共有メール フォルダーをキャッシュ モードでダウンロードするよう初期設定されている (Outlook 2010 および Outlook 2013)

現象
Microsoft Outlook 2010 または Microsoft Outlook 2013 プロファイルをキャッシュ モードで構成し、別のユーザーのメールボックスまたは共有フォルダーをプロファイルに追加すると、アクセス可能な全てのフォルダーのアイテムは、既定によりローカル キャッシュにダウンロードされます。これは Microsoft Office Outlook 2007 から変更された点です (Microsoft Outlook 2007 では、メール以外の共有フォルダーのアイテムのみ既定でキャッシュされます)。

例: 以下の図は、Marcelo Santos の受信トレイ (共有) を示しています。この受信トレイ フォルダーを選択すると (選択中のフォルダーはナビゲーション ペインで確認可能)、ステータス バーに “Connected” (接続中) と表示されます。これにより、受信トレイが Outlook 2010 にキャッシュされていることがわかります。



原因
この問題は、共有フォルダーの既定キャッシュ動作が Outlook 2010 から変更されているために発生します。
解決方法
Outlook 2007 の既定動作と一致するよう、Outlook 2010 または Outlook 2013 に初期設定されている共有フォルダーのキャッシュ動作を変更するには、以下のレジストリ データを Outlook クライアントに追加する必要があります。これにより、メール以外のフォルダー (予定表、連絡先、タスク) のみキャッシュされるようになります。

キー:

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\xx.0\Outlook\Cached Mode

または

HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\xx.0\Outlook\Cached Mode

注: xx.0 には、Outlook 2010 を使用している場合は 14.0 を、Outlook 2013 を使用している場合は 15.0 を指定します。

名前: CacheOthersMail
種類: DWORD:
: 0

: \Policies レジストリ キーにレジストリ値を構成すると、変更は既存の Outlook プロファイルの全てに反映されます。Policies キー以外にレジストリ値を構成すると、変更は新たに作成した Outlook プロファイルにのみ反映されます。

以下は、Outlook 2010 または Outlook 2013 にレジストリ値を構成する 3 種類の方法を示しています (いずれか 1 つを使用)。
  • Windows レジストリを手動で変更する
  • グループ ポリシー設定を使用してレジストリを構成する
  • Office カスタム ツールを使用して共有メール フォルダー キャッシュ設定を表示する
使用する方法にかかわらず、共有メール フォルダーのキャッシュを無効にすると、別のメールボックスで共有メール フォルダーを選択すると、Outlook のステータス バーには “Online” (オンライン) と表示されるようになります (下図参照)。



この構成では、オフラインで Outlook で作業をしている間、メール フォルダー内のアイテムは利用できません。メール以外のフォルダー内のアイテムは、オフライン中も利用できます。

方法 1: Windows レジストリを手動で変更する

重要: 本セクション、方法、タスクにはレジストリの編集手順が含まれています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生する場合があります。そのため、手順を実行する場合は慎重に進めてください。問題が発生した場合に備え、レジストリのバックアップを作成しておくことが推奨されます。レジストリのバックアップ方法および復元方法については、以下の Microsoft Knowledge Base 資料を参照してください。
322756: Windows XP でレジストリをバックアップおよび復元する方法


Outlook 2010 および Outlook 2013 の共有フォルダーのキャッシュ動作を変更し、Office Outlook 2007 のキャッシュ動作と一致させるには、Outlook クライアントにレジストリ値を追加する必要があります。手順は以下のとおりです。
  1. Outlook を閉じます。
  2. レジストリ エディタを起動します。

    Windows Vista および Windows 7:
    1. [スタート Start button ] をクリックし、[プログラムとファイルの検索] に「regedit」と入力して Enter キーを押します。User Account Control permission パスワードの入力を求める画面が表示されたら、管理者のパスワードを入力します。または、確認を求める画面で [Allow] (許可/はい) をクリックします。
    Windows XP:
    1. [スタート]、[ファイル名を指定して実行] を順にクリックし、「regedit」と入力して [OK] をクリックします。
  3. 以下のレジストリ キーをクリックします。 
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\xx.0\Outlook\Cached Mode
    上記レジストリ キー中の xx.0 には、Outlook 2010 の場合は 14.0 を、Outlook 2013 の場合は 15.0 を指定します。

