予約が誤って Windows Server 2008 R2 を実行している DHCP サーバーから削除されます。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:981776
現象
次のシナリオを検討してください。
  • シナリオ 1
    • Windows Server 2008 R2 を実行している 2 台の DHCP サーバーがあります。
    • 両方の DHCP サーバーでは、分割スコープ構成設定します。
    • 両方の DHCP サーバーに同じ予約を確認します。
    • IP の予約は、DHCP クライアントが DISCOVER パケット両方の DHCP サーバー、DISCOVER パケットを提供パケットを送信することによって対応するブロードキャストに対応します。
    • DHCP クライアントは DHCP サーバーのいずれかから予約済み IP アドレスを受け取ります。
    このシナリオでは、誤って別の DHCP サーバーに予約が削除されます。そのため、予約済みの IP アドレスは、アドレスの予約 DHCP クライアントに割り当てることはできません。
  • シナリオ 2
    • Windows Server 2008 R2 を実行している DHCP サーバーは、あります。
    • この DHCP サーバー上の DHCP クライアントの予約を作成します。
    • DHCP クライアント複数回取得した IP アドレスを解放します。
    このシナリオでは、予約の DHCP サーバーが誤って削除されます。そのため、予約済みの IP アドレスは、アドレスの予約 DHCP クライアントに割り当てることはできません。
原因
この問題は、DHCP サーバーがアクティブでないエントリをデータベースから削除すると、DHCP サーバー サービスで、不適切なロジックが使用されているために発生します。
解決方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用されます。

この修正プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するのには、要求を送信します。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムが提供されている言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

前提条件

この修正プログラムを適用するには、Windows Server 2008 R2 コンピューター上で実行しなければなりません。

レジストリ情報

このパッケージに修正プログラムを使用するのには、レジストリを変更するはありません。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動するはありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムを代わりにはなりません。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル バージョンは、次の表に示す属性を持つファイルをインストールします。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。日付および時刻これらのファイルは、ローカル コンピューター、ローカル時刻を現在の夏時間 (DST) バイアスと共に表示されます。さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日付と時刻が変更できます。
Windows Server 2008 R2 のファイル情報のメモ
重要です 修正プログラムの Windows 7 と Windows サーバー 2008 R2 の修正プログラムの同じパッケージに含まれています。ただし、修正プログラム、修正プログラムの要求ページで両方のオペレーティング システムの下に一覧表示されます。1 つまたは両方のオペレーティング システムに適用この修正プログラム パッケージを要求するには、「Windows 7 と Windows サーバー 2008 R2」ページに記載されている修正プログラムをオンにします。常に、[適用先] で、各修正プログラムを適用する実際のオペレーティング システムを決定する記事を参照してください。
  • マニフェスト ファイル (.manifest) とインストールされている、MUM ファイル (.mum) 各環境 別途記載 「Windows サーバー 2008 R2 には追加のファイル情報」セクションでします。Mum ファイルと MANIFEST ファイルおよび関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために非常に重要です。属性の一覧が表示されていないセキュリティ カタログ ファイルをマイクロソフトのデジタル署名で署名されています。
サポートされているすべての x x64 ベース バージョンの Windows サーバー 2008 R2
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Dhcpserver.events.xml該当なし6002009 の 6 月 10 日20: 34該当なし
120 Dhcpssvc.dll6.1.7600.20671729,08818-3 月-201018: 34x64
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
分割スコープ構成の詳細については、以下のマイクロソフト製品の Web サイトを参照してください。ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

追加のファイル情報

Windows Server 2008 R2 で追加のファイル情報

他のファイルをすべてサポート x 64 ベース バージョンの Windows サーバー 2008 R2
ファイル名Amd64_6c0641d44bf84959003ad529bf218a38_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20671_none_c440d6b8dc83c9dd.manifest
ファイルのバージョン該当なし
ファイルのサイズ709
日付 (UTC)18-3 月-2010
時刻 (UTC)21: 29
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft-windows-dhcpserverruntime_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20671_none_858f3aa7ca5500d2.manifest
ファイルのバージョン該当なし
ファイルのサイズ194,101
日付 (UTC)18-3 月-2010
時刻 (UTC)20: 14
プラットフォーム該当なし

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:981776 - 最終更新日: 08/15/2011 20:08:00 - リビジョン: 3.0

  • kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB981776 KbMtja
フィードバック