現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Office Outlook 2007 迷惑メール フィルター更新プログラムの説明: 9、2010 年 2 月

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:977719
はじめに
この更新プログラム microsoft 迷惑メール フィルターが用意されていますOffice Outlook 2007 で最新の定義の特性迷惑メールでは、特定の電子メール メッセージを定義します。この更新プログラムにリリースされました2010 の 2 月。
詳細

更新プログラムの詳細

次の以前にリリースされたこの更新プログラムが置き換えられます。更新します。
977839 Office Outlook 2007 迷惑メール フィルター更新プログラム: 12、2010 年 1 月

インストールの詳細

入手して、更新プログラムをインストールする方法

次に、ファイルは、マイクロソフト ・ ダウンロードからダウンロード利用センター:

ダウンロードダウンロード更新プログラム パッケージがします。

詳細については方法マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード、表示するのには、次の資料番号をクリックします。資料は、マイクロソフト サポート技術。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトは、このファイルのウイルスをスキャンしました。Microsoft は、最も使用されます。日付が現在のウイルス検出ソフトウェア、ファイル送信されました。防止するセキュリティが強化されたサーバー上で、ファイルの保存します。ファイルに不正な変更。

この更新プログラムがインストールされているかどうかを確認する方法

この更新プログラムに記載されている、バージョン ファイルが含まれています。次の表にします。

ファイル名ファイルのバージョンファイルサイズ日付時間
Outlfltr.dat12.0.8416.3683,667,77612-1 月-201008: 59

インストールされているファイルのバージョンを確認するのにはコンピューターで、オペレーティング システムに応じて、以下の手順を実行します。コンピューターが実行されていること。

Windows Vista
  1. クリックしてください。 開始[スタート] ボタン、し、クリックしてください。 検索.
  2. クリックしてください。 高度な検索.
  3. で、 場所 ボックスで、をクリックしてください ローカルハード ディスク ドライブ.
  4. で、 名前 ボックスの種類Outlfltr.dat、し検索.
  5. ファイルの一覧で、右クリックします。Outlfltr.dat、しプロパティ.
  6. で、 全般 タブで、プロパティを確認します。コンピューターにインストールされている Outlfltr.dat ファイルの。
Windows XP
  1. 検索コンパニオンを起動します。これを行うをクリックしてください。開始、し 検索.

    メモ Windows デスクトップ サーチが起動したらをクリックします。 クリックしてください。ここで 検索コンパニオンを使用します。
  2. [検索結果] ウィンドウをクリックします。 すべてのファイルとフォルダー で、 検索コンパニオン ウィンドウです。
  3. で、 ファイル名のすべてまたは一部 ボックスで、種類 Outlfltr.dat、し検索.
  4. ファイルの一覧で、右クリックします。Outlfltr.dat、しプロパティ.
  5. で、 全般 タブし、バージョン タブで、[Outlfltr.dat ファイルのプロパティを確認します。コンピューターにインストールされます。

.Msp ファイルに関する管理者向け情報

この更新プログラムは、フルファイルの Microsoft Windows インストーラーので構成されています。(.msp) ファイルです。.Msp ファイルは自己解凍形式の実行可能ファイルとしてパッケージされています。以下の .msp ファイルは、この更新プログラムが配布されます。
Outlfltr.msp

特定のコンポーネントの再インストール方法に関する管理者向け情報

管理者用インストール ポイントをしを更新する場合再キャッシュしてクライアント コンピューターに Office Outlook 2007 を再インストール、実行できます、含まれているコマンド ライン コマンドは、 再インストール = [ 機能の一覧 ] [プロパティ] します。このプロパティを再インストールするかどうかを指定します。Office Outlook 2007 の特定のコンポーネントの管理イメージです。

この更新プログラムの値は、 再インストール = [ 機能の一覧 ] プロパティは次のとおりです。
OUTLOOKFiles
または、置き換えることができます、 再インストール = ALL パラメーターは Microsoft Office のすべてのコンポーネントを再インストールするのにはクライアント コンピューター。

製品を配布する方法について2007 Microsoft Office システム用の更新プログラムは、次のマイクロソフト Web を参照してください。サイト:詳細についてはどのように電子メールで Outlook の迷惑メール フィルターによってフィルターされているため、ポリシーまたはExchange Server では、記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。技術情報:
954199 Exchange Server や Outlook の迷惑メール フィルターでのメールの処理方法は、ポリシーの説明
オフィス システムの TechCenter には最新バージョンが含まれています。管理者用更新プログラムおよび配布リソースのすべてのバージョンオフィスです。オフィス システムの TechCenter の詳細についてを参照してください、次のマイクロソフト Web サイト:
重要な office の Office 2007 更新プログラムのセキュリティの安定性を更新します。32 ビットの outlook

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:977719 - 最終更新日: 08/15/2011 03:14:00 - リビジョン: 3.0

  • atdownload kbexpertisebeginner kbmt kbsurveynew KB977719 KbMtja
フィードバック
/html>