    注: Cached Mode キーが表示されていない場合は、以下の手順で作成します。
    1. Outlook キーを選択します。
    2. [編集] メニューから [新規]、[キー] の順にクリックします。
    3. Cached Mode」と入力し、Enter キーを押します。 
    4. Cached Mode キーを選択し、手順 4 に進みます。 
  4. [編集] メニューから [新規]、[DWORD ] の順にクリックします。
  5. CacheOthersMail」と入力し、Enter キーを押します。 
  6. [編集] メニューから [修正] をクリックします。
  7. 0」と入力し、[OK] をクリックします。
  8. レジストリ エディタを終了します。
  9. Outlook を起動します。
注: この手順では、新たに作成した Outlook プロファイルのみ変更されます。既存の Outlook プロファイルを変更するには、以下のレジストリ パスにレジストリ値を追加する必要があります。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\xx.0\Outlook\Cached Mode
注: 上記レジストリ中、xx.0 には、Outlook 2010 には 14.0 を、Outlook 2013 には 15.0 を指定します。

方法 2: グループ ポリシー設定を使用してレジストリを構成する

Outlook 2010 および Outlook 2013 の共有フォルダーの既定キャッシュ動作を変更する際に必要となるレジストリ キー値は、グループ ポリシー設定で構成できます。

Outlook 2010

Outlook 2010 用の既定のグループ ポリシー テンプレート (Outlk14.adm) には、この機能を制御するポリシー設定が含まれていません。そのため、グループ ポリシー テンプレートを使用してレジストリ キー値を構成する必要があります。

カスタム グループ ポリシー テンプレートを使用して設定を展開する手順は、以下のとおりです。 
  1. Microsoft Download Center から以下のファイルをダウンロードします。 注: カスタム .adm テンプレートには、以下のテキストが含まれています。
    CLASS USER   CATEGORY !!L_MicrosoftOfficeOutlookCachedSharedMailFolders         POLICY !!L_TurnOnOffSharedMailFolderCaching             KEYNAME "Software\Policies\Microsoft\Office\14.0\Outlook\Cached Mode"             EXPLAIN !!L_TurnOnOffSharedMailFolderCachingExplain             VALUENAME "CacheOthersMail"             VALUEON NUMERIC 0             VALUEOFF NUMERIC 1         END POLICY      END CATEGORY[strings]L_MicrosoftOfficeOutlookCachedSharedMailFolders="Outlook 2010 Shared Mail Folder Caching"L_TurnOnOffSharedMailFolderCaching="Disable shared mail folder caching"L_TurnOnOffSharedMailFolderCachingExplain="This policy controls the caching of shared mail folders in Outlook 2010 \n \n By default, Outlook 2010 caches shared mail and non-mail (Calendar, Contacts, Tasks) to which you have access.\n \n Enable this policy to configure Outlook to only cache shared non-mail folders. This mirrors the default shared folder caching behavior in Outlook 2007.\n \n If you disable this policy or do not configure this policy, shared mail and non-mail folders to which you have access are cached in your .ost file when you add another mailbox to your profile."
  2. Outlk14-DisableCachingSharedMailFolders.adm ファイルを、グループ ポリシー オブジェクト エディタまたはグループ ポリシー管理コンソールに追加します。

    注: グループ ポリシー オブジェクト エディタまたはグループ ポリシー管理コンソールへ .adm ファイルを追加する手順は、Windows のバージョンによって異なります。また、ポリシー設定をドメイン全体ではなく組織単位に適用する場合も手順が異なってきます。そのため、Windows に関する資料で詳細を確認してください。

