PowerPoint 2013 または 2010年プレゼンテーションに mpeg-4 または QuickTime ムービー ファイルを挿入しようとするときにエラー メッセージ:"を挿入できません、ビデオ選択したファイルから]

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:982689
現象
スライドでは、Microsoft PowerPoint 2013 または 2010年の 64 ビット バージョンでは、しようとする Apple QuickTime ビデオとオーディオ形式を次のいずれかを使用するビデオを挿入します。
  • Mpeg-4 ビデオ (*.mp4)
  • Mpeg-4 オーディオ (*.m4a)
  • QuickTime ムービー ("*.mov")
これらの形式のいずれかを挿入しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
PowerPoint が指定されたファイルからビデオを挿入できません。このメディア形式に必要な 64 ビット コーデックがインストールされているし、もう一度やり直してを確認します。
原因
現在、Windows オペレーティング システムには QuickTime メディア形式は、次の 3 つの 64 ビット ビデオまたはオーディオ コーデックがないために、この問題が発生します。
回避策
この問題を回避するには、サードパーティ製のビデオまたはオーディオのファイル コンバーターを使用してこれらのビデオまたはオーディオ ファイルを Windows Media ビデオ ファイルの形式 (*.wmv) に変換できます。

この資料で説明するサード・パーティ製品は、マイクロソフトとは無関係の企業による製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる保証も行いません。
PPT2010 PPT14 QT mp4 m4a mov PPT2013 PPT15 PPT

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:982689 - 最終更新日: 11/01/2015 02:38:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft PowerPoint 2013, Microsoft PowerPoint 2010, Microsoft PowerPoint Home and Student 2010

  • kbvideo kbslideshow kbexpertisebeginner kbtshoot kbsurveynew kbprb kbmt KB982689 KbMtja
フィードバック