Windows XP、または Windows Vista 上の Outlook のデータを、別の Windows 7 コンピューター上の Outlook に移行する方法 (Windows 転送ツールを使用)

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

はじめに
この資料では、Microsoft Windows XP、または Microsoft Windows Vista がインストールされたコンピューター上の Microsoft Outlook のデータを Microsoft Windows 7 がインストールされた別のコンピューター上のOutlook に移行する方法を説明します。

ここでは、Windows 転送ツール (WET) を使用して、Windows XP、または Windows Vista がインストールされたコンピューター上の Outlook のメール、アカウント設定、アドレス帳のデータをいったん外部メディアに保存した後、Windows 7 がインストールされた別のコンピューター上の Outlook で復元します。次の手順を順番に実行してください。

手順 1 : Windows XP、または Windows Vista 上の Outlook のデータを保存する
手順 2 : Windows 7 上の Outlook にデータを復元する

: 今までお使いのコンピューターに Outlook がインストールされているかどうかを確認するには、[スタート] ボタン、[すべてのプログラム] を順にクリックして [Microsoft Office] グループが存在するか確認します。存在した場合、さらに [Microsoft Office] グループをクリックして開きます。その中に Outlook が表示される場合は、お使いのコンピューターに Outlook がインストールされていますので、この資料の手順に従ってくださいOutlook がインストールされていなかった場合の移行方法などについては 「関連情報」セクションにある他のサポート技術文書を参照してください。

この資料は、初級レベルから中級レベルのコンピューター ユーザーを対象にしています。
Windows XP、または Windows Vista 上の Outlook のデータを別の Windows 7 コンピューター上の Outlook に移行する方法 (Windows 転送ツールを使用)

手順 1 : Windows XP、または Windows Vista 上の Outlook のデータを保存する

Windows 7 の Windows 転送ツールを使うと、簡単にデータのバックアップを作成し移行することができます。この手順についての詳細は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
Windows 転送ツールを使って Windows XP のデータをバックアップする
http://www.microsft.com/japan/windows/windows-7/guide/upgrade05.mspx
: このマイクロソフト Web サイトでは、Windows XP のデータのバックアップ方法が紹介されていますが、Windows Vista でも同様の手順でデータをバックアップすることができます。

: Windows 7 の DVD-ROM をお持ちでない場合は、この手順を行う前に Windows 転送ツールを準備する必要があります。
  1. Windows 7 がインストールされたコンピューターで [スタート] ボタン[スタート] ボタンをクリックし、[プログラムとファイルの検索] に「Windows 転送ツール」と入力し、[Windows 転送ツール] をクリックします。



  2. [次へ] をクリックします。

  3. これから使用する Windows 7 のコンピューター にデータを転送する方法を選択します。ここでは、[外付けハード ディスクまたは USB フラッシュ ドライブ] をクリックします。

  4. 現在使用しているコンピューターを選択します。[これは新しいコンピューターです] をクリックします。

  5. 今までのコンピューターのファイルをすでに保存しているかを選択します。[いいえ] をクリックします。

  6. Windows 転送ツールを今までのコンピューターにインストールするかを選択します。 [ここでインストールする必要があります] をクリックします。

  7. Windows 転送ツールをインストールするメディアを選択します。 ここでは [USB フラッシュ ドライブ] をクリックします。

  8. Windows 転送ツールが用意したメディアにコピーされます。

  9. コピーが完了すると、次の手順を説明する画面が表示されます。Windows 7 上での作業はここでいったん終了です。[X] をクリックし画面を閉じます。Windows 転送ツールをインストールしたメディアを Windows 7 のコンピューターから取り外します。

  10. これまで使用していたコンピューターに Windows 転送ツールをインストールしたメディアを接続し、Windows Vista の場合は [コンピュータ]、Windows XP の場合は [マイコンピュータ] などで開きます。

  11. メディアの中の [Windows 転送ツール] ショートカットをダブルクリックし、Windows 転送ツールを起動します。Windows Vista でユーザー アカウント制御管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
  12. 以降の手順については、次のマイクロソフト Web サイトを参照して、今までお使いのコンピューター上でデータのバックアップを行ってください。

