Windows 7 を新規インストールした後、Windows メールで使用していたデータを Windows 7 上の Windows Live メールに読み込む方法

はじめに
この資料では、Windows メールのデータをバックアップせずに Microsoft Windows 7 を新規インストール (カスタム インストール) した場合に、これまで使用していた Winodows メールのデータを Windows 7 上の Windows Live メールに読み込む方法を説明します。

Windows XP、または Windows Vista がインストールされていたコンピューターに Windows 7 を新規インストールすると自動的に Windows.old フォルダーが生成されます。Windows.old フォルダーには、以前の Windows で使用していたファイルが保存されます。ここでは、Windows.old フォルダーに保存されている Windows メール のメール データを手動で Windows 7 上の Windows Live メールに読み込む方法を説明します。
Windows Live メールで Windows.old フォルダーから Windows メールのデータを手動で読み込む方法

メール メッセージ

  1. Windows Live メールを起動します。
  2. 左上の青いタブをクリックします。
  3. [メッセージのインポート] をクリックします。
  4. [Windows メール] を選択し、[次へ] をクリックします。
  5. [参照] ボタンをクリックします。
  6. Windows.old フォルダー内の Windows Mail フォルダーを指定し、[次へ] をクリックます。

    : 標準では以下の場所を指定してください。
    C:\Windows.old\Users\[ユーザー名]\AppData\Local\Microsoft\Windows Mail
  7. インポートするフォルダーを選択し、[次へ] をクリッします。
  8. [完了] ボタンをクリックします。

アドレス帳

  1. Windows.old フォルダー内のアドレス帳を開きます。

    : 通常は c:\windows.old\ユーザー\[ユーザー名]\アドレス帳 です。
  2. アドレス帳に追加したいファイルをダブルクリックして開きます。

  3. [アドレス帳に追加] をクリックします。

  4. [OK] をクリックします。

  5. Windows Live メールの 画面左下のメニューから [アドレス帳] をクリックします。
  6. [ホーム] タブの [インポート] をポイントし、[現在の Windows ユーザーのアドレス帳] をクリックします。
  7. インポートが完了したら [OK] をクリックします。

プロパティ

文書番号:976200 - 最終更新日: 09/20/2016 12:09:00 - リビジョン: 3.0

Windows Live Mail, Windows 7 Enterprise, Windows メール, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Starter, Windows 7 Ultimate

  • kbhowto kbharmony kbexpertisebeginner KB976200
フィードバック