.NET Framework の ASP.NET インライン数式の概要

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:976112
はじめに
この資料でには次の概要が含まれています。ASP.NET インライン式:
  • <% ... %>
  • <%= ... %>
  • <%@ ... %>
  • <%# ... %>
  • <%$ ... %>
  • <%-- ... %>
  • <%@ ... %>
詳細

< %... %> のコード ブロックを埋め込む

埋め込みコード ブロックは、旧バージョンとの互換性を維持するために使用されます。従来の ASP では。ブロック内のコードは、プログラミング ステートメントを実行できます。ページのレンダリング中に現在のページ クラスの関数を呼び出すフェーズです。

次の例は、ASP.NET ページMicrosoft Visual Basic .NET のサンプル コードでは、表示する埋め込みコード ブロックループの結果:
<%@ Page Language="VB" %><html><body>    <form id="form1" runat="server">    <% For i As Integer = 16 To 24 Step 2%>    <div style="font-size: <% Response.Write(i)%>">        Hello World<br />    </div>    <% Next%>    </form></body></html>
埋め込みコード ブロックは、常に HTML ソースでは、混在しているため、開発者は読み、それらを維持することは困難です。

を埋め込みのコード ブロックでは、ASP.NET Web ページの詳細についてを参照してください、次のマイクロソフトの開発者ネットワーク (MSDN) Web サイト。

< % %> の表示式を... =

< % =... % > の表示のみが含まれている、埋め込みコード ブロックの同等の式で、Response.Write(...) ステートメント。これは情報を表示する最も簡単な方法です。1 つの文字列、int 変数、または定数など。

たとえば、次のサンプル コードは、現在の時刻が表示されます。
<%@ Page Language="VB" %><html><body>    <form id="form1" runat="server">    <%=DateTime.Now.ToString() %>    </form></body></html>
表示する式で使用できないことに注意してください、サーバー コントロールの属性。これは、ためには、.NET Framework を直接内容を表示するのではなく正規表現に、値として全体をコンパイルします。属性です。

詳細については情報を表示する方法ASP.NET から、次の MSDN Web サイトを参照してください。

< % @... %> ディレクティブの式

ディレクティブの式の設定を指定する構文のです。それらを処理すると、ページおよびユーザー コントロールのコンパイラによって使用されます。ASP.NET の Web フォーム (.aspx) ページおよびユーザー コントロール (.ascx) ファイル。

をASP.NET ページ フレームワークは、次のディレクティブをサポートしています。
@ Page使用されるページ固有の属性を定義します。ASP.NET ページ パーサーとコンパイラによって。.Aspx ファイルだけに含めることができます。
* このディレクティブ名は、ASP.NET Web フォーム ページでのみ使用できます。
@ Control定義コントロール固有の属性ASP.NET ページ パーサーとコンパイラによって使用されます。.Ascx にのみ含めることができます。ファイル (ユーザー コントロール)。
* このディレクティブ名は、ユーザーにのみ使用できます。ファイルを制御します。
@ Importページに明示的に名前空間をインポートします。ユーザー コントロールにします。
@ Implements宣言によってことを示すページがやユーザー コントロールは、指定された.NET Framework インターフェイスを実装します。
@ Register名前空間にエイリアスを関連付けるし、クラス名を使用します。これは、ユーザー コントロールおよびカスタム サーバー コントロールができます。要求されたページまたはユーザー コントロールに含まれている場合に表示。
@ Assemblyアセンブリを現在のページにリンクコンパイル時にします。アセンブリのクラスおよびインターフェイスになりますページで使用できます。
@ MasterASP.NET のマスター ページを識別します。
@ WebHandlerIHttpHandler の ASP.NET ページを識別します。
@ PreviousPageType厳密なを取得することができます。に対して、前のページがPreviousPageプロパティを通じてアクセスされると次のように入力します。
@ MasterTypeASP.NET ページのMasterプロパティをクラス名を割り当てます。説明ASP.NET マスター ページへの厳密に型指定された参照を作成する方法。
@ OutputCache出力を宣言によって制御します。ポリシーのページまたはユーザー コントロールのキャッシュします。
@ Reference宣言ページまたはユーザーにリンクします。現在のページのコントロールまたはユーザー コントロール。
ディレクティブの構文の詳細についてを参照してください、次の MSDN Web サイトします。

< %#... %> のデータ バインド式

バインディングをサーバー間でのデータ バインディング式を作成します。コントロール プロパティとデータ ソース コントロールのDataBindメソッドをサーバー コントロールのページ上に呼び出されるとします。

次の例にデータ バインディング式を使用する方法を示しています。文字列関数から、ラベルのTextプロパティにバインドします。
<%@ Page Language="VB" %><script runat="server">    Protected Function SayHello() As String        Return "Hello World"    End Function    Protected Sub Page_PreRender(ByVal sender As Object, ByVal e As System.EventArgs)        lblHello.DataBind()    End Sub</script><html><body>    <form id="form1" runat="server">    <asp:Label ID="lblHello" runat="server" Text="<%# SayHello%>"></asp:Label>    </form></body></html>
データ バインディング式の構文の詳細についてを参照してください、次の MSDN Web サイトします。

< %$... %> 式ビルダー

式ビルダーを使用してコントロール プロパティの値を設定しますアプリケーションの構成に含まれている情報に基づいて、またはリソース ファイル。式ビルダーの基本構文を次に示します。
<%$ Expression Prefix: Expression Value %>
ASP.NET にはドル記号 ($) を示しますが、次の式は、式ビルダーです。式のプレフィックスを定義します。AppSettingsConnectionStringsリソースなどの式の種類。さらに、作成し、独自の式ビルダーを定義することができます。をコロンの後の式の値 (:) は実際には ASP.NET を使用するです特定のプロパティの値として。

次のデモに示す方法式ビルダーを使用して、 AppSettingsノードでは、Web.config ファイルと、著作権情報のリテラルの文字列プロパティの値として設定する方法、Web サイトの著作権を取得します。

Web.config ファイルのAppSettingsノード:
<appSettings>    <add key="copyright" value="(c) Copyright 2009 WebSiteName.com"/></appSettings>
式ビルダーで、ASP.NET Web フォーム ページ。
<div id="footer">    <asp:Literal ID="Literal1" runat="server" Text="<%$ AppSettings: copyright %>"></asp:Literal></div>
ASP.NET 式の詳細については、次を参照してください。MSDN Web サイトします。

< %--では...-%> は、サーバー側コメント ブロック

サーバー側コメント ブロックは、開発者がコードのコメントを埋め込むことができます。ASP.NET Web フォーム ページの HTML ソースの任意の場所で以外の内<script></script>
<%@ Page Language="VB" %><script runat="server">    Protected Sub Page_Load(ByVal sender As Object, ByVal e As System.EventArgs)        Dim strName As String        strName = Session("userName")        lblUserName.Text = strName    End Sub</script><html><body>    <form id="form1" runat="server">    <%-- Label for UserName --%>    <asp:Label ID="lblUserName" runat="server" Text=""></asp:Label>    </form></body></html>
サーバー側コメントの詳細については、次を参照してください。MSDN Web サイトします。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:976112 - 最終更新日: 01/27/2013 07:40:00 - リビジョン: 11.0

Microsoft .NET Framework 2.0, Microsoft .NET Framework 3.0, Microsoft .NET Framework 3.5

  • kbsurveynew kbinfo kbhowto kbexpertiseadvanced kbmt KB976112 KbMtja
フィードバック