の夏時間 (DST) バイアスで、日付および時刻、ローカル コンピューター上のこれらのファイルが表示されます。また、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。
Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のファイル情報メモ
重要: 同じパッケージには、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の更新プログラムが含まれます。
  • 特定の製品、マイルス トーン (RTM、SPn)、サービス区分 (LDR、GDR) されるファイルは、次の表に示すように、ファイルのバージョン番号を調べることにより識別できます。
    バージョン製品マイルストーンサービス区分
    6.1.760 0.16xxxWindows 7 および Windows Server 2008 R2RTMGDR
    6.1.760 0.20xxxWindows 7 および Windows Server 2008 R2RTMLDR
  • Gdr には、広範囲にわたる非常に重要な問題に対処幅広くリリースされている修正プログラムのみが含まれています。LDR サービス区分には、幅広くリリースされている修正プログラムに加えて、緊急性の高い修正プログラムが含まれます。
サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows 7
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻
Udfs.sys6.1.7600.16435246,7842009 年 10 月-07-02:30
Udfs.sys6.1.7600.20543246,7842009 年 10 月-07-02:28
すべての サポートされたx64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2 および Windows 7
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻
Udfs.sys6.1.7600.16435327,6802009 年 10 月-07-02:34
Udfs.sys6.1.7600.20543327,6802009 年 10 月-07-02:39
サポートされているすべての IA-64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻
Udfs.sys6.1.7600.16435820,7362009 年 10 月-07-01:52
Udfs.sys6.1.7600.20543820,7362009 年 10 月-07-02:03
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の DVD にファイルをバックアップする方法

  1. [スタート] をクリックして[スタート] ボタン .
  2. [検索] ボックスで、次のように入力します。 バックアップと復元、し、ENTER キーを押します。
  3. 左側のパネルでは、システム イメージの作成をクリックします。
  4. 1 つまたは複数の Dvdの場合をクリックし、[次へ] をクリックします。
  5. バックアップの開始、バックアップ ・ プロセスを開始する] をクリックします。
UDF ファイル システム ドライバー udfs.sys Windows 7 の Windows Server 2008 R2 バックアップ DVD-RW 論理ブロック アドレスの範囲 (SCSI_ADSENSE_ILLEGAL_BLOCK) のような USB フラッシュ ・ ドライブが予期しないエラーが原因でファイルをコピーします。引き続きこのエラーが表示される場合は、この問題のヘルプを検索するエラー コードを使用できます。エラー 0x8007045D: I/O デバイス エラーのため、要求を実行できませんでした。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:975617 - 最終更新日: 04/08/2016 07:35:00 - リビジョン: 9.0

Windows 7 Starter, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Ultimate, Windows Web Server 2008 R2, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Datacenter

  • kbautohotfix kbfix kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbqfe kbmt KB975617 KbMtja
フィードバック