現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

DNS レコードは、BIND DNS サーバーから Windows Server 2003 SP2 ベースの DNS サーバーに転送される DNS データの破損が発生します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:977171
現象
以下のシナリオを考えます:
  • Unix Berkeley インターネット名ドメイン (BIND) DNS サーバーにドメイン ネーム システム (DNS) のプライマリ ゾーンです。
  • Windows Server 2003 Service Pack 2 で (SP2) がセカンダリ DNS ゾーン ベースの DNS サーバー。
  • DNS レコードがプライマリ DNS ゾーンのセカンダリ DNS ゾーンの Windows Server 2003 SP2 ベースの DNS サーバーに BIND DNS サーバーに転送されます。
このシナリオでは、DNS レコードをゾーン転送後、Windows Server 2003 SP2 ベースの DNS サーバーに壊れている可能性があります。 したがって、Windows Server 2003 SP2 ベースの DNS サーバーが名前解決要求を受信すると、誤った IP アドレスが返されます。

メモ この問題は、ゾーン転送形式「多-回答」BIND DNS サーバーとして構成されている場合に発生します。

プライマリ DNS ゾーンの BIND DNS サーバーで DNS レコードの例を次に示します。
Name1    IP1  Name2    IP2  

ゾーン転送後、セカンダリ DNS ゾーンの Windows Server 2003 SP2 ベースの DNS サーバー内の DNS レコードが予期せず変更されます:
Name1 	IP1 	IP2 

原因
ゾーン転送形式を「多-回答」Unix BIND DNS サーバーとして指定すると、DNS レコード、BIND DNS サーバー上で圧縮されます。 ゾーン転送中に、Windows Server 2003 SP2 ベースの DNS サーバーの DNS レコードを展開する必要があります。 ただし、圧縮解除操作でエラーが発生した場合は、DNS レコードが壊れています。
解決方法
メモ この問題を解決するのには、修正プログラム パッケージが影響を受けるに適用する Windows Server 2003 SP2 ベースの DNS サーバー。

修正プログラムについて


マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。 ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正することを目的としたものです。 この修正プログラムは、この資料に記載されている問題が発生しているシステムのみに適用されます。 この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。 この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことを推奨します。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の上部に "修正プログラムのダウンロード" セクションが表示されています。 このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートに問い合わせ、修正プログラムを入手します。

メモ 別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストを作成することが必要になる場合があります。 特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。 マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号一覧を参照する、または別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください: メモ "修正プログラムのダウンロード" セクションは、修正プログラムが提供されている言語で表示されます。 使用している言語で表示されない場合、その言語では修正プログラムは提供されていません。

前提条件

この修正プログラムを適用するのには、DNS サーバーの役割がインストールされている、Windows Server 2003 SP2 ベースのコンピューターを実行する必要があります。Windows Server 2003 Service Pack や、Windows XP Professional x64 Edition サービス パックを入手する方法の詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料を表示するには、以下「Base をクリックします。
889100Windows Server 2003 の最新の Service Pack を入手する方法

