現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[FIX] CDBL 関数で計算されるメンバーを使用して、マルチ ディメンション式のクエリを実行すると、SSAS 2005 または SSAS 2008 サーバーがクラッシュしました。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:977309
Microsoft Microsoft SQL Server 2005年修正プログラム 1 つのダウンロード ファイルとして配布しています。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
現象
次のシナリオを検討してください。
  • Microsoft SQL Server 2005 Analysis Services (SSAS 2005) または Microsoft SQL Server 2008 Analysis Service (SSAS 2008) を実行しています。
  • マルチ ディメンション式 (MDX) クエリを実行します。
  • このクエリを使用して、 CDBL 関数 計算されるメンバーの関数です。
このシナリオでは、Analysis Services サーバーがクラッシュする可能性があります。さらに、次のイベントがアプリケーション ログに記録されます。
イベントの種類: エラー
イベント ソース: MSSQLServerOLAPService
イベント カテゴリ: (256)
イベント ID: 22

説明:
イベント ID (22) ソース (MSSQLServerOLAPService) に関する説明が見つかりませんでした。ローカル コンピューターは、必要なレジストリ情報またはメッセージ DLL ファイルをリモート コンピューターからメッセージを表示するがあります。ために/AUXSOURCE を使用することができない場合がありますこの説明; を取得するフラグ =詳細についてはヘルプとサポートを参照してください。次の情報はイベントの一部です: 内部エラー: に予期しない例外が発生しました。

イベントの種類: エラー
イベント ソース: します。NET ランタイム 2.0 がエラーを報告
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 1000年

説明:
アプリケーション msmdsrv.exe、バージョン 9.0.4230.0、タイムスタンプ 4a720d06、モジュール kernel32.dll、障害の障害バージョン 5.1.2600.5781、タイムスタンプ 49c4f482、デバッグしますか。0、フォールト アドレス 0x00012afb。
原因
スタック オーバーフローが発生したために発生します。
解決方法

SQL Server 2005

最初に SQL Server 2005 Service Pack 3 用の累積的な更新 7 この問題に対する修正プログラムがリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
976951 SQL Server 2005 Service Pack 3 用の累積的な更新プログラム パッケージ 7
メモ ビルドは累積的であるため、新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。マイクロソフトはこの修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
960598 SQL Server 2005 Service Pack 3 のリリース後にリリースされた、SQL Server 2005 のビルドします。
Microsoft SQL Server 2005年の特定の SQL Server のサービス パック修正プログラムが作成されます。SQL Server 2005 Service Pack 3 のインストールに SQL Server 2005 Service Pack 3 修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server サービス パックで提供されている修正プログラム SQL Server の次の service pack に含まれてです。

SQL Server 2008

SQL Server 2008年のリリース バージョン

この問題に対する修正は累積的な更新プログラム 9 で初めてリリースされました。SQL Server 2008 年にこの累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
977444 SQL Server 2008年の累積的な更新プログラム パッケージ 9
メモ ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
956909 SQL Server の 2008 SQL Server 2008年のリリース以降後にリリースされたビルドします。

SQL Server 2008 SP1

この問題に対する修正は、SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新 6 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
977443 SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 6
メモ ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。マイクロソフトはこの修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
970365 SQL Server の 2008 SQL Server 2008 Service Pack 1 のリリース後にリリースされたビルドします。
Microsoft SQL Server 2008 SQL Server サービス ・ パックの特定の修正プログラムが作成されます。SQL Server 2008 Service Pack 1 をインストールする SQL Server 2008 Service Pack 1 の修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server サービス パックで提供されている修正プログラム SQL Server の次の service pack に含まれてです。
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
この修正プログラムを紹介します、 ManagedCallOnFiber 構成オプションです。ManagedCallOnFiber の値を 0 に設定すると、ファイバーでマネージ呼び出しが無効です。ManagedCallOnFiber の値を 1 に設定すると、マネージ呼び出しをファイバーで有効になります。このオプションの既定値は 0 です。ManagedCallOnFiber の構成オプションは、SQL Server の分析サービスの 64 ビット バージョンのみ影響します。

64 ビットの Analysis Services サーバーに ManagedCallOnFiber を 0 に設定する場合は、次のエラー メッセージ「再帰が深くネストされた計算がマネージ ストアド プロシージャを呼び出すことはできません」クエリの実行は、「現象」で説明されている場合に返されます。

64 ビットの Analysis Services サーバーに ManagedCallOnFiber を 1 に設定すると、「現象」に記載されているクエリを実行するサーバーがクラッシュします。

ManagedCallOnFiber の構成オプションは、32 ビット バージョンの Analysis Services サーバーに影響しません。修正プログラムをインストールした後、サーバーはクラッシュしません。ただし、クエリを完了する時間がかかります。
関連情報
SQL Server の増分サービス モデルの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
935897報告された問題に対する修正プログラムを提供するのには、SQL Server チームの増分サービス モデルを利用します。
SQL Server 2005 Service Pack 3 の入手方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
913089 SQL Server 2005 の最新の service pack を入手する方法
新しい機能および強化された SQL Server 2005 Service Pack 3 の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 SQL Server 更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
822499 Microsoft SQL Server のソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい命名方式は
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:977309 - 最終更新日: 07/20/2011 11:17:00 - リビジョン: 4.0

  • kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbmt kbsurveynew KB977309 KbMtja
フィードバック