新しい Microsoft Edge では、ほぼすべてのデータを Internet Explorer、Google Chrome、Mozilla Firefox からインポートし、Microsoft Edge で使用して、切り替えに必要なセットアップを最小限に抑え、他のブラウザーで使い慣れた方法で作業を続けることができます。

この記事では、broswer データをインポートするときに使用するオプションについて説明Microsoft Edge。

他のブラウザーから新しいブラウザーにデータをインポートするMicrosoft Edge

新しいブラウザーを初めてMicrosoft Edge、プライマリ ブラウザーからブラウザー データをインポートするオプションがあります。 新しい Chromium ベースの Microsoft Edge は、インターネット データの使用状況を使用してプライマリ ブラウザーを検出します。 インターネット データ使用量が 90% 以上のブラウザーがプライマリ ブラウザーであることが判断されます。 それ以外の場合は、レガシ Microsoft Edgeプライマリ ブラウザーと見なされます。

インターネット データの使用状況を表示するには、

  • [Windows] で、[ネットワーク]設定> インターネット &データ>に移動します

プライマリ Microsoft Edgeを特定すると、そのブラウザーからデータをインポートするオプションが表示されます。

注: 従来のMicrosoft Edge以外に、新しいアプリがインポートMicrosoft Edgeするブラウザーは、Microsoft Internet Explorer、Google Chrome、Mozilla Firefox です。

新しいデータを初めて実行する場合以外は、手動でデータをインポートMicrosoft Edge。

  1. 新しいファイルでMicrosoft Edge に移動し、設定の詳細>設定。 

  2. [ブラウザーデータのインポート] をクリックします

  3. [インポート先] ボックスの一覧で、インポートするデータを含むブラウザーを選択します。

  4. [インポートするデータの選択] で、目的のブラウザー データを選択します。

  5. [Import] (インポート) をクリックします。

Edge ブラウザーでのデータ移行の同意ポリシーは何ですか?

新しい Microsoft Edge を初めて実行すると、レガシ Microsoft Edge からデータがインポートされ、プライマリ ブラウザーからデータをインポートするオプションが表示されます。  

新しい Chromium ベースの Microsoft エッジは、古い Microsoft Edge からのアップグレードです。そのため、レガシ Microsoft Edge から新しい Microsoft Edge に、すべてのデータが自動的に引き継がれMicrosoft Edge。

  • Microsoft Edge Microsoft Edge からデータを移行する明示的な同意は求めされません。

  • 従来のMicrosoft Edgeデータは常に新しい Microsoft Edge に移行されます。

Google Chrome がプライマリ ブラウザーとして検出された場合、Microsoft Edge には Google Chrome からデータをインポートするオプションが表示され、インポートするデータに明示的に同意できます。 

[設定]をはじめに、お気に入り、履歴、ショートカットが Google Chrome から表示されます。 これらは、[新規] タブ ページでお気に入りやトップ サイトの配置を視覚的に表示するためにのみ使用されます。 お気に入り、履歴、ショートカットのデータはフェッチおよび表示されますが、この時点まで保存されません。 Google Chrome のブラウザー データを操作するための 2 つのオプションがある場合: 

  • [Google Chrome からインポート] を選ぶと、お気に入り、履歴、ショートカットを含むすべてのデータが、新しい Microsoft Edge の [ユーザー データ] フォルダーに保存されます。

  • をインポートせずに[続行] を選択した場合、お気に入り、履歴、ショートカットのデータは破棄され、他のデータは Google Chrome からインポートされません。

Internet Explorer からインポートされるInternet Explorer。

Internet Explorer からほぼすべてのデータをインポートし、Internet Explorer で行ったのと同様に、Microsoft Edge で外観、動作、および機能を設定できます。 

Internet Explorer からインポートできるデータ型を確認するには、Microsoft Edge で 設定 に移動し、[>設定 > プロファイル]> ブラウザー データのインポートに関するページを参照してください   。  

[インポート] ダイアログでこれらのデータ型Internet Explorer選択すると、データ型からインポートされるデータ型を次に示します。 

このオプションを選択すると、Internet Explorer の[お気に入り] バーのブックマークが、Microsoft Edge の [お気に入り] バーにインポートされます。 その他のお気に入りは、その他の [その他のお気に入り] フォルダーにインポートMicrosoft Edge。  

