SharePoint Server 2007 または Windows SharePoint Services 3.0 のサイトにおいて、SharePoint Designer 2007 で Oracle 用のデータ プロバイダーを使用して Oracle データベースに接続できない

現象
Microsoft Office SharePoint Server 2007 または Windows SharePoint Services 3.0 のサイトにおいて、Microsoft Office SharePoint Designer 2007 で、Oracle 用のデータ プロバイダーを使用して Oracle データベースに接続すると、以下のエラー メッセージが表示されて Oracle データベースに接続できません。

サーバーエラー: データベース root からテーブルのリストを取得中にエラーが発生しました: 実行しようとしているクエリには、構文エラーがあります。
回避策
Oracle データベースに接続するには、以下の手順を実行して、接続文字列を手動で編集してください。
  1. SharePoint Designer 2007 を起動します。
  2. [ファイル] の [サイトを開く] をクリックし、Oracle データベースに対するデータ ソースを作成するサイトを開きます。
  3. [データ ビュー] の [データ ソースの管理] をクリックします。
  4. 右ペインの [データソース ライブラリ] で、[データベース接続] を展開し、[データベースに接続] をクリックします。
  5. [データ ソースのプロパティ] 画面で、[データベース接続の構成] をクリックします。
  6. [カスタム接続文字列を使用する] チエック ボックスのチェックをオンにし、[編集] をクリックします。
  7. [プロバイダー名] で [Microsoft .NET Framework Data Provider for Oracle] をクリックします。
  8. [文字列] に、Oracle に接続するための接続文字列を入力し、[OK] をクリックします。

    接続文字列例 : Data Source=orcl;User ID=system;Password=Passw0rd!;Provider=OraOLEDB.Oracle
  9. [次へ] をクリックします。"選択された認証オプションでは、ユーザー名とパスワードはデータ接続にクリア テキストとして保存されます。この Web サイトの他の作成者は、この情報にアクセスできます。" と表示されたら、[OK] をクリックします。
  10. "サーバーエラー: データベース root からテーブルのリストを取得中にエラーが発生しました: 実行しようとしているクエリには、構文エラーがあります。" と表示されたら、[OK] をクリックします。
  11. [SQL またはストアド プロシージャを使用して、ユーザー設定の Select、Update、Insert、および Delete コマンドを指定する] をクリックし、[完了] をクリックします。
  12. [ユーザー設定の SQL コマンドの編集] 画面で、[OK] をクリックします。
  13. [データ ソースのプロパティ] 画面で、[OK] をクリックします。
  14. [データソース ライブラリ] の [データベース接続] で、新しいデータソースが作成されていることを確認します。
  15. 左ペインの [フォルダ一覧] で、[_catalogs] の [fpdatasources] を展開し、[data_source.xml] をダブルクリックします。
  16. 中ペインでは、xml 形式で表示されます。表示された xml の "Initial catalog=root" を削除します。

    編集前 :
    <udc:DataSource xmlns:udc="http://schemas.microsoft.com/data/udc" MajorVersion="2" MinorVersion="0"><udc:Name>test me please</udc:Name><udc:ConnectionInfo><DataSourceControl><![CDATA[<asp:SqlDataSource runat="server" ConnectionString="Data Source=orcl;User ID=system;Password=Passw0rd!;Initial Catalog=root;" ProviderName="System.Data.OracleClient" ID="SqlDataSource1" SelectCommand="select p.deptno, p.dname from scott.dept p" __designer:Provider="OraOLEDB.Oracle" __designer:customconnectionstring="true" __designer:customcommand="true"></asp:SqlDataSource>]]></DataSourceControl></udc:ConnectionInfo><udc:Type MajorVersion="1" MinorVersion="0" Type="Sql"/></udc:DataSource>
    編集後 :
    <udc:DataSource xmlns:udc="http://schemas.microsoft.com/data/udc" MajorVersion="2" MinorVersion="0"><udc:Name>test me please</udc:Name><udc:ConnectionInfo><DataSourceControl><![CDATA[<asp:SqlDataSource runat="server" ConnectionString="Data Source=orcl;User ID=system;Password=Passw0rd!;" ProviderName="System.Data.OracleClient" ID="SqlDataSource1" SelectCommand="select p.deptno, p.dname from scott.dept p" __designer:Provider="OraOLEDB.Oracle" __designer:customconnectionstring="true" __designer:customcommand="true"></asp:SqlDataSource>]]></DataSourceControl></udc:ConnectionInfo><udc:Type MajorVersion="1" MinorVersion="0" Type="Sql"/></udc:DataSource>
  17. [data_source.xml] ファイルを保存します。
詳細

問題の再現手順

  1. SharePoint Designer 2007 を起動します。
  2. [ファイル] の [サイトを開く] をクリックし、Oracle データベースに対するデータソースを作成するサイトを開きます。
  3. [データ ビュー] の [データ ソースの管理] をクリックします。
  4. 右ペインの [データソース ライブラリ] で [データベース接続] を展開し、[データベースに接続] をクリックします。
  5. [データ ソースのプロパティ] 画面で、[データベース接続の構成] をクリックします。
  6. [カスタム接続文字列を使用する] チエック ボックスのチェックをオンにし、[編集] をクリックします。
  7. [プロバイダ名] で [Microsoft .NET Framework Data Provider for Oracle] をクリックします。
  8. [接続文字列] で Oracle に接続するための以下の接続文字列を入力し、[OK] をクリックします。

    Data Source=orcl;User ID=system;Password=Passw0rd!;Provider=OraOLEDB.Oracle
  9. [次へ] をクリックし、"選択された認証オプションでは、ユーザー名とパスワードはデータ接続にクリア テキストとして保存されます。この Web サイトの他の作成者は、この情報にアクセスできます。" と表示されたら、[OK] をクリックします。

結果

以下のエラー メッセージが表示されます。
サーバーエラー: データベース root からテーブルのリストを取得中にエラーが発生しました: 実行しようとしているクエリには、構文エラーがあります。
プロパティ

文書番号:983158 - 最終更新日: 05/13/2010 07:10:24 - リビジョン: 1.1

Microsoft Office SharePoint Designer 2007, Microsoft Office SharePoint Server 2007, Microsoft Windows SharePoint Services 3.0

  • kbbug kberrmsg kbtshoot kbexpertiseinter kbexpertiseadvanced kbharmony KB983158
フィードバック