Windows で <clrClassInvocation> 要素が含まれるマニフェスト ファイルが配置されている場合、イベント ログに SideBySide エラーが出力される場合がある

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

現象
Windows Vista、Windows 7、Windows Server 2008、および Windows Server 2008 R2 の asm.v2 名前空間で <clrClassInvocation> 要素が含まれるマニフェスト ファイルが配置されている場合、このマニフェスト ファイルに対してアクティブ化コンテキストを作成しようとした場合、イベント ログに、以下のようなイベント ID: 72 の SideBySide エラーが出力される場合があります。 

Windows Vista および Windows Server 2008 では、Windows API CreateActCtx() 関数経由で明示的にアクティブ化コンテキストを作成するプログラムを実行した場合に限って、イベント ログに SideBySide エラーが出力されます。Windows 7 および Windows Server 208 R2 では、既定でマニフェスト ファイルをキャッシュするため、明示的に CreateActCtx() を呼び出すプログラムを実行しなくてもイベント ログに SideBySide エラーが出力されます。

c:\program files\Myaddin\AppBin\MyAddIn2003.dll.Manifest" のアクティブ化コンテキストの生成に失敗しました。マニフェストまたはポリシー ファイル "c:\program files\t Myaddin \AppBin\eCAFmAddIn2003.dll.Manifest" 行 4 のエラーです。要素 asmv2:clrClassInvocation は、このバージョンの Windows ではサポートされていない要素 urn:schemas-microsoft-com:asm.v1^entryPoint の子になっています。

補足 : Visual Studio Tools for the Microsoft Office System (VSTO) のマニフェストは、ClickOnce のマニフェストとは異なるため、アクティブ化コンテキストの作成ができないことは無視しても問題ありません。また、Office 製品の動作や VSTO Office ソリューションにも影響はありません。
原因
VSTO で生成されるマニフェスト ファイルは ClickOnce のマニフェスト ファイルとは異なり、ClickOnce のマニフェストとして解釈することはできません。そのため、VSTO のマニフェスト ファイルを使用してアクティブ化コンテキストを作成すると、この現象が発生します。
状況
マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。
詳細

問題の再現手順

  1. Microsoft Visual Studio 2005 Tools for Office Second Edition と Microsoft Office 2003 をインストールし、開発環境を用意します。
  2. [ファイル] メニューから [新規作成] をポイントし、[プロジェクト] をクリックします。
  3. 任意の開発言語をクリックし、[プロジェクトの種類] で [Office] をクリックして、[2003 アドイン] をクリックします。
  4. [Visual Studio にインストールされたテンプレート] から [Excel アドイン] をクリックし、[OK] をクリック後、ウイザードに従って新規 Excel 2003 アドイン プロジェクトを作成します。
  5. 生成された Excel 2003 アドイン プロジェクトで、[ソリューションエクスプローラ] 画面を表示します。
  6. セットアップ プロジェクト (たとえば、"ExcelAddin1 セットアップ") を右クリックし、[ビルド] をクリックして、セットアップ プロジェクトをビルドします。
  7. ビルドされたセットアップ プロジェクト (*.msi) ファイルを Windows 7 がインストールされた環境で実行し、Excel 2003 アドイン プロジェクトをインストールします。

結果

イベント ログに、以下のようなイベント ID: 72 の SideBySide エラーログが記録されます。

c:\program files\Myaddin\AppBin\MyAddIn2003.dll.Manifest" のアクティブ化コンテキストの生成に失敗しました。マニフェストまたはポリシー ファイル "c:\program files\t Myaddin \AppBin\eCAFmAddIn2003.dll.Manifest" 行 4 のエラーです。 要素 asmv2:clrClassInvocation は、このバージョンの Windows ではサポートされていない要素 urn:schemas-microsoft-com:asm.v1^entryPoint の子になっています。

プロパティ

文書番号:980774 - 最終更新日: 09/20/2016 15:10:00 - リビジョン: 3.0

Windows 7 Enterprise, Windows Vista Business, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Ultimate, Microsoft Office Professional Enterprise Edition 2003, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 Standard

  • kbtshoot kbexpertiseinter kbexpertiseadvanced kbbug kbharmony KB980774
フィードバック