インポート中に、

  • 同じパス上の重複するフォルダーがマージされます。

  • 同じパス上の重複するファイルはスキップされます。

お気に入りを Internet Explorerで表示するには、[お気に入り] の [お気に入り] の [お気に入り>表示] に移動します。 

インポートしたお気に入りを Microsoft Edge で表示するには、[お気に入り設定の管理 (>) > に移動 edge://favorites。

このオプションを選択すると、Internet Explorer に保存したオンライン アカウントの資格情報が Microsoft Edge にインポートされ、オンライン アカウントにすばやく安全にログインできます。 

パスワードMicrosoft Edgeインポートすると、同じ Web サイトとユーザー名のパスワードが既にあるか確認されます。 保存したパスワードとインポートしたパスワードが一致しない場合は、Microsoft Edgeのパスワードがインポートされているパスワードで上書きされます。 競合が発生しない Web サイトでは、既存のパスワードが保存Microsoft Edge影響を受けません。 

Internet Explorer で保存されたパスワードを表示するには、[パスワードの管理] > [>コンテンツ] タブの [オートコンプリート>] >に移動します。  

Microsoft Edge でインポートしたパスワードを表示するには、設定 >設定 > >パスワード(edge://settings/passwords) に移動します。 

このオプションを選択すると、データベースに保存されている検索エンジンの一Internet ExplorerがMicrosoft Edge。 

Internet Explorer で検索エンジンを表示するには、[ツール] >[検索プロバイダー] の [>に移動します。  

Microsoft Edge で検索エンジンを表示するには、[設定 および> 設定 > のプライバシー、検索、サービス > アドレス バー] に移動し、[> 検索エンジンの管理 (edge://settings/searchEngines)を検索します。

このオプションを選択すると、Internet Explorer閲覧履歴がインポートMicrosoft Edge。 [新規] タブ ページに表示される上位サイトは Microsoft Edge の閲覧履歴に基づいて生成されます。インポートした履歴データに基づいて [上位サイト] が変更される場合があります。 

閲覧履歴データは、インポート プロセス中に Microsoft サーバーに送信されません。インポート プロセス全体がデバイスに完全にローカルである。 

Internet Explorer で閲覧履歴を表示するには、[お気に入り、フィード、履歴の表示] に移動し、[履歴] >します。 

Microsoft Edge で検索履歴を表示するには、[履歴] 設定>[履歴>管理] > (edge://history/all) の詳細に移動します 。  

このオプションを選択して、設定したホーム ページ URL を Microsoft Edge Internet Explorerインポートします。 

Internet Explorer で設定したホーム ページの URL を表示するには、[ホーム ページ]の [全般]タブ> [> インターネット オプション] >移動します。  

Microsoft Edge で検索エンジンを表示するには、[設定]に移動>設定>に移動 edge://settings/appearance。

このオプションを選択すると、Internet Explorerの設定Microsoft Edge 2 つのブラウザー間で可能な限り一貫性のあるブラウザー エクスペリエンスが維持されます。 

現在、最もよく使用される設定のインポート、ブラウザーのカスタマイズに関するヘルプ、アクセシビリティのために重要な設定、またはブラウザーが動作するために重要な設定のインポートをサポートしています。 ただし、すべての設定が新しい設定からインポートInternet Explorer。  

インポートInternet Explorer設定は次のとおりです。

全般設定

  • インターネット オプション > 全般> 閲覧履歴> 閲覧履歴を削除する

  • インターネット オプション > 一> 閲覧履歴>インターネット>一時インターネット ファイルと Web サイト ファイルを削除する

  • インターネット オプション>一>閲覧履歴>Cookie> Webサイト データを削除する

  • インターネット オプション>全般>閲覧履歴>削除>履歴

  • インターネット オプション > 全般> 閲覧履歴> 削除> ダウンロード履歴

  • インターネット オプション > 全般> 閲覧履歴> フォーム>削除]

  • インターネット オプション > [全般] > 閲覧履歴> パスワード> 削除する

プライバシー設定 

  • インターネット オプション > プライバシー>設定> 管理> Web サイト>Always Allow 

  • インターネット オプション > プライバシー>設定>サイト>管理された Webサイト> Always Block 

  • インターネット オプション > プライバシー> 場所> Web サイトが物理的な場所を再取得 (オンまたはオフ) で許可しない

  • インターネット オプション> プライバシー>ポップアップブロック>をオンにする(オンまたはオフ)

Cookie 

  • インターネット オプション > プライバシー>設定> > First Party Cookie > Accept  

  • インターネット オプション >プライバシー >設定>> ファースト パーティCookie>Accept 

  • インターネット オプション >>設定 > >ファースト パーティCookie>プロンプト

  • インターネット オプション > プライバシー>設定>>サードパーティCookie> Accept 

  • インターネット オプション > プライバシー>設定>>サードパーティCookie>ブロック 

  • インターネット オプション > プライバシー>設定>> サードパーティ Cookie > プロンプト 

開いているタブ 

このオプションを選択すると、開いているタブがタブからインポートInternet Explorer。 インポートしたタブは、現在アクティブなウィンドウのウィンドウに追加Microsoft Edge。

