SQL Server 2008 R2 の CU2、SQL Server 2008 SP1 の CU7 および SQL Server 2005 SP3 CU 9 トレース フラグ 4136「パラメーター スニッフィング」プロセスを無効にするを紹介します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:980653
マイクロソフトは、1 つのダウンロード可能なファイルとして Microsoft SQL Server 2008の修正プログラムを配布します。修正プログラムは累積的であるため、新しいリリースごとにすべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。
はじめに
Microsoft SQL Server 2008 R2 累積的な更新プログラム 2 (CU2)、SQL Server 2008 Service Pack 1 (SP1) の累積的な更新プログラム 7 (CU7)、および Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 3 (SP3) の累積的な更新プログラム 9 (CU9) は、「パラメーター スニッフィング」プロセスを制御するために使用できるトレース フラグ 4136 を紹介します。パラメーター スニッフィングの詳細については、次のブログ投稿で見つかります。http://blogs.msdn.com/b/queryoptteam/archive/2006/03/31/565991.aspx。 4136 のトレース フラグを有効にすると無効になりますパラメーター スニッフィング、パラメーターを参照する各クエリに未知の最適化のヒントを追加するのと同じであります。

次の条件のいずれかに一致するクエリも受けるパラメーター スニッフィング トレース フラグが設定されている場合でも。
  • 使用して、パラメーターが指定されて、"の最適化 (@p = <value>)「クエリ ヒントです。</value>
  • クエリでは、"option(recompile)"のクエリ ヒントを使用します。
  • クエリは、"再コンパイル"とオプションを使用するストアド プロシージャの一部です。
詳細

SQL Server 2005

この機能は、SQL Server 2005 Service Pack 3 の累積的な更新プログラム 9 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
980176 SQL Server 2005 Service Pack 3 の累積的な更新プログラム パッケージ 9
注: <b>ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
960598 SQL Server 2005 のサービス パック 3 がリリースされた後にリリースされた、SQL Server 2005 のビルドします。
特定の SQL Server のサービス パックには、Microsoft SQL Server 2005年の修正プログラムが作成されます。SQL Server 2005 Service Pack 3 のインストールには、SQL Server 2005 Service Pack 3 の修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server のサービス パックで提供されているすべての修正プログラムは次の SQL Server のサービス パックに含まれます。

SQL Server 2008

この機能は、SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム 7 でもリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
979065 SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 7
注: <b>ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
970365 ビルド、SQL Server 2008 の SQL Server 2008 Service Pack 1 がリリースされた後にリリースされました。
特定の SQL Server のサービス パックには、Microsoft SQL Server 2008年の修正プログラムが作成されます。SQL Server 2008 Service Pack 1 のインストールには、SQL Server 2008 Service Pack 1 の修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server のサービス パックで提供されているすべての修正プログラムは次の SQL Server のサービス パックに含まれます。

SQL Server 2008 R2

この機能は、SQL Server 2008 R2 の累積的な更新プログラム 2 もリリースされました。詳細については SQL Server 2008 R2 でこの累積的な更新プログラム パッケージを入手する方法について、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2072493 SQL Server 2008 R2 の累積的な更新プログラム パッケージ 2
注: <b>ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 R2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
981356 ビルドの SQL Server 2008 R2 のリリース後にリリースされた SQL Server 2008 R2
関連情報
「パラメーター スニッフィング」プロセスの詳細については、次のマイクロソフト TechNet Web サイトの「コンパイル、再コンパイル、およびパラメーターのスニッフィング」セクションを参照してください。SQL Server の増分サービス モデルの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
935897 報告された問題に対する修正プログラムを提供する SQL Server チームの増分サービス モデルがあります。
SQL Server の更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。
822499Microsoft SQL Server ソフトウェア更新プログラム パッケージに新しい命名方式


ソフトウェア更新プログラム用語の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語について

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:980653 - 最終更新日: 07/29/2015 20:53:00 - リビジョン: 9.0

Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Workgroup, Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 3, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard, Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Standard

  • kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbqfe kbfix kbmt KB980653 KbMtja
フィードバック