現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

EWS の RemoveDelegate 操作が失敗し、Exchange Server 2007 サーバーで 500 内部サーバー エラー応答とイベント ID 4999 が、ログオンしています。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:975903
現象
以下のシナリオを考えます:
  • Microsoft Exchange Server 2007 を実行するコンピューターをあります。
  • 元金のメールボックスに証明を使用するか、AddDelegate 操作の Exchange Web サービス (EWS) を使用してデリゲートを追加します。
  • 代理人のメールボックスを削除したり、削除するデリゲートの Active Directory アカウント。
  • 元金のメールボックスに他のデリゲートを追加するには、EWS の AddDelegate の操作を使用しています。
  • EWS の RemoveDelegate 操作を使用して、プリンシパルのメールボックスからデリゲートを削除しようとしました。
EWS の RemoveDelegate 操作を呼び出すときにこのシナリオでは、500 内部サーバー エラー、Exchange Server 2007 サーバーから受信します。 さらに、次のイベントは、Exchange クライアント アクセス サーバーのアプリケーション イベント ログに記録されます。


ログの名前: アプリケーション
MSExchange 共通のソース:
イベント ID: 4999
タスクのカテゴリ: 全般
レベル: エラー
説明:
プロセス ID を dw20.exe に送信されようとしてワトソン博士のレポート: <ID> でパラメーターの xxxx: E12IIS、友人、右から左 (RTL)-AMD64 <version number>、Web サービス、M.E.D.Storage、M.E.D.S.Rule.ParticipantFromAdrEntry、System.ArgumentException、<callstackHash><version number>. ErrorReportingEnabled: True

原因
代理人のメールボックスが Exchange Server 2007 組織から削除すると、対応するデリゲート エントリの元金のメールボックスのプロパティで、削除されるわけではありません。EWS の AddDelegate 操作を使用して他のデリゲートを追加すると、このデリゲートの孤立したエントリが NULL に変換されます。 次に、EWS の後で RemoveDelegate 操作は失敗します。
解決方法
この問題を解決するには、次の更新プログラムのロールアップをインストールします。
972076Exchange Server 2007 の Service Pack 2 の更新プログラムのロールアップ 2 の説明
状況
マイクロソフトでは、この資料の対象製品」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
EWS の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:975903 - 最終更新日: 01/22/2010 22:29:00 - リビジョン: 1.1

Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 2

  • kbfix kbqfe kbhotfixrollup kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB975903 KbMtja
フィードバック
ld(m);