Google Chrome からインポートされた機能

ほぼすべてのユーザー データを Google Chrome から Microsoft Edge にインポートし、Google Chrome と同様に外観、動作、および機能を設定できます。 

データ型を確認するには、Google Chrome からインポートし、設定> 設定>プロファイル> ブラウザー データのインポート (edge://settings/importData) に移動します。

これらのデータ型の一部は使い慣れたものになりますが、設定、ピン留めされたタブ、開いているタブなど、多くの新しいデータ型のサポートも有効になっています。 [インポート] ダイアログでこれらのデータ型を選択すると、Google Chrome からインポートされるデータ型の概要を次に示します。 

Google Chrome のブックマーク バーのブックマークを、Google Chrome の[お気に入り] バーにインポートするには、このMicrosoft Edge。 [その他のブックマーク] フォルダーのブックマークは、その他の [お気に入り] フォルダーにインポートMicrosoft Edge。  

インポート中に、

  • 同じパス上の重複するフォルダーがマージされます。

  • 同じパス上の重複するファイルはスキップされます。

Google Chrome でブックマークを表示するには、[Google Chromeのカスタマイズと制御] >>ブックマーク マネージャー (chrome://bookmarks)に移動します。 

インポートしたお気に入りを Microsoft Edge で表示するには、[お気に入り設定の管理 (>) > に移動 edge://favorites。

このオプションを選択すると、Google Chrome に保存したオンライン アカウントの資格情報を Microsoft Edge にインポートして、オンライン アカウントにすばやく安全にログインできます。 

パスワードMicrosoft Edgeインポートするときに、同じ Web サイトとユーザー名に対して既にパスワードが保存されていないか確認されます。 保存したパスワードとインポートしたパスワードが一致しない場合は、Microsoft Edgeのパスワードがインポートされているパスワードで上書きされます。 ただし、競合が発生しない Web サイトの場合、既存の保存済みパスワードはMicrosoft Edge影響を受けません。 

Google Chrome に保存されているパスワードを表示するには、「Google Chrome >設定>自動 入力 (> パスワード ( chrome://settings/passwords) をカスタマイズして制御する」を参照してください。 

Microsoft Edge でインポートしたパスワードを表示するには、設定 >設定 > >パスワード(edge://settings/passwords) に移動します。  

配送先住所、電話番号、メール アドレスなどの住所データをインポートするには、このオプションを選択します。 Microsoft Edge同様のエントリをインテリジェントにチェックし、可能な場所にデータをマージします。 

Google Chrome に保存されている住所や他の連絡先データを表示するには、「Google Chrome >設定> > アドレスなどの自動入力 (chrome://settings/addresses) をカスタマイズして制御する」を参照してください。   

Microsoft Edge でインポートした住所や他の連絡先データを表示するには、「設定」および「> 設定 > >パスワード(edge://settings/passwords)」に移動します。 

保存したクレジット カード情報をインポートするには、このオプションを選択します。これにより、引き続きこれらのカードをオンラインでの購入に使用Microsoft Edge。 カード番号、カード所有者名、有効期限の任意の組み合わせは、一意の組み合わせです。 インポート中に重複が検出された場合、重複はインポートされません。 

Google Chrome で保存した支払い情報を表示するには、「Google Chromeのカスタマイズと 制御」>設定>支払い方法の自動入力 (>) にchrome://settings/payments。 

インポートした支払い情報を Microsoft Edge で表示するには、[設定] > 設定 > > 支払い情報 (edge://settings/payments)に移動します。 

このオプションを選択して、Google Chrome ブラウズ履歴を [Microsoft Edge] にインポートします。 [新規] タブ ページに表示される上位サイトは Microsoft Edge の閲覧履歴に基づいて生成されます。また、更新された履歴データに基づいてこれらの上位サイトが変更される場合もあります。 

閲覧履歴データはインポート プロセス中に Microsoft サーバーに送信されません。インポート プロセス全体がデバイスに完全にローカルです。

このオプションを選択して Google Chrome の設定をインポートし、2 つのブラウザー間でブラウザーの全体的なエクスペリエンスの一貫性を維持します。 

現在、最も頻繁に使用される設定のインポート、ブラウザーのカスタマイズに関するヘルプ、アクセシビリティのために重要な設定、またはブラウザーが動作するために重要である設定のインポートがサポートされています。ただし、すべての設定が Google Chrome からインポートされるというのではありません。 フィードバックに基づいて、より多くの設定に対するサポートを時間の中で追加する必要があります。 