    グループ ポリシー オブジェクト エディタまたはグループ ポリシー管理コンソールに .adm テンプレートを追加後、手順 3 に進みます。 
  3. グループ ポリシー オブジェクト エディタまたはグループ ポリシー管理コンソールの [User Configuration] 下の [Classic Administrative Templates (ADM)] を展開し、カスタム テンプレートのポリシー ノードを特定します。手順 1 のカスタム *.adm テンプレートを使用していた場合、ノードは Outlook 2010 Shared Mail Folder Caching になります。 
    The screen shot for Group Policy Object Editor
  4. [Outlook 2010 Shared Mail Folder Caching] 下の [Disable shared mail folder caching] をダブルクリックします。
  5. [Enabled]、[OK] を順にクリックします。

    ここまで設定すると、グループ ポリシー設定がレプリケートされた時点で、ポリシー設定は Outlook 2010 クライアント PC に適用されます。変更を検証するには、コマンド プロンプトで以下のコマンドを入力し、Enter キーを押します。 
    gpupdate /force
コマンド実行後、クライアント PC でレジストリ エディタを起動し、CacheOthersMail レジストリが表示されていることと、その値に「0」が設定されていることを確認します。
キー
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\14.0\Outlook\Cached Mode

名前: CacheOthersMail
種類: DWORD:
:  0
上記レジストリにこの値が表示されている場合は、グループ ポリシー設定が既にクライアントへ適用されています。Outlook 2010 を起動し、変更が適用されていることを確認してください。 

Outlook 2013

Outlook 2013 の既定のグループ ポリシー テンプレート ファイル (Outlk15.admx および Outlk15.adml) には、レジストリ キーを構成するポリシー設定が含まれています。

Outlook 2013 グループ ポリシー テンプレートを使用して設定を展開する手順は、以下のとおりです。 
  1. Microsoft Download Center から以下のファイルをダウンロードします。 
  2. admintemplates_32bit.exe ファイルまたは admintemplates_64bit.exe ファイルをディスク上のフォルダーへ保存します。
  3. Outlk15.admx ファイルを C:\Windows\PolicyDefinitions フォルダーへコピーします。
  4. Outlk15.adml ファイルを C:\Windows\PolicyDefinitions\xx-xx へコピーします。

    xx-xx には、言語のカルチャ名が入ります。例えば、英語 (米国) のカルチャ名は en-us です。言語のカルチャ名についての詳細は、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

    http://technet.microsoft.com/library/ee797784(v=CS.20).aspx

    注: .adml ファイルは、適切な言語フォルダーからコピーする必要があります。
  5. グループ ポリシー オブジェクト エディタまたはグループ ポリシー管理コンソールを起動します。

    注: ドメイン全体ではなく組織単位にポリシー設定を適用する場合は、手順が異なる場合があります。Windows ドキュメントで詳細を確認してください。  
  6. グループ ポリシー オブジェクト エディタまたはグループ ポリシー管理コンソールの [User Configuration] 下から [Administrative Templates]、[Microsoft Outlook 2013]、[Outlook Options] を順に展開していき、[Delegates] ノードをクリックします (以下のスクリーンショット参照)。

    The screen shot for this step
  7. [Delegates] で [共有メール フォルダーのキャッシュを無効にする] をダブルクリックします。
  8. [有効]、[OK] を順にクリックします。

    ここまで設定すると、グループ ポリシー設定がレプリケートされた時点で、ポリシー設定は Outlook 2013 クライアント PC に適用されます。変更を検証するには、コマンド プロンプトで以下のコマンドを入力し、Enter キーを押します。 
    gpupdate /force
コマンド実行後、クライアント PC でレジストリ エディタを起動し、CacheOthersMail レジストリが表示されていることと、その値が「0」に設定されていることを確認します。
キー
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\15.0\Outlook\Cached Mode

名前: CacheOthersMail
種類: DWORD:
: 0
上記レジストリにこの値が表示されている場合は、グループ ポリシー設定が既にクライアントへ適用されています。Outlook 2013 を起動し、変更が反映されていることを確認してください。 

