現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[FIX] 個々 のメッセージに末尾の区切り記号が含まれていると送信バッチ作成が失敗しました。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:975761
現象
以下のシナリオを考えます:
  • Microsoft BizTalk アクセラレータ HL 7 (BTAHL7) で構成エクスプローラーで、有効にする、末尾の区切り文字を許可する (セパレーター)、取引先のパーティの [入力規則] タブのオプション。
  • 作成バッチ シナリオでは、いずれかの異なる入力メッセージ末尾の区切り記号が含まれています。

    メモ 別の入力メッセージが出力バッチに BTAHL7 を組み合わせると、作成バッチ シナリオ シナリオです。 詳細については、[その他の情報] セクションを参照してください。
このシナリオでは、[末尾の区切り文字を許可する (セパレーター) オプションは適用されません。 したがって、送信バッチ作成は失敗します。 さらに、エラー メッセージは、アプリケーション イベントには、次のようなログに記録されます。

イベントの種類: エラー
イベント ソース: BizTalk アクセラレータ HL7 用
イベント ID: 4133
説明: シリアル化中にエラー #1 の本文に、エラーが発生しました。
セグメント ID: PID_PatientIdentification
シーケンス番号: <Sequence Number>
数値フィールド: <Field number>
エラー番号: 207
エラーの説明: アプリケーションの内部エラー
システム エンコード: HL7nnnn
代替のエラー番号: Z100
代替のエラーの説明: 見つかりません区切りを後続
代替エンコード システム: HL7-BTA

原因
この問題は、BizTalk でエラーのために発生 HL7 2. 0 用のアクセラレータ。
解決方法

修正プログラムについて

マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。 ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正することを目的としたものです。 この問題が発生しているシステムにのみ、この修正プログラムを適用してください。

修正プログラムのダウンロードに使用できる場合は、この「サポート技術情報」(Knowledge Base) 資料の先頭に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。 このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービスとサポート修正プログラムを入手するのには、要求を送信します。

メモ 別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストを作成することが必要になる場合があります。 特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。 Microsoft 顧客サービスとサポートの完全な一覧についての電話番号または個別のサービス要求を作成するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:-。 メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムを使用可能な言語が表示されます。 お使いの言語が表示されていない場合は、修正プログラムがその言語で利用できないためにです。

前提条件

Microsoft BizTalk アクセラレータ HL7 2. 0 のこの修正プログラムを適用するのにはインストールされているし、Microsoft BizTalk Server 2006 R2 いる必要があります。

再起動の要件

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。 ただし、この修正プログラムを適用した後、BizTalk ホスト インスタンスを再起動する必要があります。 この手順の詳細については、Readme.txt に参照が修正プログラム パッケージに含まれているファイル。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、他の修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版のファイル属性は次の表のとおりです。 世界協定時刻 (UTC) では、日付と時刻をこれらのファイルに一覧表示されます。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC および現地時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用します。
Microsoft BizTalk Server 2006 R2
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Microsoft.solutions.btahl7.hl72fasm.dll2.0.314.059,25622-9 月から 200923: 24x86

状況
マイクロソフトでは、この問題を記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
検証設定を構成する方法の詳細については、[次のマイクロソフト開発者向けネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。 作成バッチ シナリオの詳細については、次のマイクロソフト開発者向けネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。

プロパティ

文書番号:975761 - 最終更新日: 10/29/2009 04:16:00 - リビジョン: 1.1

Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Branch, Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Developer Edition, Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Enterprise Edition, Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Standard Edition

  • kbfix kbqfe kbbtsaccelerators kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew kbbiztalk2006r2sp1fix KB975761 KbMtja
フィードバック