次の Google Chrome 設定がインポートされます。

自分と Google の設定 

  • ユーザーと Google > Chrome の名前と画像

[オートフィルの設定] 

  • パスワードを保存>する>の自動入力

  • 自動入力> パスワード> 自動サインイン

  • [支払い> の自動入力> 支払い方法を保存して入力する]

  • [住所> の自動入力> 住所の保存と入力

外観の設定 

  • [ホーム>を表示する] ボタンの外観

  • [外観>ブックマークバーを表示する]

  • 外観>フォント サイズ

  • 外観> フォントをカスタマイズする

  • [ページ>の外観]

検索エンジンの設定 

  • アドレス バー>検索エンジンの検索エンジン

  • 検索エンジン > 検索エンジンの管理

スタートアップ設定 

  • 起動時(ここで設定したオプション)

プライバシーとセキュリティの設定 

  • プライバシーとセキュリティ> Cookie設定>その他のサイト データ>すべての Cookieを許可する

  • プライバシーとセキュリティの>サイト設定>その他のサイト データ >シークレットでサード パーティの Cookie をブロックする

  • Cookie とサイト データ> Cookie 設定>プライバシーとセキュリティ>サード パーティの Cookie をブロックする

  • プライバシーとセキュリティ > Cookieと設定>データ>すべての Cookie をブロックする (推奨されません)

  • プライバシーとセキュリティ > Cookie 設定>その他のサイト データ> Chrome の終了時に Cookie とサイト データを消去する

  • プライバシーとセキュリティ > サイト 設定>  Cookieと他のサイト データ >閲覧トラフィックを含む "追跡しない" 要求を送信する

  • [プライバシーとセキュリティ> 支払い方法>入力>支払い方法が保存されている場合にサイトが確認を許可する]

設定をダウンロードする 

  • 高度>ダウンロード>場所

  • 高度>ダウンロード>ダウンロードする前に各ファイルを保存する場所を確認する

注: インポートされていない設定は、新しい設定の既定値のままにMicrosoft Edge。 現在サポートされていない設定のインポートもサポートする必要がある場合は、ブラウザーの右にある [スマイリー] ボタンを使用して、簡単なメモを送信してください。 フィードバックは歓迎され、評価されます。

このオプションを選択すると、Google Chrome から [固定] タブと [開く] タブがインポートされます。 インポートしたタブは、現在アクティブなウィンドウのウィンドウに追加Microsoft Edge。 現在、Windows機能を機能するには、Google Chrome を終了する必要があります。  macOS では、Google Chrome を閉じなくても開いているタブをインポートできます。 

注: インポートできるタブの数に厳密な上限はありませんが、一度に 50 を超えるタブをインポートすると、すべてのタブが一度に開くので、短期的にブラウザーが低迷する可能性があります。 

このオプションを選択すると、Chrome ストア拡張機能が Microsoft Edge にインポートされます。 インポートした拡張機能は、edge://extensions。 

インポート中に、Microsoft Edge アドオン Web サイトで拡張機能が見つかった場合、拡張機能のローカル インストールを使用して、そこからインストールされ、残りの拡張機能は Chrome ウェブストア からインストールされます。 Microsoft Edge アドオン Web サイトからインストールされた拡張機能は、Google Chrome の状態と一致するように Microsoft Edge にインポートした後に有効または無効になります。 Chrome Web ストアからインストールされた拡張機能は、インポート後に無効になります。  

可能な限りMicrosoft Edge拡張機能に関連付けられているデータと設定もインポートされます。

注: Microsoft Edge アドオン Web サイト以外のソースからインストールされた拡張機能を使用するには、[他のストアからの拡張機能を許可する] をオンにする必要があります。 

このオプションを選択して、Google Chrome のショートカットを [Microsoft Edge] にインポートします。 インポートしたショートカットは、[新規] タブ ページの [トップ サイト] に追加されます。 Microsoft Edge、Google Chrome から最初の 8 つのショートカットのみをインポートします。

このオプションを選択すると、Google Chrome から Cookie がインポートされます (初回のインポートのみ)。 Cookie は、Cookie とサイト データのプライバシーとセキュリティ >設定>コンテンツ> Cookieとサイト データが [すべての Cookie を許可する] に設定されている場合にのみインポートされます

