現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

FIX: TDDS_FailedTrackingData テーブル内のデータでは、DTA の削除およびアーカイブの SQL Server エージェント ジョブでは、BizTalk Server によって削除

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:977289
現象
Microsoft BizTalk Server 2006 R2 では、BizTalk 追跡データベースから古いデータを削除するのには、DTA の削除およびアーカイブの SQL Server エージェント ジョブ実行 (BizTalkDTADb)。 ただし、TDDS_FailedTrackingData テーブル内の古いデータには、DTA の削除とアーカイブ ジョブによっては削除されませんが、見つかりません。 したがって、BizTalkDTADb データベース追跡の多くの障害が発生すると、BizTalk Server 2006 R2 が予想よりもよりゆっくりとする場合があります非常に大きく。
原因
この問題が発生したため、DTA の削除およびアーカイブの SQL Server エージェント ジョブには、SQL ステートメント削除する行でにはが含まれていません、TDDS_FailedTrackingData テーブル。
解決方法

更新プログラムに関する情報

BizTalk Server 2006 R2 の


はサポートされている修正プログラムはマイクロソフトから入手可能です。 ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。 この修正プログラムは、この資料に記載された問題が発生しているシステムのみに適用されます。 この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。。 この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことを推奨します。。

修正プログラムがダウンロード可能な場合がこの資料の先頭に「使用可能な修正プログラム ダウンロード」セクションにあります。 このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートに問い合わせ、修正プログラムを入手します。。

メモその他に問題が発生するか、トラブルシューティングが必要な場合は、個別のサービス要求を作成する必要があります。 特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。。 マイクロソフト カスタマー サービスとサポートの完全な一覧についての電話番号または別のサービス要求を作成するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:メモの修正プログラムが使用可能な言語の「使用可能な修正プログラム ダウンロード」フォームが表示されます。 使用している言語で表示されない場合、その言語では修正プログラムは提供されていません。。

前提条件

Microsoft BizTalk Server 2006 R2 インストールに適用する必要があるこの修正プログラム。

再起動の要件

ないと、適用する、コンピューターを再起動するこの修正プログラム。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは交換しないその他の修正プログラム。

ファイル情報

この修正プログラムの 、英語バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表に一覧表示されます。 日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻で表示されます (UTC)。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。。 UTC とローカル時刻との時差を確認するには、使用して、タイム ゾーン] タブで、日付と時刻項目のコントロール パネル] を選択します。
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Bts_tracking_logic.sql該当なし329,226最終更新日: 2009 年 12 月 29 年14: 37該当なし

BizTalk Server 2006 R2 SP1 用


累積的な更新プログラム パッケージ 1 の BizTalk Server 2006 R2 SP1 に含まれる修正プログラムは、この問題を解決

累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細についてをクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号:
982061階層更新パッケージを BizTalk Server 2006 R2 の Service Pack 1 の 1

BizTalk Server 2006 R2 SP1 の修正プログラムの詳細については、クリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号:
974563リストを Microsoft BizTalk Server ホットを修正する BizTalk Server 2006 R2 の Service Pack 1 に含まれています。
状況
マイクロソフトとして認識してこれが問題をマイクロソフトの製品が一覧表示で、対象のセクション。
詳細
アーカイブし、BizTalk 追跡データベースを削除する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:BizTalk Server の修正プログラムの詳細については、クリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号:
2003907ホットの BizTalk Server 上の情報を修正
TDDS_FailedTrackingData DTADb BizTalk 追跡 TDDS

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:977289 - 最終更新日: 09/03/2010 04:56:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Branch, Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Developer Edition, Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Enterprise Edition, Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Standard Edition

  • kbqfe kbpubtypekc kbbtsbam kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew kbbiztalk2006r2presp2fix KB977289 KbMtja
フィードバック