不足している仮想マシンの SCVMM 2008 または SCVMM 2008 R2 を削除することはできません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:983839
現象
System Center Virtual Machine Manager SCVMM 2008 または SCVMM 2008 R2 では、重複する仮想マシン (VM) は SCVMM Administrator Console で表示される場合があります。このシナリオでは、重複する VM のいずれか、[不足] 状態があり、他の VM さまざまなステータス。

不足しているバーチャル マシンを削除しようとすると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
エラー (802)
VM ファイル vmname.domain.local は、他の VM で既に使用されています。
解決方法
この問題を解決するのには、次の手順を実行します。
  1. SCVMM の Administrator Console を閉じます。
  2. SCVMM サービス (VMMService.exe) を、SCVMM のサーバーを停止します。
  3. 完全の SCVMM データベースのバックアップを作成します。
  4. Microsoft SQL 管理 Studio Express SCVMM データベースがコンピューターにインストールします。
  5. SQL Server 管理 Studio Express を実行、SCVMM のデータベースを選択し、次の TechNet Web サイトに記載されている SQL スクリプトを実行します。 このスクリプトは、SCVMM データベースから、[不足] 状態が、不足しているすべての VM を削除します。
  6. スクリプトが正常に終了した場合は、次の出力が表示されます。
    コマンド (%s) が正常に完了しました。
  7. スクリプトが終了すると、SCVMM サービス (VMMService.exe)、SCVMM サーバーを再起動し、[不足している VM が削除されたことを確認するのには SCVMM Administrator Console] を開きます。
状況
マイクロソフトでは、この資料の対象製品」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
対象します。
  • Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2008
  • Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2008 R2

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:983839 - 最終更新日: 05/21/2010 05:46:00 - リビジョン: 1.0

  • kbhowto kbexpertiseadvanced kbmt kbsurveynew KB983839 KbMtja
フィードバック