現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

SQL Server Analysis Services Windows 7 または Windows Server 2008 の Office Live アドイン 1.4 または Windows Live ID でサインインをインストールした後の R2 にアプリケーションからのインスタンスに接続できないアシスタント 6.5

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:976419
現象
次のシナリオを検討してください。
  • Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行している、コンピューターがあります。
  • Microsoft® Office Live のアドインが 1.4 または Windows Live ID サインイン アシスタント 6.5 をコンピューターにインストールします。

    メモ Office ライブ イン 1.4 Windows Live ID サインイン アシスタント 6.5 を自動的にインストールされます。
SQL Server Analysis Services のキューブには、アプリケーションを接続するときに、次のエラー メッセージが表示されます。
サーバー上のセキュリティ データベースにこのワークステーションの信頼関係に対するコンピューター アカウントがありません。
メモ Office Excel 2007 または Office Excel 2010 のベータ版から SQL Server Analysis Services のインスタンスに接続すると、頻繁にこの問題が発生します。
原因
Windows Live ID サインイン アシスタント 6.5 のセキュリティ サポート プロバイダー (SSP) の新しいパッケージをインストールします。SSP パッケージは、セキュリティ サポート プロバイダー インターフェイス (分析サービスの OLE DB プロバイダーが NTLM 認証に切り替えるできませんに使用される SSPI) が発生します。
解決方法

修正プログラムの情報

前提条件

この修正プログラムをインストールするための前提条件はありません。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後にコンピューターを再起動するとして必要。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは Windows 7 または Windows サーバー 2008 R2 の更新プログラムまたは修正プログラム代わりにはなりません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール パネルの項目。
Windows 7 と Windows サーバー 2008 R2 のファイル情報のメモ
  • 特定の製品、マイルス トーン (RTM、SPn)、適用、および区分 (LDR、GDR) のサービスは、ファイルを次の表に示すように、ファイルのバージョン番号を調べる識別できます。
    バージョン製品マイルス トーンサービスの分岐
    6.1.760 0.16xxxWindows 7 と Windows サーバー 2008 R2RTMGDR
    6.1.760 0.20xxxWindows 7 と Windows サーバー 2008 R2RTMLDR
  • GDR サービス ブランチには広範囲にわたる、重要な問題に対処するには幅広くリリースされている修正プログラムのみが含まれます。Ldr に修正プログラムに加えて、幅広くリリースされている修正プログラムが含まれます。
  • マニフェスト ファイル (.manifest) とインストールされている、MUM ファイル (.mum) 各環境 別途記載 「追加のファイル情報は、Windows Server 2008 R2 および Windows 7」のセクションでします。Mum ファイルと MANIFEST ファイルおよび関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために重要です。属性の一覧が表示されていないセキュリティ カタログ ファイルをマイクロソフトのデジタル署名で署名されています。
サポートされているすべての Windows 7 の x86 ベースのバージョン x
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
Cng.sys6.1.7600.16385369,5682009 の 7 月 14 日01: 17
Ksecdd.sys6.1.7600.1638567,6642009 の 7 月 14 日01: 20
Ksecpkg.sys6.1.7600.20547133,7042009 の 10 月 12 日06: 01
Lsasrv.dll6.1.7600.205471,037,3122009 の 10 月 12 日05: 49
Lsasrv.mof該当なし13,7802009 の 6 月 10 日21: 33
Lsass.exe6.1.7600.1638522,5282009 の 7 月 14 日01: 14
Secur32.dll6.1.7600.1638522,0162009 の 7 月 14 日01: 16
Sspicli.dll6.1.7600.1638599,8402009 の 7 月 14 日01: 16
Sspisrv.dll6.1.7600.1638515,3602009 の 7 月 14 日01: 16
サポートされているすべての Windows Server 2008 R2 および Windows 7 の x64 ベース バージョン x
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
Cng.sys6.1.7600.16385460,5042009 の 7 月 14 日01: 43
Ksecdd.sys6.1.7600.1638595,3122009 の 7 月 14 日01: 48
Ksecpkg.sys6.1.7600.20547153,1602009 の 10 月 12 日06: 29
Lsasrv.dll6.1.7600.205471,446,9122009 の 10 月 12 日06: 17
Lsasrv.mof該当なし13,7802009 の 6 月 10 日20: 52
Lsass.exe6.1.7600.1638531,2322009 の 7 月 14 日01: 39
Secur32.dll6.1.7600.1638528,1602009 の 7 月 14 日01: 41
Sspicli.dll6.1.7600.16385136,1922009 の 7 月 14 日01: 41
Sspisrv.dll6.1.7600.1638528,6722009 の 7 月 14 日01: 41
サポートされているすべての Itanium ベース バージョンの Windows Server 2008 R2 の
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
Cng.sys6.1.7600.16385787,7362009 の 7 月 14 日01: 52
Ksecdd.sys6.1.7600.16385179,2642009 の 7 月 14 日01: 58
Ksecpkg.sys6.1.7600.20547307,2722009 の 10 月 12 日05: 21
Lsasrv.dll6.1.7600.205472,654,7202009 の 10 月 12 日05: 08
Lsasrv.mof該当なし13,7802009 の 6 月 10 日20: 57
Lsass.exe6.1.7600.1638556,3202009 の 7 月 14 日01: 44
Secur32.dll6.1.7600.1638548,6402009 の 7 月 14 日01: 48
Sspicli.dll6.1.7600.16385275,4562009 の 7 月 14 日01: 49
Sspisrv.dll6.1.7600.1638545,0562009 の 7 月 14 日01: 49
回避策
この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1: は、Kerberos 認証プロトコルを使用すると、Analysis Services サーバーを構成します。

詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
917409 SQL Server 2008 Analysis Services および SQL Server 2005 Analysis Services の Kerberos 認証を使用するを構成する方法

方法 2: LiveSSP のコンポーネントの登録を解除します。

  1. レジストリ エディターで、次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsa
  2. セキュリティ パッケージのレジストリ エントリをダブルクリックします。
  3. で、 複数行文字列を編集します。 ダイアログ ボックスで、[を含む行を削除、 livessp 値をし [OK].
  4. コンピューターを再起動します。

方法 3: Windows Live ID サインイン アシスタント 6.5 をアンインストールします。

メモ Windows Live ID サインイン アシスタント 6.5 をアンインストールするのには、管理者をする必要があります。
  1. [コントロール パネル] をクリックします。 [プログラムと機能.
  2. 下にあります。 アンインストールするか、プログラムを変更します。を右クリックし、 Windows ID サインイン アシスタントをライブします。 アイテムをクリックし アンインストール.
Windows Live ID サインイン アシスタント 6.5 をアンインストールすると、次の条件が発生します。
  • Office Live シングル サインオン (SSO) 機能を使用するを元に戻します。
  • Office Live のワークスペースから、Office クライアント アプリケーションに署名すると、Office クライアント アプリケーションが応答を停止可能性があります。
  • Windows Live ID の認証がオンになっている Web サイトを開くと、ない複数の資格情報を選択できます。
  • Microsoft アイデンティティ クライアント ランタイム ライブラリ (IDCRL) が削除されます。

    メモ IDCRL Live ID クライアント Api のセットが用意されています。
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

Warning: This article has been translated automatically

プロパティ

文書番号:976419 - 最終更新日: 08/15/2011 02:53:00 - リビジョン: 3.0

  • kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB976419 KbMtja
フィードバック