Microsoft Dynamics GP でビジネス ・ ポータルのヒューマン リソースのセルフ サービス スイートで新しく作成された支払スケジュールを割り当てるしようとするときにエラー メッセージ:「支払スケジュールには、昨年のアクティブな支払スケジュールと重複する日」

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:978268
現象
ビジネス ポータル (BP) Microsoft Dynamics GP で新しく作成された支払スケジュールのヒューマン リソース セルフ サービス スイート (HRMSSS) を割り当てるか、既存の支払スケジュールを変更しようとすると、次のエラー メッセージのいずれかが表示されます。


支払スケジュールには、昨年のアクティブな支払スケジュールと重複する日付があります。日付を共有する 2 つのアクティブな支払スケジュールを保存できません。

または

この支払スケジュールに割り当てられている支払期間には、支払頻度は一致しません。支払スケジュールの支払期間を再計算します。
原因
以前の支払スケジュールの最後の期間の日付でスケジュールが重なっている新しい 1 の期間の開始日を支払うために、上記の最初のメッセージで問題が発生します。ただし、HRMSSS モジュールには、支払スケジュールは 365 日である必要がありを省略するか、または 2 つのスケジュールとの間の重複した日付を許可しないことが必要です。


上記の 2 番目のメッセージの問題は、支払スケジュールは 364 日、365 日に変更を許可するが、またはそれに隣接する新しい支払スケジュールを作成する前にシステムが必要です。

解決方法

例:

2016 年 12 月 22 日に 2015 年 12 月 23 日から 2015年の支払スケジュールを実行するとします。この例では、新しい支払スケジュール '2016' という名前を 2016 年 12 月 22 日の開始を作成するか、以前の支払スケジュールによって既に使用されているためすることはできません。

支払スケジュール: 開始日、終了日

2015: 設定が現在の日付の 12/23/2015 - 2016/12/22

2016: する目的の日付 2016/12/22 - 2017/12/21 です。2016/12/22 で新しいスケジュールを開始しますが、この日付は、過去の支払スケジュールによって既に使用されているために、できません。

メモ: システムには、その支払スケジュールの '開始日' '年' スタンプと一致する期間の 'name' が必要です。

この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。

  • Microsoft Dynamics GP 10.0 と BP 4.0 を使用する場合は、方法 1 または次の方法 2 を使用します。
  • BP 5.0 または 5.1 の BP を使用している Microsoft Dynamics GP 2010 または BP 6.0 または 6.1 では、Microsoft Dynamics GP 2013 年に、27 の期間 (隔週) または 53 の期間 (週単位) がある場合は、方法 1 または方法 2 を使用します。
  • BP 5.0 または 5.1 の BP を使用している Microsoft Dynamics GP 2010 または BP 6.0 または 6.1 では、Microsoft Dynamics GP 2013 年に 26 の期間 (隔週) または 52 の期間 (週単位)「を使用してのみフル支払い期間」オプションをクリックしたため場合は、方法 1 または方法 3 を使用します。2015 支払スケジュールに既に 2016/12/21 になるが、以前の支払スケジュールにこの日付が使用されていないにもかかわらず、2016/12/22 に開始される 2016年の新しいスケジュールを作成することはできません。


方法 1: 割り当ての解除、過去の支払スケジュールでシステムが正しく表示されないようにします。


したら場合は、過去を使用してスケジュールを支払うし、それらすべてのタイムカードを使用する承認完了すると、その支払スケジュールすべての従業員からだけでの割り当てを解除することし、システムが不要になったと判断し、します。任意の日付で開始する新しい支払スケジュールを作成することができますし、必要に応じています。これは、以前のスケジュールを使用して不要になったと、その支払スケジュールを使用してすべてのタイムカードは、承認完了されているまで待つことができる場合、この問題を回避する最も迅速かつ最も簡単な方法です。

