現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

更新プログラムの詳細については、リモート デスクトップ サービス BPA

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:979734
概要
Windows の管理] で、エキスパートが定義されているサーバーを構成するのには、理想的な方法、一般的な状況では、ガイドライン ベスト プラクティス です。ベスト プラクティスの違反、重要な違反であっても、必ずしも問題ではありません。ただし、これらにパフォーマンスの低下、信頼性が低い、予期しない競合、セキュリティ リスクの増大、またはその他の潜在的な問題に起因するサーバーの構成を示します。

この資料に記載されているトピックは、リモート デスクトップ サービス (Windows Server 2008 R2 のベスト プラクティスへの準拠を実行している RDS) を表示するときに役立ちます。この情報は、次のワークグループに最も役に立つになります。
  • 管理者は、RDS. のベスト プラクティス アナライザー (BPA) スキャンが完了しました
  • スキャンの結果を解釈、および BPA を解決する方法に関する情報が必要な管理者。結果領域のベスト プラクティスに準拠でない RDS の特定に使用できます。
詳細
リモート デスクトップ サービスに Windows Server 2008 R2 は、ユーザーがリモート デスクトップ サーバー上では、インストールされている Windows ベースのプログラムにアクセスまたはフル デスクトップにアクセスできるようにするテクノロジを提供します。リモート デスクトップ サービスを使用すると、ユーザーがリモート デスクトップ サーバーまたはインターネットから企業ネットワークからアクセスできます。

リモート デスクトップ サービスの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。ベスト プラクティス アナライザーの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

情報を更新します。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラム、Microsoft Update Web サイトから利用できます。次のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードのとおりです。
Operating System更新プログラム
x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2 x すべてサポートされています。DownloadDownload the update package now.
マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください:
119591Q119591 How to Obtain Microsoft Support Files from Online Services
マイクロソフトではこのファイルのウイルス チェックを行っています。マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しています。このファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

前提条件

必要条件はありません。

再起動の要件

この更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

グローバルなバージョンの修正プログラムは、次の表に示す属性を持つファイルをインストールします。世界協定時刻 (UTC) では、日時、これらのファイルに一覧表示されます。日付および時刻のローカル コンピューター上のこれらのファイルをローカル時刻を現在の夏時間 (DST) バイアスとともに表示されます。さらに、ファイルの特定の操作を実行すると、日付と時間が変わる可能性があります。
Windows Server 2008 R2 のファイルについてのメモ
  • GDR には区分には、広範囲にわたる非常に重要な問題を解決するには幅広くリリースされている修正プログラムのみが含まれています。LDR にはに加えて、幅広くリリースされている修正プログラムが含まれています。
  • MANIFEST ファイル (マニフェスト) とインストールされている MUM ファイル (.mum) の各環境 listed separately] で、「その他のファイルについては、Windows Server 2008 R2」です。MUM と MANIFEST ファイルおよび関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルで、更新されたコンポーネントの状態を維持することは非常に重要です。属性の一覧が表示されていないセキュリティ カタログ ファイルをマイクロソフトのデジタル署名で署名されています。
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Terminalservices_model.ps1該当なし290,43827 年 1 月、2010 年23: 28該当なし
Terminalservices_model.ps1該当なし290,43827 年 1 月、2010 年23: 30該当なし
ソフトウェア更新プログラムに関する用語の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください:
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

追加のファイル情報

Windows Server 2008 R2 のファイルについて

他のファイルをすべてサポートされている x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2
ファイル名Amd64_fe04fcd523596d109f48911599d659a8_31bf3856ad364e35_6.1.7600.16514_none_b7c5c9ef6e7ef6f9.manifest
ファイルのバージョン該当なし
ファイルのサイズ720
日 (UTC)29-月-2010
時刻 (UTC)19: 28
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_fe344065cb6c1b83fed0cae619ad998e_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20630_none_8ca832a07330a3c3.manifest
ファイルのバージョン該当なし
ファイルのサイズ720
日 (UTC)29-月-2010
時刻 (UTC)19: 28
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft ウィンドウ-terminalservices bpa_31bf3856ad364e35_6.1.7600.16514_none_be483f86cca169d7.manifest
ファイルのバージョン該当なし
ファイルのサイズ3,231
日 (UTC)29-月-2010
時刻 (UTC)14: 13
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft ウィンドウ-terminalservices bpa_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20630_none_beb83b51e5d2dc27.manifest
ファイルのバージョン該当なし
ファイルのサイズ3,231
日 (UTC)29-月-2010
時刻 (UTC)14: 10
プラットフォーム該当なし

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:979734 - 最終更新日: 04/27/2010 21:28:00 - リビジョン: 1.0

Windows HPC Server 2008 R2, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Foundation, Windows Server 2008 R2 Standard

  • atdownload kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB979734 KbMtja
フィードバック
mp;t=">