Office 2007 Service Pack 2 を適用後に Excel 2007 および PowerPoint 2007 で特定の設定をした図形を印刷すると、図形の効果が設定どおりに出力されない場合がある

現象
2007 Microsoft Office system Service Pack 2 (SP2) を適用後に、Microsoft Office Excel 2007 および Microsoft Office PowerPoint 2007 で、以下の設定をした図形を印刷すると、図形の塗りつぶし、または図形の効果が設定どおりに出力されない場合があります。
  • [透過性]
  • [グラデーション]
  • [影]
  • [反射]
  • [光彩]
  • [ぼかし]
  • [面取り]
補足 : 本現象は、Oart.dll のバージョンが 12.0.6425.1000 以降である場合に発生します。
解決方法
この問題を解決するには、以下の修正プログラム パッケージをインストールしてください。
978400 2007 Office system の修正プログラム パッケージ (Oart の x の none.msp、none.msp-Oartconv-x) の説明: 2010 年 2 月 23 日
回避策
修正プログラムを適用せずにこの現象を回避するには、以下のいずかの方法を実行してください。

方法 1 : Microsoft XPS Document Writer で出力して、その出力結果を印刷する

  1. 現象が発生するファイルを開きます。
  2. [Office ボタン] をクリックし [印刷] をクリックします。
  3. [印刷] 画面の [プリンタ] の [名前] ボックス一覧から [Microsoft XPS Document Writer] をクリックし、[OK] をクリックします。
  4. [ファイル名を付けて保存] 画面で出力するフォルダーをクリックし、任意のファイル名を入力して、[保存] ボタンをクリックします。
  5. 手順 4 で保存したファイルを印刷します。

方法 2 : PostScript プリンタで印刷する

  1. 現象が発生するファイルを開きます。
  2. [Office ボタン] をクリックし [印刷] をクリックします。
  3. [印刷] 画面の [プリンタ] の [名前] ボックス一覧から PostScript プリンタをクリックし、[OK] をクリックして印刷します。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細

問題の再現手順 (Excel 2007 の場合)

  1. Excel 2007 を起動します。
  2. [挿入] タブをクリックし、[図] の [図形] をクリックして、任意の図形を挿入します。
  3. [書式] タブをクリックし [図形の効果] をクリックします。
  4. [影] をポイントし、任意の [影の種類] をクリックします。
  5. 図形を選択して右クリックをし、[図形の書式設定] をクリックします。
  6. [塗りつぶし] をクリックし、[透過性] を 60% に設定します。
  7. ファイルを印刷します。

結果

図形の塗りつぶしと影が、設定どおりに出力されません。

問題の再現手順 (PowerPoint 2007 の場合)

  1. PowerPoint 2007 を起動します。
  2. [挿入] タブをクリックし、[図] の [図形] をクリックして、任意の図形を挿入します。
  3. [書式] タブをクリックし [図形の効果] をクリックします。
  4. [反射] をポイントし、任意の [反射の種類] をクリックします。
  5. ファイルを印刷します。

結果

図形の反射部分が、設定どおりに出力されません。
プロパティ

文書番号:976684 - 最終更新日: 10/18/2016 07:03:00 - リビジョン: 6.0

Microsoft Office Excel 2007, Microsoft Office PowerPoint 2007

  • kbexpertiseinter kbexpertisebeginner kbbug kbtshoot kbharmony KB976684
フィードバック