1. BP 管理者としてログインします。

2. [管理] タブをクリックします。

3.タイムカードのセットアップをクリックします。

4. 適切な支払いスケジュールを選択し、 [割り当て] ボタンをクリックします。

5.部門を選択し、すべてのマークを解除] をクリックするによって制限する」ドロップ ダウン リストを使用します。従業員を制限し、すべての [アンマーク]を選択します。(確認の場所と位置によっても、これらは、使用頻度は少ないですが。)を保存します

6. ここで [追加] をクリックして、新しい支払スケジュールの開始を作成する任意の日付にします。



注: <b>'から削除しないで' 以前の支払スケジュール ビジネス ポータルです。履歴データを表示できるように、支払スケジュールが存在する必要があります。過去の支払スケジュールを取得削除された場合、[支払スケジュール] ウィンドウから、することだけを作成してください、しかしの従業員にそれを割り当てていません。過去のタイムカードの履歴を表示するのには存在する必要があります。

方法 2: は、Microsoft SQL スクリプトを使用して 27 または 53 の期間がある場合に、支払スケジュールの日付を変更します。

注: <b>この資料の手順を実行する前に、問題が発生した場合に復元することができるデータベースの完全なバックアップ コピーがあることを確認します。


その他の注意事項:
  • バックアップを作成することをお勧めします。それに応じて SQL スクリプトを編集することができますので、開始日と終了日のすべての支払スケジュールを注意してください。
  • 変更するのには payschedule 内のすべてのタイムカードを承認することをお勧めします。したがって、支払スケジュールの最後までこの手順を実行の操作を行います。

(期間 27 または 53 の期間) 期間 0 になるため、システムによってその期間はスケジュールの先頭に移動する最後の期間の名前を変更するは、次の手順の目的です。余分な 1 日が前年度の同期、スケジュールの先頭に追加され、その日付を解放するため、スケジュールの末尾から削除するため、その期間の年スタンプを変更します。基本的に、スケジュールは、1 日早く (または 12/22/2015年-12/21/2016年) をこのスライドです。システム 365 日をスケジュールする必要があるためこの操作を行う必要があります。

ステップ 1
期間の ID値から変更する、隔週または週単位の値を0に次のように適切なスクリプトを実行します。最後の期間を支払スケジュールの先頭に移動します。
BIWEEKLY:update HRM_PayPeriod set PayPeriodID ='0' where PayPeriodID ='27' and yearid='2015' and frequencyid ='2'WEEKLY:update HRM_PayPeriod set PayPeriodID ='0' where PayPeriodID ='53' and yearid='2015' and frequencyid ='1'


注: <b>以前のお支払いスケジュールの名前を指定するのには上記のスクリプトで、 yearidを更新します。これらの例では、スクリプトの唯一カバー毎週および隔週も編集できる適切なスケジュールが月または月 2 回の異なる周波数である場合。スクリプトに挿入するこれらの値を取得するサポート ・ リクエストを開いてください。

手順 2
一致する期間の名前の値を変更するのには以下の適切なスクリプトを実行します。

BIWEEKLY:update HRM_PayPeriod set Name = 'Period 0' where Name = 'Period 27' and Yearid = '2015' and frequencyid = '2'WEEKLY:update HRM_PayPeriod set Name = 'Period 0' where Name = 'Period 53' and Yearid = '2015' and frequencyid = '1'




手順 3
今すぐ開始を変更し、前年になるため、支払スケジュールの先頭に余分な日を追加するのには 0 の期間の日付を終了する必要があります。期間 0 と 0 の期間の終了日では、まず開始日を変更するのには、両方のスクリプトを実行します。
BIWEEKLY:update HRM_PayPeriod set BeginDate ='2015-12-22' where payperiodid ='0' and yearid='2015' and frequencyid ='2'update HRM_PayPeriod set EndDate ='2015-12-22' where payperiodid ='0' and yearid='2015' and frequencyid ='2'WEEKLY:update HRM_PayPeriod set BeginDate ='2015-12-22' where payperiodid ='0' and yearid='2015' and frequencyid ='1'update HRM_PayPeriod set EndDate ='2015-12-22' where payperiodid ='0' and yearid='2015' and frequencyid ='1'
注: <b>された最後の期間の日付が 12/22/2016年-12/22/2016、および変更して、12/22/2015年-12/22/2015 だけ年のスタンプに変更することによって、スケジュールの先頭に余分な日を追加するようになりました。2016/12/21 の 26 または 52 の期間が終了します。



