現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

更新ベスト プラクティス アナライザーは、ファイル サービスの役割の x 64 版の Windows Server 2008 R2 が

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:981111
はじめに
この資料で更新ベスト プラクティス アナライザーのファイル サービスの役割を x x64 ベース エディションの Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターで説明します。

この更新プログラムは、Windows Server 2008 R2 サービス パック 1 にソリューションを拡張するには 10/9/12 にしました。Service Pack 1 をインストールする前にこの更新プログラムを適用したお客様は影響を受けません。既にこの更新プログラムを適用していないお客様は、Service Pack 1 をインストールした後適用可能性があります。
詳細

ベスト プラクティス アナライザーのファイル サービスの役割について教えてください。

ファイル サービスの役割をインストールしたコンピューターでは、ベスト プラクティス アナライザーは、ファイル サービスの役割がインストールされ、正しく構成されているかどうかを確認するのには、コンピューターをスキャンします。さらに、ベスト プラクティス アナライザーは次のローカル サービスの役割サービスを 1 つ以上をスキャンします。
  • DFS 名前空間
  • DFS レプリケーション
  • ファイル サーバー リソース マネージャー
  • ネットワーク ・ ファイル ・ システム用のサービス
  • サーバー サービス

    メモサーバー サービスは、サーバー メッセージ ブロック (SMB) 要求を処理します。
重要ベスト プラクティス アナライザーのスキャン処理はシステムの構成は変更されません。

ベスト プラクティス アナライザーのスキャン結果のレポートを生成します。問題が見つかった場合は、レポートの問題の一覧を並べ替えることができますと重大度が表示されます。レポートには、推奨事項と、これらの問題を解決する方法を説明する手順へのリンクも含まれています。

ファイル サービスの役割の詳細については、次のマイクロソフト TechNet Web サイトを参照してください。ベスト プラクティス アナライザーは、次のマイクロソフト TechNet Web サイトを参照してください。

更新プログラムの情報

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です :
ダウンロード更新プログラム パッケージをダウンロードします。

前提条件

この更新プログラムをインストールするための前提条件は必要ありません。この更新プログラムをインストールした後、ファイル サービスの役割のコンポーネントは、ファイル サービスの役割がインストールしてどうかに関係なく、更新されます。この動作は、役割を後でインストールする場合でも、ファイル サービスの役割のベスト プラクティス アナライザーを使用する場合は、同じ経験があることを確認してなります。

ファイル サービスの役割をインストールする方法

ファイル サービスの役割でベスト プラクティス アナライザーが有効になっているかどうかを確認するのには、ファイル サービスの役割を正しくインストールする必要があります。いずれかのサーバー マネージャーを使用して、ファイル サービスの役割をインストールするのには。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ すべてのプログラム[ 管理ツールプロパティ サーバー マネージャー.
  2. サーバー マネージャーでは、右クリックします。 ロールプロパティ 役割を追加します。 役割の追加ウィザードを開始します。
  3. 上では 始める前に ページをクリックしてください 次へ.
  4. 上では サーバーの役割 ページをオンにし、 ファイル サービス チェック ボックスをオンにしをクリックしてください 次へ.
  5. 上では ファイル サービス ページをクリックしてください 次へ.
  6. 上では [役割サービスを選択します。 ページをクリックしてください 次へ.
  7. 上では [インストール オプションを確認します。 ページをクリックしてください インストール.
メモファイル サービスの役割をインストールする前に、共有フォルダーがコンピューター上に存在する場合は、サーバー マネージャー ファイル サービスの役割が既にインストールされていることを示しています。この例では、ベスト プラクティス アナライザーのファイル サービスの役割は利用できません。この問題を回避するには、次のタスクのいずれかに従います。
  • 既存の共有フォルダーをすべて削除し、ファイル サービスの役割をインストールします。
  • サーバー マネージャーを使用して、ファイル サービスの役割の役割サービスをインストールします。

ファイル サービスの役割を削除する方法

ファイル サービスの役割を削除するには、次の手順を実行します。
  • クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ すべてのプログラム[ 管理ツールプロパティ サーバー マネージャー.
  • サーバー マネージャーでは、右クリックします。 ロールプロパティ ロールを削除します。 役割の削除ウィザードを開始します。
  • 上では 始める前に ページをクリックしてください 次へ.
  • 上では サーバーの役割を削除します。 ページをオフにし、 ファイル サービス チェック ボックスをオンにしをクリックしてください 次へ.
  • 上では [削除オプションを確認します。 ページをクリックしてください 削除.

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:981111 - 最終更新日: 10/12/2012 02:05:00 - リビジョン: 1.0

Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard

  • kbhowto kbinfo atdownload kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbmt KB981111 KbMtja
フィードバック
>tml>