Google Chrome で Cookie を表示するには、「Google Chrome >設定 > Privacy and security > Site 設定 > Content> Cookie and site data > See all cookies and site data (chrome://settings/siteData) (Google Chrome の Cookie とサイト データを表示する)」を参照してください。 

Microsoft Edge でインポートしたお気に入りを表示するには、設定 に移動し、> 設定 > サイトのアクセス許可 > Cookie とサイト データ > すべての Cookie とサイト データ を表示する  (edge://settings/siteData)に移動します。  

このオプションを選択すると、Google Chrome で設定したホーム ページ URL が Microsoft Edge にインポートされます。  

Internet Explorer >で設定したホーム ページの URL を表示するには、[ホームページ] の [全般> の [>] タブ>移動します。 

ホーム ページを Microsoft Edge で表示するには、[設定の外観 (>設定>に移動edge://settings/appearance。   

このオプションを選択すると、検索エンジンの設定が [Microsoft Edge。

Google Chrome で検索エンジンを表示するには、「Google Chromeのカスタマイズと制御」>設定>検索エンジンの管理 (chrome://settings/searchEngines)。  

Microsoft Edge で検索エンジンを表示するには、[設定 および> 設定 > のプライバシー、検索、サービス > 検索> アドレス バー] に移動し、[> 検索エンジンの管理   (edge://settings/searchEngines)を検索します。

Mozilla Firefox からインポートされる機能

現時点では、最初の実行時に Mozilla Firefox からブラウザー データをインポートするオプションを取得できます。 Mozilla Firefox オンデマンドからこのデータをインポートする機能は、設定および > 設定 >Profiles> Import   browser data (edge://settings/importData) から利用することもできます。 

現時点では、お気に入りまたはブックマーク、保存されたパスワード、アドレスなど (データの自動入力)、閲覧履歴の 4 つの主要なデータ型のインポートのみをサポートしています。

保存したブックマークをお気に入りとしてインポートするにはMicrosoft Edge選択します。

ファイルへのインポート中Microsoft Edge、 

  • 同じパス上の重複するフォルダーがマージされます。

  • 同じパス上の重複するファイルはスキップされます。

Mozilla Firefox でブックマークを表示するには、[履歴の表示]、保存したブックマーク、および [すべてのブックマークを表示] >履歴>に移動します

インポートしたお気に入りを Microsoft Edge で表示するには、[お気に入り設定 >の管理 (>) edge://favorites)  

このオプションを選択すると、Mozilla Firefox に保存したオンライン アカウントの資格情報を Microsoft Edge にインポートして、オンライン アカウントにすばやく安全にログインできます。 

パスワードのインポート中Microsoft Edge同じサイトに同じユーザー名のパスワードが既に存在する場合は、パスワードが存在する場合に確認を試みる必要があります。 保存Microsoft Edgeとインポートしたパスワードが一致しない場合、既存のパスワードがインポートされているパスワードで上書きされます。 ただし、競合が発生しない Web サイトでは、既存のパスワードが保存Microsoft Edge影響を受けません。 

Mozilla Firefox に保存されたパスワードを確認するには、[開く] メニュー >オプション> プライバシー &セキュリティ>ログインとパスワード >保存されたログイン (about:logins) に移動します。

Microsoft Edge でインポートしたパスワードを表示するには、設定 >設定 >  >パスワード(edge://settings/passwords) に移動します。  

配送先住所、電話番号、メール アドレスなど、住所データをインポートするには、このオプションを選択します。 Microsoft Edge では、類似したエントリをインテリジェントに確認し、可能な場合はデータを統合します。 

Mozilla Firefox に保存されている住所や他の連絡先データを表示するには、[開く] メニュー >オプション> プライバシー & セキュリティ>フォーム] と [> 保存されたアドレスの自動入力 (about:preferences#privacy) に移動します。  

Microsoft Edge でインポートした住所や他の連絡先データを表示するには、「設定」および「> 設定 >  >パスワード(edge://settings/passwords)」に移動します。 

このオプションを選択すると、Mozilla Firefox の閲覧履歴がMicrosoft Edge。 [新規] タブ ページに表示される上位サイトは Microsoft Edge の閲覧履歴に基づいて生成されます。インポートされた履歴データに基づいて上位サイトが変更される場合があります。 

閲覧履歴データは、インポート プロセス中に Microsoft サーバーに送信されません。インポート プロセス全体がデバイスに完全にローカルである。 

Mozilla Firefox で閲覧履歴を表示するには、[履歴の表示]、保存したブックマーク、その他の [履歴の表示] >[履歴>を表示] に移動します

ヘルプを表示

ディスカッションに参加
コミュニティにたずねる
サポートを受ける
お問い合わせ​​

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×