手順 4
HRM_PayPeriod テーブルでは、期間 0 の新しい開始日に一致するようにHRM_PayScheduleテーブルを更新する次のスクリプトを実行します。
BIWEEKLY:update HRM_payschedule set BeginDate='2015-12-22' where yearid='2015' and frequencyid ='2'WEEKLY:update HRM_payschedule set BeginDate='2015-12-22' where yearid='2015' and frequencyid ='1'
注: <b>BeginDateの値をHRM_PayScheduleテーブルがHRM_PayPeriodテーブルには、期間 0 のBeginDate値と一致していることを確認するには、次のスクリプトを実行します。
BIWEEKLY:Select BeginDate, * from HRM_PayPeriod where yearid ='2015' and frequencyid = 2 and PayPeriodID = 0Select BeginDate, * from HRM_PaySchedule where yearid ='2015' and frequencyid = 2WEEKLY:Select BeginDate, * from HRM_PayPeriod where yearid ='2015' and frequencyid = 1 and PayPeriodID = 0Select BeginDate, * from HRM_PaySchedule where yearid ='2015' and frequencyid = 1 

手順 5
2016の新しい支払スケジュールを作成するには「12/22/2016」の開始日を持つようになりましたBP では]、[管理] タブをクリックし、タイムカードの設定] をクリックします。支払スケジュール] セクションで [追加] ボタンをクリックします。2016/12/22 の開始日時と頻度を入力し、支払期間の計算] をクリックします。を保存します


新しい支払スケジュールも作成余分の期間 27 または 53 の期間の余分な 1 日 (365 は同じように、7 で割り切れるではない) ためです。ただし、推奨されませんこの時点で余分な期間を変更します。それ以外の場合、支払スケジュールと重複する前の現在の支払スケジュールも、それを変更するのには 1 年の終了まで待機する必要がありますので。


手順 6
支払スケジュールを選択し、部門、場所、特定の従業員または位置に新しいスケジュールを割り当てるには [割り当て] ボタンをクリックします。





方法 3: は、Microsoft SQL スクリプトを使用して、26 または 52 の期間がある場合に、支払スケジュールの日付を変更します。



注: <b>この資料の手順を実行する前に、問題が発生した場合に復元することができるデータベースの完全なバックアップ コピーがあることを確認します。


その他の注意事項:
  • バックアップを作成することをお勧めします。それに応じて SQL スクリプトを編集することができますので、開始日と終了日のすべての支払スケジュールを注意してください。
  • 支払スケジュールを変更するのには、すべてのタイムカードを承認することをお勧めします。したがって、支払スケジュールの終了時までこの手順を実行の操作を行います。


この例では、既存 2015年支払スケジュール送られから 12/23/2015 - 2016/12/21 (、26 または 52 の支払期間がある)。既存の支払スケジュールを変更または 2016/12/22 で開始する新しいスケジュールを作成しますが、この日付は、既存の支払スケジュールによって使用されていない場合でも、エラーが発生します。システムは、以前のスケジュールがない 365 日のために、新しい支払スケジュールを作成することはできません。


ことができます新しい支払スケジュールを作成するために 365 日、既存のスケジュールを余分な 1 日を追加するのには、次の手順の目的があります。

ステップ 1
[期間 1] と [既存の支払スケジュールの最後の期間 (期間 26 または 52 の期間) の現在の日付を確認してください。
BIWEEKLY: Select * from HRM_PayPeriod where yearid='2015' and frequencyid ='2'WEEKLY: Select * from HRM_PayPeriod where yearid='2015' and frequencyid ='1'


