現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

16 を超える論理プロセッサが構成されているコンピューターで DirectX 9.0 アプリケーションがクラッシュする

現象
以下のオペレーティング システムを搭載しているコンピューターで 16 を超える論理プロセッサを構成します。
  • Windows XP Service Pack 3 (SP3)
  • Windows Vista Service Pack 2 (SP2)
  • Windows Server 2008
  • Windows Server 2008 SP2
  • Windows 7
  • Windows Server 2008 R2
このコンピューターで DirectX 9.0 アプリケーションを実行すると、アプリケーションがクラッシュします。

たとえば、Microsoft Windows Media Player で音楽ファイルを再生する場合、Windows Media Player を終了しようとすると、アプリケーションがクラッシュします。
回避策
重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
この問題を回避するには、以下のいずれかの方法を使用して、プロセッサ固有のグラフィック パイプライン設定を変更するレジストリ キーを作成または変更します。

プロセッサ固有のグラフィック パイプライン (PSGP) を使用する論理プロセッサの数を設定する

プロセッサ固有のグラフィック パイプライン (PSGP) を使用する論理プロセッサの数を自動的に設定するには、「Fix it で解決する」セクションに進んでください。自分でプロセッサ固有のグラフィック パイプラインを使用する論理プロセッサの数を設定するには、「自分で解決する」セクションに進んでください。

Fix it で解決する

プロセッサ固有のグラフィック パイプライン (PSGP) を使用する論理プロセッサの数を自動的に 16 に設定するには、[この問題を解決する] リンクをクリックします。続いて [ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、このウィザードの手順に従います。



注: この自動的な修正により、プロセッサ固有のグラフィック パイプライン (PSGP) を使用する論理プロセッサの数が 16 に設定されます。

注: このウィザードは英語版のみである場合がありますが、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。

注: 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、自動的な解決ツールをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。

自分で解決する

  1. [スタート] ボタン[スタート] ボタンをクリックし、[プログラムとファイルの検索] ボックスに「regedit」と入力し、Enter キーを押します。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Direct3D
  3. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
  4. PSGPNumThreads」と入力し、Enter キーを押します。
  5. [PSGPNumThreads] を右クリックし、[修正] をクリックします。
  6. [値のデータ] ボックスに、使用するスレッドの数を入力して、[OK] をクリックします。
  7. コンピューターを再起動して、変更を適用します。
注:
  • x64 ベースのコンピューターで 32 ビット アプリケーションを実行している場合は、このセクションで前述したレジストリ エントリに加えて以下のレジストリ サブキーを追加する必要があります。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Direct3D
    続いて、[PSGPNumThreads] を、使用するスレッドの数に設定します。
  • スレッドの数は、最大数 16 スレッドまでをサポートする論理プロセッサの数を超えてはなりません。

プロセッサ固有のグラフィック パイプラインを無効にする

自分でプロセッサ固有のグラフィック パイプラインを無効にするには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン[スタート] ボタンをクリックし、[プログラムとファイルの検索] ボックスに「regedit」と入力し、Enter キーを押します。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Direct3D
  3. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
  4. DisablePSGP」と入力し、Enter キーを押します。
  5. [DisablePSGP] を右クリックし、[修正] をクリックします。
  6. [値のデータ] ボックスに「1」と入力し、[OK] をクリックします。
  7. コンピューターを再起動して、変更を適用します。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

問題が解決されたかどうかの確認

  • 問題が解決されたかどうかを確認します。問題が解決された場合、このセクションの作業は完了していることになります。問題が解決されていない場合は、サポートに問い合わせることができます。
  • マイクロソフトではフィードバックをお待ちしております。この解決方法に関するフィードバックを提供するか、または問題を報告するには、"Fix it for me" ブログ にコメントを記入するか、電子メール メッセージ (日本語可) を送信してください。
詳細
ソフトウェア更新プログラムに関する用語の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
プロパティ

文書番号:982485 - 最終更新日: 01/19/2012 15:04:00 - リビジョン: 4.0

  • kbtshoot kbfea kbexpertiseinter kbexpertisebeginner kbfixme kbsurveynew kbmsifixme KB982485
フィードバック