[MS10-025] Microsoft Windows Media Services の脆弱性により、リモートでコードが実行される

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
はじめに
マイクロソフトはセキュリティ情報 MS10-025 を公開しました。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のいずれかのマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

このセキュリティ更新プログラムのヘルプとサポートの入手方法

ホーム ユーザー向けの無償サポートが提供されています。米国およびカナダの場合は 1-866-PCSAFETY に、それ以外の地域については各地のマイクロソフトにお問い合わせください。セキュリティ更新プログラムのサポートに関する各地域の支社の問い合わせ先については、以下のマイクロソフトの世界のサポート Web サイトを参照してください。北米のお客様は、次のマイクロソフト Web サイトから、無条件の無償電子メール サポートまたは無条件の個人チャット サポートもご利用ください。 法人のお客様向けのセキュリティ更新プログラムのサポートについては、通常ご使用のサポート連絡先をご利用ください。
ファイル情報
セキュリティ更新プログラム (日本語版) のファイル属性は、セキュリティ情報 MS10-025 の「ファイル情報」セクションをご覧ください。
update security_patch security_update security bug flaw vulnerability malicious attacker exploit registry unauthenticated buffer overrun overflow specially-formed scope specially-crafted denial of service DoS TSE
プロパティ

文書番号:980858 - 最終更新日: 02/04/2014 14:12:14 - リビジョン: 2.0

  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 4
  • kbnosurvey kbarchive atdownload kbbug kbexpertiseinter kbfix kbsecbulletin kbsecurity kbsecvulnerability kbsurveynew KB980858
フィードバック