方法 3: Office カスタマイズ ツールを使用して共有メール フォルダーのキャッシュ設定を展開する

Office カスタマイズ ツール (OCT) を使用して、共有メール フォルダーのキャッシュ設定を展開できます。

Outlook 2010

Outlook 2010にキャッシュ設定を展開するには、Office カスタム ツール (OCT) の “Add registry entries” (レジストリ エントリの追加) オプションを使用し、以下の手順に従います。

注: OCT の使用には、Enterprise エディションの Microsoft Office 2010 が必要です。製品版の Office 2010 を使用している場合は、OCT を起動すると以下のエラーが表示されます。
“Office カスタマイズ ツールの実行に必要なファイルが見つかりませんでした。正規の製品のインストール ポイントからセットアップを実行してください。"
  1. [スタート Start button ] をクリックし、検索ボックスにcmd」と入力し、Enter キーを押します。
  2. コマンド プロンプトに以下の値を入力し、Enter キーを押します。
    \\Server\share\Office2010\Setup.exe /admin
  3. [製品の選択] ダイアログ ボックスの [次の製品の新しいセットアップ カスタマイズ ファイルを作成する] をクリックします。
  4. [製品の選択] ダイアログ ボックスで Office 製品を選択し、[OK] をクリックします。 
  5. OCT のナビゲーション ペインで、[Modify user settings] (ユーザー設定の変更)、[Add] (追加) を順にクリックします。
  6. [レジストリ エントリの追加/変更] ダイアログ ボックスで、以下のように設定した後 [OK] をクリックします。 
    1. ルート: HKEY_CURRENT_USER
    2. データの種類: REG_DWORD
    3. キー: Software\Microsoft\Office\14.0\Outlook\Cached Mode
    4. 値の名前: CacheOthersMail
    5. 値のデータ: 0
    下図は、[レジストリ エントリの追加/変更] ダイアログ ボックスの設定変更を示しています。
    The screen shot for the Add/Modify Registry Entry dialog box

    [レジストリ エントリの追加/変更] ダイアログ ボックスで [OK] をクリックすると、OCT はレジストリ データを表示します (下図参照)。 
    The screen shot for the Microsoft Office Customization Tool
  7. OCT で残りのタスクを実行した後、.msp ファイルを保存します。 
  8. この .msp ファイルを Office 2010 に展開します。 
注: この方法は、新たに作成した Outlook プロファイルにのみ適用されます。既存の Outlook プロファイルを変更するには、以下のレジストリ キーにレジストリ値を追加する必要があります。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\14.0\Outlook\Cached Mode

Outlook 2013

この設定を Outlook 2013 で展開するには、Office カスタマイズ ツール (OCT) のビルトイン設定を使用し、以下の説明に従って手順を進めます。

注: OCT の使用には Enterprise エディションの Microsoft Office 2013 が必要です。製品版の Office 2013 を使用している場合は、OCT の起動時に以下のエラーが表示されます。
“Office カスタマイズ ツールの実行に必要なファイルが見つかりませんでした。正規の製品のインストール ポイントからセットアップを実行してください。" 
  1. [スタート Start button ] をクリックし、検索ボックスに「cmd」と入力して Enter キーを押します。
  2. コマンド プロンプトに以下の文字列を入力し、Enter キーを押します。
    \\Server\share\Office2013\Setup.exe /admin
  3. [製品の選択] ダイアログ ボックスで、[次の製品の新しいセットアップ カスタマイズ ファイルを作成する] をクリックします。
  4. [製品の選択] ダイアログ ボックスで Office 製品を選択し、[OK] をクリックします。
  5. OCT のナビゲーション ペインで [ユーザー設定の変更] をクリックし、[Microsoft Outlook 2013]、[Outlook のオプション] を順に展開し、[Delegates] (委任) をクリックします。
  6. [共有メール フォルダーのキャッシュを無効にする] をダブルクリックします。 
  7. [有効] をクリックした後、[OK] をクリックします。