レジストリについて

このパッケージで修正プログラムを使用するのには、レジストリを変更する必要はありません。

再起動の要件

この修正プログラムの適用後、コンピュータを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語 (U. S.) 版は、次の表に示す属性を持つファイルをインストールします。 世界協定時刻 (UTC) では、日付と時刻をこれらのファイルに一覧表示されます。 日付と時刻、ローカル コンピューター上のこれらのファイルを現地時刻では、現在の夏時間 (DST) バイアスと表示されます。 特定のファイルに対して操作を実行するとさらに、日付と時刻変更可能性があります。
Windows Server 2003 のファイルについてのメモ
  • これらの表に記載されているファイルに加えて、この修正プログラムも署名された関連セキュリティ カタログ ファイル (文書 number</a0>.cat) インストール マイクロソフトのデジタル署名を使用されます。
サポートされているすべての x86 ベースのバージョンの Windows Server 2003 x
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォームSP の必要性
Afd.sys5.2.3790.4392150,5282008 年 10 月 16 日16: 03x86sp2
Dns.exe5.2.3790.4614451,0722009-04-11 月12: 00x86sp2
Dnsperf.dll5.2.3790.446011,7762009-17-2 月 2 日08: 12x86sp2
Dnsperf.h適用しません。6,6422008 年 4 月 26 日04: 54適用しません。sp2
Dnsperf.ini適用しません。11,5972008 年 4 月 26 日04: 54適用しません。sp2
Mswsock.dll5.2.3790.4318257,0242008 年 6 月 20 日19: 01x86sp2
Tcpip.sys5.2.3790.4573400,89615-8 月から 200908: 27x86sp2
Tcpip6.sys5.2.3790.4573247,48815-8 月から 200907: 31適用しません。sp2
W03a3409.dll5.2.3790.459043,52016-9 月から 200912: 16x86sp2
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows Server 2003 x
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォームSP の必要性区分
Afd.sys5.2.3790.4392292,3522009-05-11 月07: 38x64sp2適用しません。
Dns.exe5.2.3790.4614780,8002009-05-11 月07: 38x64sp2適用しません。
Dnsperf.dll5.2.3790.446014,3362009-05-11 月07: 39x64sp2適用しません。
Dnsperf.h適用しません。6,6422009-05-11 月07: 39適用しません。sp2適用しません。
Dnsperf.ini適用しません。11,5972009-05-11 月07: 39適用しません。sp2適用しません。
Mswsock.dll5.2.3790.4318493,0562009-05-11 月07: 40x64sp2適用しません。
Tcpip.sys5.2.3790.4573798,2082009-05-11 月07: 40x64sp2適用しません。
Tcpip6.sys5.2.3790.4573394,4962009-05-11 月07: 41x64sp2適用しません。
W03a3409.dll5.2.3790.459044,0322009-05-11 月07: 41x64sp2適用しません。
Wdnsperf.dll5.2.3790.446011,7762009-05-11 月07: 41x86sp2おっと
Wmswsock.dll5.2.3790.4318234,4962009-05-11 月07: 41x86sp2おっと
Ww03a3409.dll5.2.3790.459043,5202009-05-11 月07: 41x86sp2おっと
IA x64 ベース バージョンの Windows Server 2003 サポートされているすべて
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォームSP の必要性区分
Afd.sys5.2.3790.4392584,1922009-05-11 月07: 38イ 64sp2適用しません。
Dns.exe5.2.3790.46141,150,9762009-05-11 月07: 38イ 64sp2適用しません。
Dnsperf.dll5.2.3790.446026,6242009-05-11 月07: 39イ 64sp2適用しません。
Dnsperf.h適用しません。6,6422009-05-11 月07: 39適用しません。sp2適用しません。
Dnsperf.ini適用しません。11,5972009-05-11 月07: 39適用しません。sp2適用しません。
Mswsock.dll5.2.3790.4318789,5042009-05-11 月07: 40イ 64sp2適用しません。
Tcpip.sys5.2.3790.45731,336,3202009-05-11 月07: 40イ 64sp2適用しません。
Tcpip6.sys5.2.3790.4573798,8482009-05-11 月07: 41適用しません。sp2適用しません。
W03a3409.dll5.2.3790.459042,4962009-05-11 月07: 41イ 64sp2適用しません。
Wdnsperf.dll5.2.3790.446011,7762009-05-11 月07: 41x86sp2おっと
Wmswsock.dll5.2.3790.4318234,4962009-05-11 月07: 41x86sp2おっと
Ww03a3409.dll5.2.3790.459043,5202009-05-11 月07: 41x86sp2おっと
回避策
この問題を回避するには、「多-回答「を」1 つの解答」BIND DNS サーバーからゾーン転送形式を変更します。
状況
マイクロソフトでは、この問題を記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
Unix BIND DNS サーバーでゾーン転送形式 1 応答と「多-回答」など、2 つの形式に設定できます。 転送形式オプション、マスター サーバーでは、送信形式を決定するために使用されます。

リソース レコードの転送ごとの 1 つの DNS メッセージ 1 応答転送形式が使用されます。 多回答転送形式には、できる限りメッセージでできるだけ多くのリソース レコードが含まれています。 多回答転送形式の方が効率的ですが、新しい下位サーバーでのみサポートされているです。 これらのサーバーには、BIND 9、BIND 8.x、BIND 4.9.5 方向が含まれます。 多回答転送形式も最新の Microsoft Windows ネーム サーバーによってサポートされています。

メモ 既定の転送形式、Unix BIND DNS サーバー上の「多-回答」です。 サーバーのステートメントを使用して転送形式オプション サーバーごとに上書きされる可能性があります。

ソフトウェア更新プログラムに関する用語の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください:
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:977171 - 最終更新日: 12/08/2009 16:42:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)

  • kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB977171 KbMtja
フィードバック
;did=1&t=">