    Windows 転送ツールを使って Windows XP のデータをバックアップする
    http://www.microsft.com/japan/windows/windows-7/guide/upgrade05.mspx

    : このマイクロソフト Web サイトでは、Windows XP のデータのバックアップ方法が紹介されていますが、Windows Vista でも同様の手順でデータをバックアップすることができます。


手順 2 : Windows 7 上の Outlook にデータを復元する

Windows Vista 上で Outlook のデータの保存が終了したら、Windows 転送ツールを使用してWindows 7 上の Outlook にデータを復元します。
  1. 手順 1 でバックアップしたデータを Windows 7 で復元します。この手順についての詳細は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    バックアップした Windows XP のデータを Windows 7 に復元する
    http://www.microsft.com/japan/windows/windows-7/guide/upgrade06.mspx

    : このマイクロソフト Web サイトでは、Windows XP のデータの復元方法が紹介されていますが、 Windows Vista のデータも同様の手順で復元することができます。

    : Windows 転送ツールを利用して今までのコンピューターから新しいコンピューターにデータを移行する場合、データだけでなく、Windows のユーザー アカウントも移行されます。

    たとえば、今までのコンピューターの「ABC」というユーザー アカウントを移行すると、新しいコンピューターの「ABC」というユーザー アカウントに対してデータや設定が移行されます。新しいコンピューターに「ABC」というユーザー アカウントがなかった場合は、自動的に「ABC」というユーザー アカウントが新しいコンピューターに作成され、データや設定が移行されます。

    また、今現在 Windows 転送ツールを使っているユーザー アカウントが「ABC」以外のものであれば、各種データはユーザー アカウント「ABC」の元に移行されるため、現在のユーザー アカウント上にはデータや設定は移行されません。この場合は、いったん現在のユーザー アカウントからログオフし、今まで使っていたコンピューターから移行してきたユーザー アカウントでログオンしなおしてください。この際、新たにパスワードの設定を求められる場合があります。
  2. コンピューターが再起動したら、Outlook を起動します。
  3. 転送したデータが自動的に取り込まれます。
関連情報
Outlook がインストールされていなかった場合など、その他の移行パターンについては、下記いずれかのサポート技術情報を参照してください。
  • 今までお使いのコンピューター (移行元コンピューター)にOutlook がインストールされている場合

    2477235 Windows XP、または Windows Vista 上の Outlook のデータを、別の Windows 7 コンピューター上の Outlook に移行する方法 (Outlook データ ファイルを使用)
    976598  Outlook がインストールされている Windows XP コンピューター上の Outlook Express のデータを、別の Windows 7 コンピューター上の Outlook に移行する方法 (Windows 転送ツールを使用)
    2476652 Outlook がインストールされている Windows XP コンピューター上の Outlook Express のデータを、別の Windows 7 コンピューター上の Outlook に移行する方法 (Outlook データ ファイルを使用)
    976599  Outlook がインストールされている Windows Vista コンピューター上の Windows メールのデータを、別の Windows 7 コンピューター上の Outlook に移行する方法 (Windows 転送ツールを使用)
    2477236 Outlook がインストールされている Windows Vista コンピューター上の Windows メールのデータを、別の Windows 7 コンピューター上の Outlook に移行する方法 (Outlook データ ファイルを使用)

  • 今までお使いのコンピューターに Outlook がインストールされていない場合

    2179162 Outlook がインストールされていない Windows XP コンピューター上の Outlook Express のデータを、別の Windows 7 コンピューター上のOutlook に移行する方法
    2179187 Outlook がインストールされていない Windows Vista コンピューター上の Windows メールのデータを、別の Windows 7 コンピューター上の Outlook 2007 に移行する方法
    2179176 Outlook がインストールされていない Windows Vista コンピューター上の Windows メールのデータを、別の Windows 7 コンピューター上のOutlook 2010 に移行する方法
プロパティ

文書番号:976597 - 最終更新日: 09/20/2016 09:39:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft Outlook 2010, Microsoft Office Outlook 2007, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Starter, Windows 7 Ultimate, Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional, Windows Vista Business, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Ultimate

  • kbexpertisebeginner kbhowto kbharmony KB976597
フィードバック