リモート デスクトップ サービス コンソール セッションには、Windows Server 2008 R2 で切断されないことは

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:979470
現象
次のシナリオを検討してください。
  • Windows Server 2008 R2 を実行しているサーバーで、リモート デスクトップ サービスをリモート管理モードで実行します。
  • 管理者は、管理サーバーのセッションをリモート デスクトップ接続を使用して作成されます。
  • 管理者はダイアログ ボックスに、新しく作成されたセッションを実行するのには、セッションを切断するよう求められます。
このシナリオでは、管理のセッションとコンソール セッションがサーバー上でダイアログ ボックスを表示します。その後、リモート デスクトップ サービスのコンソール セッションから切断される保護されません。 管理者は、コンソール セッションが切断すると、コンソール セッションで実行されているアプリケーションが正しく機能しません。

たとえば、次の特定のシナリオを考えてみます。
  • ユーザー A のユーザー アカウントは、Windows Server 2008 R2 リモート デスクトップ サーバー上のコンソール セッションにログオンします。
  • 管理セッションが同じリモート デスクトップ サーバーにはユーザー B のユーザー アカウントを作成します。
  • 3 つ目の管理セッション UserC の管理者のユーザー アカウントを作成します。

    UserC が 3 番目のセッションを作成できるように、セッションを切断するよう求められます。
この例では、リモート デスクトップ サービスのコンソール セッションから切断される保護されません。
解決方法
次の修正プログラムをインストールした後、セッションを切断するように求められたらコンソール セッションがダイアログ ボックスにないです。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストを受け取ることがあります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

この修正プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムが提供されている言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

前提条件

この修正プログラムを適用するには、Windows Server 2008 R2 を実行している必要があります。

レジストリ情報

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法
このパッケージに修正プログラムのいずれかを使用するには、レジストリ キーを作成する必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始[スタート] ボタン、タイプ レジストリ エディター で、 検索プログラムおよびファイル ボックス、および ENTER キーを押します。
    UAC 管理者のパスワードを確認するメッセージが表示されたら、パスワードを入力します。確認メッセージが表示されたら、確認を提供します。
  2. 見つけて、次のレジストリ サブキー] をクリックします。
    HEKY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\Winstations
  3. で、 編集 メニューのポイント 新しい、し DWORD 値.
  4. 種類 DenyConsoleDisconnect、し、ENTER キーを押します。
  5. 右クリックします。 DenyConsoleDisconnect、し 変更.
  6. で、 [値のデータ ボックスの種類 1、し [OK].
  7. レジストリ エディターを終了します。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムを代わりにはなりません。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル バージョンは、次の表に示す属性を持つファイルをインストールします。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。日付および時刻これらのファイルは、ローカル コンピューター、ローカル時刻を現在の夏時間 (DST) バイアスと共に表示されます。さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日付と時刻が変更できます。
Windows Server 2008 R2 のファイル情報のメモ
  • マニフェスト ファイル (.manifest) とインストールされている、MUM ファイル (.mum) 各環境 別途記載 「Windows サーバー 2008 R2 には追加のファイル情報」セクションでします。Mum ファイルと MANIFEST ファイルおよび関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持することが重要です。属性の一覧が表示されていないセキュリティ カタログ ファイルをマイクロソフトのデジタル署名で署名されています。
サポートされているすべての x x64 ベース バージョンの Windows サーバー 2008 R2
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Termsrv.dll6.1.7600.20621707,58419-1 月-201010: 30x64
サポートされているすべての Windows Server 2008 R2 の IA 64 ベースのバージョンの
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Termsrv.dll6.1.7600.206211,306,62419-1 月-201009: 02IA-64
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

追加のファイル情報

Windows Server 2008 R2 で追加のファイル情報

他のファイルをすべてサポート x 64 ベース バージョンの Windows サーバー 2008 R2
ファイル名Amd64_301412784bde8dec790d6e856836c7bd_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20621_none_a035e2bf674cedac.manifest
ファイルのバージョン該当なし
ファイルのサイズ1,106
日付 (UTC)20-1 月-2010
時刻 (UTC)01: 29
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft-windows-t..teconnectionmanager_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20621_none_eb5ab26686e5ab1f.manifest
ファイルのバージョン該当なし
ファイルのサイズ29,203
日付 (UTC)19-1 月-2010
時刻 (UTC)13: 41
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイルのバージョン該当なし
ファイルのサイズ1,689
日付 (UTC)20-1 月-2010
時刻 (UTC)01: 29
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_microsoft-windows-t..teconnectionmanager_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20621_none_f5af5cb8bb466d1a.manifest
ファイルのバージョン該当なし
ファイルのサイズ10,688
日付 (UTC)19-1 月-2010
時刻 (UTC)13: 27
プラットフォーム該当なし
IA x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2 のすべての他のファイルをサポート
ファイル名Ia64_4352441ccd91e9fac200b3878d693e1e_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20621_none_452be2f1f4e28b42.manifest
ファイルのバージョン該当なし
ファイルのサイズ1,104
日付 (UTC)20-1 月-2010
時刻 (UTC)01: 29
プラットフォーム該当なし
ファイル名Ia64_microsoft-windows-t..teconnectionmanager_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20621_none_8f3dbad8ce8642e5.manifest
ファイルのバージョン該当なし
ファイルのサイズ29,201
日付 (UTC)19-1 月-2010
時刻 (UTC)13: 41
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイルのバージョン該当なし
ファイルのサイズ1,684
日付 (UTC)20-1 月-2010
時刻 (UTC)01: 29
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_microsoft-windows-t..teconnectionmanager_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20621_none_f5af5cb8bb466d1a.manifest
ファイルのバージョン該当なし
ファイルのサイズ10,688
日付 (UTC)19-1 月-2010
時刻 (UTC)13: 27
プラットフォーム該当なし

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:979470 - 最終更新日: 08/15/2011 02:51:00 - リビジョン: 3.0

  • kbfix kbgraphxlink kbqfe kbprb kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB979470 KbMtja
フィードバック