メールボックスのクォータ情報が Outlook のステータス バーに表示されません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:982997
現象
クォータ情報をステータス バーに表示するには、Outlook 2010 またはそれ以降のバージョンを構成すると、ステータス バーを右クリックすると次の例のような何かを参照してくださいする必要があります。

ステータス バーをカスタマイズします。

ただし、クォータ情報がステータス バーに表示されないことができます。このような場合は、次の例のようなステータス バーを参照してください。

ステータス バー
原因
この問題は、原因は、以下のいずれかの発生する可能性があります。

原因 1

お使いのメールボックスは Microsoft Exchange Server 2003 にあります。

原因 2

お使いのメールボックスは、Microsoft Exchange Server 2007、あるいは Microsoft Exchange Server 2010 上にあります。さらに、(Outlook プロファイル構成) によって構成されている特定のメールボックス ストアまたはストアの制限がありません。
  • キャッシュ モードのプロファイルの構成

    キャッシュ モードで Outlook プロファイルを構成する場合は、メールボックスに対して構成されている次の 3 つのプロパティを持つ必要があります。
    • 警告を表示
    • 送信を禁止します。
    • 送受信禁止
  • オンライン モードのプロファイルの構成

    オンライン モードで Outlook プロファイルを構成すると、場合は、メールボックスに対して構成されている次の 2 つのプロパティには。
    • 送信を禁止します。
    • 送受信禁止

確認するのにはこれらの設定では、以下の手順。
  • で、個々 のメールボックス

    -Exchange 管理コンソール
    1. [受信者の構成] で、メールボックスを選択します。
    2. メールボックスを選択し、[操作] ウィンドウの [プロパティ] をクリックします。
    3. [メールボックスの設定] タブでは、記憶域のクォータを選択し、し、[プロパティ] をクリックします。

      次の例では、メールボックスに設定されているすべての固有の制限はありません (を使用するメールボックス データベースの既定値]が有効になってを =)。

      格納域の制限

    Exchange 管理シェル

    次の例のようなコマンドを実行します。
    Get メールボックス mailbox_identity |FL * クォータ *

    結果が設定されている特定の制限がないメールボックスを指定する次の例では、(UseDatabaseQuotaDefaults = True)。

    コマンド プロンプトの使用例

  • で、メールボックス ストア

    -Exchange 管理コンソール
    1. [サーバーの構成] で、メールボックスを選択します。
    2. 上部のペインで、メールボックス サーバーを選択します。
    3. [データベース管理] タブの下部のペインで、メールボックス データベースオブジェクトを選択します。
    4. [メールボックス データベース] の [操作] ウィンドウで、プロパティを選択します。
    5. [制限] タブで、データベースに対して構成されている制限を確認します。

      次の例では、警告し、送信を禁止するサイズの制限が設定されています。

      メールボックス データベースのプロパティ


    Exchange 管理シェル

    次の例のようなコマンドを実行します。
    Get MailboxDatabasemailbox_database_identity |FL ProhibitSend *、IssueWarning *

    あるメールボックス データベースがない、送受信クォータが設定されている次の例では、結果を示します (ProhibitSendReceiveQuota = 無制限)。

    コマンド プロンプトの使用例
詳細
次の使用例は、Exchange Server 2007年または Exchange Server 2010年のメールボックスに必要なクォータが構成されている Outlook のステータス バーに表示されているクォータ情報を示します。クォータのテキストをステータス バーにマウス ポインターを移動するときは、ステータス バーの下のツール ヒントが表示されます。

クォータ情報をステータス バー

メールボックスの制限値とクォータを使用しているときは、次の他の関連するこの現象も参照してください。

メールボックスがいっぱいになったとき、Outlook 2010 で 2632283The メールボックスの整理ウィザードが起動しません。
http://support.microsoft.com/kb/2632283/EN-US


警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:982997 - 最終更新日: 09/23/2015 04:35:00 - リビジョン: 5.0

Outlook 2016, Microsoft Outlook 2013, Microsoft Outlook 2010

  • kbsurveynew kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbgraphxlink kbmt KB982997 KbMtja
フィードバック