現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Microsoft Dynamics CRM オンラインのカスタマイズを Microsoft Dynamics CRM 4. 0 の組織にインポートしようとすると、エラー メッセージ:「か、ファイルをアップロードできませんでした、または有効なカスタマイズ ファイルではありません」

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:976978
現象
Microsoft Dynamics CRM オンラインのカスタマイズを Microsoft Dynamics CRM 4. 0 の組織にインポートしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
ファイルをアップロードできませんでした、または有効なカスタマイズ ファイルではありません。
原因
この問題は、ファイルをインポートする前に、Microsoft Dynamics CRM オンライン カスタマイズ ファイルを Microsoft Dynamics CRM 4. 0 のカスタマイズ ファイルに変換する必要があるために発生します。
解決方法
Microsoft Dynamics CRM 4. 0 の最新の累積的な更新プログラムのロールアップでこの問題を解決します。
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
949256Microsoft Dynamics CRM 4. 0 更新プログラムおよび修正プログラム

Microsoft Dynamics CRM の最新の累積的な更新プログラムのロールアップをインストールした後、CRM 4. 0 のカスタマイズ ファイルに変換、CRM オンライン カスタマイズ ファイル必要があります。 以下が手順例となります:
  1. Microsoft Dynamics CRM 4. 0 の更新プログラムのロールアップ 7 をダウンロードします。 これを行うには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください: http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=en&FamilyID=a4893988-7804-4e23-ab58-740441cc696e
  2. ダウンロードしたファイルをフォルダーに保存します。
  3. [スタート] をクリックして、実行] をクリックして、cmd を入力し、[OK] をクリックします。
  4. 更新プログラムのロールアップ 7 を Microsoft Dynamics CRM 4. 0 のファイルを含むフォルダーにディレクトリを変更し、CRMv4.0-KB971782-i386-サーバー-ENU.exe/x を入力し、Enter キーを押します。
  5. 抽出したファイルを保存するかどうかを確認するメッセージが表示されたら [保存] をクリックします。
  6. ディレクトリ ツール/Customizationmigrationprocessor ディレクトリに変更します。 ディレクトリが展開されたファイルが保存された手順 5 で置かれています。
  7. コマンド プロンプトで、[Customizationmigrationprocessor] フォルダーにある、Migrationprocessortool.exe ファイルを実行します。 これを行うには、次のコマンドを実行します。
    migrationprocessortool Customizationfile

    メモ
    • Customizationfile プレースホルダーを処理する、Microsoft CRM オンライン カスタマイズ ファイルの場所を表します。
    • Migrationprocessortool.exe ファイルを実行すると、ツールのカスタマイズを処理します。 次に、ツール、Customizationmigrationprocessor フォルダーに ProcessedCustomization.xml という名前を新しいファイルを保存します。
    • ProcessedCustomization.xml ファイルには、カスタマイズの新しいセットが含まれています。
Microsoft Dynamics CRM オンライン カスタマイズを Microsoft Dynamics CRM 4. 0 の組織にインポートするのには、ProcessedCustomization.xml ファイルで、変換後、CRM オンライン カスタマイズ ファイルを CRM 4. 0 のカスタマイズ ファイルを使用します。
詳細
このツールの実行中に次のエラーが予想されます。
プロセッサ InternetMarketingProcessor で検証エラー:
'GetStartedPanePath' 属性が宣言されていません。
'GetStartedPanePathOutlook' 属性が宣言されていません。
'GetStartedPanePathAdmin' 属性が宣言されていません。
'GetStartedPanePathAdminOutlook' 属性が宣言されていません。



MigrationProcessor ツールを実行すると、さまざまなプロセッサをプロセッサ構成ファイルで構成を実行します。 現在のバージョンは、次のプロセッサを実行します。
  • 視覚エフェクトのプロセッサ
  • インターネット マーケティング プロセッサ
  • Helpvisor プロセッサ
  • ホーム ページ プロセッサ

最後のプロセッサを除く、すべてのプロセッサに作業が実際に完了していないクリーンアップでは、同じ要素のさまざまな側面のすべてのプロセッサを扱う場合の処理中に、最後のプロセッサが成功するまで、検証は失敗すると、True に設定して、IgnoreValidationErrors があります。 インターネット マーケティング プロセッサそのジョブが完了したらここで、まだ xsd がまだヘルプ バイザー プロセッサで完了するために必要なクリーンアップ作業と検証エラーを取得するためのマップ検証障害このようなサイトがあります。 構成ファイルの実行では、最後のプロセッサを設定すると一連のプロセッサをすべてクリーンアップのジョブ完了とそれ以上の検証エラー期待できません。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:976978 - 最終更新日: 01/11/2010 19:32:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Dynamics CRM 4.0

  • kberrmsg kbfix kbqfe kbmbsmigrate kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB976978 KbMtja
フィードバック
tml>&t=">