注: <b>既存のお支払いスケジュールの名前を指定するのには上記のスクリプトで、 yearidを更新します。これらの例では、スクリプトの唯一カバー毎週および隔週も編集できる適切なスケジュールが月または月 2 回の異なる周波数である場合。スクリプトに挿入するこれらの値を取得するサポート ・ リクエストを開いてください。

手順 2

365 日のお支払いスケジュールの先頭に、余分な日を追加するのには 1 日 1 の期間の開始日をバックアップします。

BIWEEKLY:update HRM_PayPeriod set BeginDate ='2015-12-22' where payperiodid ='1' and yearid='2015' and frequencyid ='2'WEEKLY:update HRM_PayPeriod set BeginDate ='2015-12-22' where payperiodid ='1' and yearid='2015' and frequencyid ='1'
注: <b>重なっている場合は開始日を追加する前の 2012年の支払スケジュール、する必要に応じて、最初の割り当てを解除すること、以前のスケジュール、すべての従業員からシステムなんて気にしてが認識できない別の問題が重複しているためです。



支払スケジュールから、12/22/2015年-12/21/2016 を使用すれば、365 日のスケジュールの先頭に余分な日を追加すると、これに注意してください。


手順 3
新しい期間の開始日 1 HRM_PayPeriod テーブル内の一致するようにHRM_PayScheduleテーブルを更新する次のスクリプトを実行します。
BIWEEKLY:update HRM_payschedule set BeginDate='2015-12-22' where yearid='2015' and frequencyid ='2'WEEKLY:update HRM_payschedule set BeginDate='2015-12-22' where yearid='20135 and frequencyid ='1'
注: <b>BeginDateの値をHRM_PayScheduleテーブルがHRM_PayPeriodテーブルには、期間 0 のBeginDate値と一致していることを確認するには、次のスクリプトを実行します。
BIWEEKLY:Select BeginDate, * from HRM_PayPeriod where yearid ='2015' and frequencyid = 2 and PayPeriodID = 0Select BeginDate, * from HRM_PaySchedule where yearid ='2015' and frequencyid = 2WEEKLY:Select BeginDate, * from HRM_PayPeriod where yearid ='2015' and frequencyid = 1 and PayPeriodID = 0Select BeginDate, * from HRM_PaySchedule where yearid ='2015' and frequencyid = 1

手順 4
2016の新しい支払スケジュールを作成するには「12/22/2016」の開始日を持つようになりましたBP では]、[管理] タブをクリックし、タイムカードの設定] をクリックします。支払スケジュール] セクションで [追加] ボタンをクリックします。2016/12/22 の開始日時と頻度を入力し、支払期間の計算] をクリックします。を保存します


新しい支払スケジュールも作成、余分な期間 27 または 53 の期間の余分な 1 日 (365 は同じように、7 で割り切れるではない) ため、または「を使用してのみフル支払い期間」を使用する場合は、26 または 52 の支払期間をもう一度作成されます。ただし、推奨されませんこの時点で余分な期間を変更します。それ以外の場合、支払スケジュールと重複する前の現在の支払スケジュールも、それを変更するのには 1 年の終了まで待機する必要がありますので。


手順 5
支払スケジュールを選択し、部門、場所、特定の従業員または位置に新しいスケジュールを割り当てるには [割り当て] ボタンをクリックします。


BP HRM HRMSSS

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:978268 - 最終更新日: 03/29/2016 18:20:00 - リビジョン: 1.8

Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Business Portal 5.1, Business Portal 5.0, Microsoft Dynamics GP 10.0, Business Portal for Microsoft Dynamics GP 10.0, Microsoft Dynamics GP 9.0, Business Portal 3.0

  • kberrmsg kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbexpertisebeginner kbtshoot kbmbsmigrate kbprb kbexpertiseinter kbmt KB978268 KbMtja
フィードバック