両方のエンドポイントは、Windows Server 2003 SP2 で同じコンピューターにするときに断続的に、TCP 接続が失敗します。

Support for Windows Server 2003 ended on July 14, 2015

Microsoft ended support for Windows Server 2003 on July 14, 2015. This change has affected your software updates and security options. Learn what this means for you and how to stay protected.

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:979230
現象
次のようなシナリオを想定してください。
  • Tcpip.sys ドライバーのバージョンを 5.2.3790.4531 に更新するバージョンまたはそれ以降のバージョンの Windows Server 2003 Service Pack 2 (SP2) を実行しているコンピューターにします。
  • コンピューター上の TCP 接続を作成します。この接続の両方のエンドポイントは、同じコンピューターに配置されます。たとえば、ローカル ホストへの TCP 接続を行います。

このシナリオでは、TCP 接続を作成するアプリケーションまたはサービスが断続的に機能エラーまたは別の例外を発生させる可能性があります。さらに、問題が発生した後にnetstat -ano コマンドを実行すると、このコマンドの出力結果は、コンピュータを再起動するまで多くの接続が LAST_ACK 状態、FIN_WAIT_2 状態、またはCLOSING 状態のままであることを示します。
原因
この問題は、TCP/IP ドライバー (Tcpip.sys) での競合状態が発生したために発生します。競合状態が発生した場合、必要な時に切断されたときの通知は送信されません。この現象は、いくつかの TCP 接続を孤立します。したがって、これらの接続に依存するサービス、アプリケーションが失敗します。さらに、これらの接続は、 LAST_ACK状態、 FIN_WAIT_2状態、またはクローズ状態のままです。
解決方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: <b> さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 注: <b> [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用するにコンピューターを Windows Server 2003 Service Pack 2 (SP2) 実行する必要があります。

再起動の必要性

この修正プログラムのグローバル版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。お使いのローカル コンピューター上にあるこれらのファイルの日付および時刻は、現在の夏時間 (DST) との差と一緒にローカル時刻で表示されます。また、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。お使いのローカル コンピューター上にあるこれらのファイルの日付および時刻は、現在の夏時間 (DST) との差と一緒にローカル時刻で表示されます。また、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。
Windows Server 2003 のファイル情報のメモ
  • ファイルの他これらのテーブルに記載されている、この修正プログラムもインストール関連セキュリティ カタログ ファイル (KB番号.cat) マイクロソフトのデジタル署名で署名されています。
すべての x86 ベース バージョンの Windows Server 2003 をサポート
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォームSP の要件
Tcpip.sys5.2.3790.4681400,8962010 年 3 月-18-17:57x86SP2
W03a3409.dll5.2.3790.459043,520--2009 年 9 月 1612:16x86SP2
すべての x64 ベース バージョンの Windows Server 2003 をサポート
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォームSP の要件サービス区分
Tcpip.sys5.2.3790.4681798,7202010 年 3 月-18-17:57x64SP2該当なし
W03a3409.dll5.2.3790.459044,0322010 年 3 月-18-17:57x64SP2該当なし
Ww03a3409.dll5.2.3790.459043,5202010 年 3 月-18-17:57x86SP2WOW
すべての IA 64 ベースのバージョンの Windows Server 2003 をサポート
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォームSP の要件サービス区分
Tcpip.sys5.2.3790.46811,336,8322010 年 3 月-18-17:57IA-64SP2該当なし
W03a3409.dll5.2.3790.459042,4962010 年 3 月-18-17:57IA-64SP2該当なし
Ww03a3409.dll5.2.3790.459043,5202010 年 3 月-18-17:57x86SP2WOW
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
ソフトウェア更新プログラム用語の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語について
詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
971383 「受信」の Winsock 関数では、クライアント側とサーバー側のアプリケーションの両方が Windows Server 2003 を実行している同じコンピューターで実行する場合 0 バイトが返されるときにデータの損失が発生します。

プロパティ

文書番号:979230 - 最終更新日: 08/17/2015 00:56:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2

  • kbfix kbautohotfix kbhotfixserver kbsurveynew kbqfe kbexpertiseadvanced kbmt KB979230 KbMtja
フィードバック