Outlook 2010 に、SharePoint 2010 外部リストをオフラインを実行しようとするときに、「システムでは、このインストール パッケージの言語はサポートされていません」エラー メッセージが表示されます。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:983010
現象
次のような状況を考えます。
  • サーバーで Microsoft SharePoint Server 2010 をインストールする、と一緒にが有効になっているエンタープライズ アクセス ライセンスを取得します。
  • Windows XP ベースのコンピューターには、Microsoft Office 2010 をインストールします。
  • Office 2010 は、Windows XP では使用がよりも、別の言語にローカライズされます。
  • Windows XP ベースのコンピューターの場合、3 番目の言語の Office 2010 の言語パックをインストールします。
  • Windows XP ベースのコンピューターに.NET Framework 3.5 Service Pack 1 (SP1) をインストールします。
  • Windows XP ベースのコンピューターに Office 2010 の言語パックの言語を一致するように Office 2010 の言語ロケールを変更します。
  • SharePoint 2010 サーバーでは、Office のアイテムにマッピングされる外部コンテンツの種類をインポートして、この外部コンテンツ タイプを使用する外部リストを作成します。
このシナリオでは、Outlook 2010 に外部リストをオフラインを実行しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

システムでは、このインストール パッケージの言語はサポートされていません。

リストをオフラインにしようとすると、このエラーを受信後、次のエラー メッセージが表示されます。

.NET Framework 3.5 がインストールされていません。
回避策
この問題を回避するには、Office 2010 で使用されている言語と一致する Windows XP の言語ロケールを変更します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンし、設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. をダブルクリックします [地域のオプション アイコン。
  3. 地域のオプションの ダイアログ ボックスで、変更する言語のチェック ボックスをオンにする] をクリックします。
  4. をクリックします既定の設定 ボタン。
  5. システムのローカルの選択 ] ダイアログ ボックスでは、必要な言語をクリックし、し、[OK] をクリックします。
  6. 地域のオプションの ] ダイアログ ボックスで、[適用] をクリックします。
  7. クリックしてはい 、次のメッセージとメッセージが表示されたら。
    必要なファイルをハード_ディスクにインストールされています。セットアップが既存のファイルを使用または、セットアップに再度コピーして、元の Windows CD-ROM またはネットワーク共有から。

    ファイルのコピーをスキップし、既存のファイルを使用してもよろしいですか。([いいえ] をクリックする場合求められます Windows CD-ROM を挿入する、またはファイルを参照して別の場所を指定する。)
  8. コンピューターを再起動するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

プロパティ

文書番号:983010 - 最終更新日: 04/23/2016 23:40:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft SharePoint Foundation 2010, Microsoft SharePoint Server 2010

  • kbprb kbpubtypekc kbsurveynew kbexpertiseadvanced kblocalization kbmt KB983010 KbMtja
フィードバック