    [OK] をクリックすると、OCT にレジストリ データが表示されます (下図参照)。

    The screen shot for this step
  8. OCT で残りのタスクを実行後、.msp ファイルを保存します。 
  9. Office 2013 にこの .msp ファイルを展開します。 
注: この方法では、新たに作成した Outlook プロファイルのみを変更します。既存の Outlook プロファイルを編集するには、以下のレジストリ キーにレジストリ値を追加してください。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\15.0\Outlook\Cached Mode

追加情報 

全ての共有フォルダーのダウンロードを無効にする

キャッシュ モードでプロファイルを使用する際の共有フォルダーのキャッシュ化を無効化できます。該当フォルダーには、共有メール フォルダーやメール以外の共有フォルダーも含まれます。この設定は OCT とグループ ポリシー テンプレートを用います。

下図は、Outlook 2010 の全ての共有フォルダーのキャッシュを制御する OCT 設定を示しています。 
The screen shot for the Microsoft Office Customization Tool


OCT を使用してキャッシュ設定を無効にするには、以下のレジストリ キーを Outlook クライアントに構成します。 
キー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\xx.0\Outlook\Cached Mode

注: xx.0 には、Outlook 2010 には 14.0 を、Outlook 2013 には 15.0 を指定します。

名前: DownloadSharedFolders
種類: DWORD
: 0
下図は、Outlook 2010 の全ての共有フォルダーのキャッシュ設定を制御する、グループ ポリシー管理エディタ内の設定を示しています。 
The screen shot for the Group Policy Management Editor

グループ ポリシー設定を使用してキャッシュを無効にするには、以下のレジストリ キーを Outlook 2010 クライアントに構成する必要があります。 
キー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\14.0\Outlook\Cached Mode

注: xx.0 には、Outlook 2010 には 14.0 を、Outlook 2013 には 15.0 を指定します。

名前: DownloadSharedFolders
種類: DWORD
: 0

オフライン Outlook データ (.ost) ファイルのサイズの影響

共有フォルダーをダウンロードするよう Outlook を構成している場合、共有フォルダーのコンテンツはローカルのオフライン Outlook データ (.ost) ファイルに保存されます。共有フォルダー内に多くのアイテムや大容量の添付ファイルが含まれる場合、.ost ファイルのサイズが増加します。

Outlook 2013 からサイト メールボックスがサポートされています。サイト メールボックスが機能するには Exchange Server 2013 と SharePoint 2013 が必要です。Exchange 2013/SharePoint 2013 環境を使用しており、サイト メールボックスにアクセスできる場合、このサイト メールボックスは Outlook 2013 クライアントへ自動的に追加されます。”共有フォルダーをダウンロード” 設定を有効にしている場合、サイト メールボックスのコンテンツはローカルの .ost ファイルに同期され、.ost ファイルが巨大化する可能性があります。

Outlook の大きなデータ ファイルとパフォーマンスについては、以下の Microsoft Knowledge Base 資料を参照してください。
2759052 : Outlook データ ファイルが大きい場合にアプリケーションが反応を停止する (英語)

ポリシーで .ost ファイル サイズを制限している場合は、共有フォルダーのキャッシュ処理により、.ost ファイルのサイズが上限に達する場合があります。Outlook データ ファイルの制限に使用されるポリシーについては、以下の Microsoft Knowledge Base 資料を参照してください。  
832925 : Outlook 2010、Outlook 2007、および Outlook 2003 の .pst ファイルおよび .ost ファイルのサイズの制限を構成する方法  
OL2010 OL2013 OL15 OL14 OST OCT Download Shared Folders excludes mail folders
プロパティ

文書番号:982697 - 最終更新日: 11/09/2015 08:51:00 - リビジョン: 12.0

Microsoft Outlook 2013, Microsoft Outlook 2010, Outlook 2016

  • kbemail kbexpertiseinter kbtshoot kbsurveynew kbprb KB982697
フィードバック