現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

パスワードを同期した後、Windows Server 2008 R2 ID 管理で UNIX (IDMU) を実行しているドメイン コントローラーが予期せず、Lsass.exe プロセスを終了します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:977692
現象
以下のシナリオを考えます:
  • UNIX (IDMU) の ID 管理のパスワード同期コンポーネントをインストールするには、Windows Server 2008 R2 を実行しているドメイン コントローラーに使用します。
  • ユーザーのパスワードをドメイン コントローラーと UNIX や Linux を実行しているコンピューター間で同期されます。
このシナリオでは、ドメイン コントローラーでは、ローカル セキュリティ機関 (Lsass.exe) プロセスが予期せず終了し、ドメイン コントローラーを再起動します。さらに、次のイベントは、ドメイン コントローラーに記録されます。

警告: USER32 イベント
ソース: <full computer name >
パス:
最後に修正して: システム
最後に更新日時: <time>
アラートの説明: プロセス wininit.exe は、コンピューターの再起動のユーザーに代わって、次の理由で開始されています: このような理由からタイトルが見つかりませんでした
理由コード: 0x50006
シャットダウンの種類: 再起動
コメント: がシステム プロセス 'C:\Windows\system32\lsass.exe' が予期せず終了ステータス コード 255 としました。 システムが今すぐシャットダウンして再起動します。

メモ「完全なコンピュータ名」プレースホルダーは、ドメイン コントローラーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を表します。
原因
この問題は、パスワード同期コンポーネントのコード欠陥のために発生します。このコードの問題により、ヒープ割り当てのメモリ サイズの計算に影響を与えます。
解決方法

修正プログラムについて

マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正することを目的としたものです。この資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみ、この修正プログラムを適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことを推奨します。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の上部に "修正プログラムのダウンロード" セクションが表示されています。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートに問い合わせ、修正プログラムを入手します。

メモ別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストを作成することが必要になる場合があります。特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号一覧を参照する、または別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:メモ"修正プログラムのダウンロード" セクションは、修正プログラムが提供されている言語で表示されます。使用している言語で表示されない場合、その言語では修正プログラムは提供されていません。

前提条件

この修正プログラムを適用するのには、Windows Server 2008 R2 コンピューターが実行されている必要があります。また、パスワード同期コンポーネントをインストールする必要があります。

再起動の要件

この修正プログラムの適用後、コンピュータを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語 (U. S.) 版は、次の表に示す属性を持つファイルをインストールします。世界協定時刻 (UTC) では、日時、これらのファイルに一覧表示されます。日付および時刻のローカル コンピューター上のこれらのファイルをローカル時刻を現在の夏時間 (DST) バイアスとともに表示されます。さらに、ファイルの特定の操作を実行すると、日付と時間が変わる可能性があります。
Windows Server 2008 R2 のファイルについてのメモ
MANIFEST ファイル (マニフェスト) とインストールされている MUM ファイル (.mum) の各環境 listed separately] で、「その他のファイルについては、Windows Server 2008 R2」です。MUM と MANIFEST ファイルおよび関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルで、更新されたコンポーネントの状態を維持するために非常に重要です。属性の一覧が表示されていないセキュリティ カタログ ファイルをマイクロソフトのデジタル署名で署名されています。
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2

ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
Psadmin.exe6.1.7600.1638566,56014-7 月-2009 年01: 39
Pswdsync.dll6.1.7600.20595108,03213-12 月-2009 年11: 14
Psync-ppdlic.xrm-ミリ秒適用しません。2,98313-12 月-2009 年12: 37
Psync.mof適用しません。2,36110 年 6 月-2009 年21: 08
Psync_namespace.mof適用しません。12210 年 6 月-2009 年21: 08
Psync_provreg.mof適用しません。49910 年 6 月-2009 年21: 08
状況
マイクロソフトでは、この資料の対象製品」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細

この問題の再現手順

  1. UNIX (IDMU) の ID 管理のパスワード同期コンポーネントをインストールするには、Windows Server 2008 R2 ベースのドメイン コントローラー上で使用します。
  2. パスワード同期シングル サインオン デーモンは、UNIX や Linux を実行しているコンピューターにインストールします。
  3. UNIX や Linux を実行しているコンピューター上のユーザーのパスワードを変更します。
パスワード同期プロセス、コンピューター間で発生したときに、「現象」に記載されている問題が発生します。

ソフトウェア更新プログラムに関する用語の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください:
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
この資料に記載のサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない企業が製造されています。マイクロソフト、黙示またはそれ以外の場合は、パフォーマンスや信頼性これらの製品に関する負わないものとします。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:977692 - 最終更新日: 02/01/2010 03:28:00 - リビジョン: 2.0

Windows HPC Server 2008 R2, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard

  • kbbug kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB977692 KbMtja
フィードバック